カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 男女問題

不倫中の人は離婚できないの?|有責配偶者からの離婚が認められる場合

不倫をしている人がなかなか離婚できない理由わかりますか?そもそも、離婚は不倫された側から言い出すケースが多いものですが、不倫している方からの離婚請求は法的にみて認められないのでしょうか?

離婚問題でお悩みではありませんか?
そんな方は、弁護士にご相談いただくことでさまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
そもそも離婚が認められるかや離婚の条件などのアドバイスをもらえる
・養育費や慰謝料など、自分にとって有利な条件で離婚できる
相手との交渉を代理で行ってくれる
離婚に必要な書類を不備なく作成できる

精神面のサポートもしてくれる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

不倫中の人がなかなか離婚できない理由

不倫している方から離婚したいといえば、慰謝料を請求されたり大変なことは目に見えています。

妻が離婚に応じないから

不倫していてもなかなか離婚できない理由に、妻に話をしているけれど離婚に応じてくれないということがあります。

妻にしてみれば、よその女に旦那を取られて離婚してくれと言われ「はい、そうですか」と素直に離婚するのは悔しいですし、頭にきますよね。

そのため、離婚を求めても、それに応じてもらえないことは多々あります。

不倫をした側から離婚はできるの?

不倫をした側は、婚姻関係が破綻したことに責任があるのが通常です。

婚姻関係が破綻したことに責任がある方のことを有責配偶者といいます。

そして、判例上、有責配偶者からの離婚請求は、原則として認められないとされています。

しかし、有責配偶者からの離婚請求が認められた事例もあります。

有責配偶者からの離婚請求が認められるためには、いくつかの要素が検討の対象になります。ここからは、その要素について詳しくお話していきます。

有責配偶者からの離婚請求が認められるための要素(1) 未成熟の子供がいないこと

まず不倫した側から離婚請求しようとする場合、夫婦の間に「未成熟の子供がいない」ことが検討の対象になります。

親には子供を育てる義務があり、自分の不倫という理由でその義務を放棄することは出来ないのです。

未成熟子とは経済的に独立していないという意味であり、単に20歳未満(あるいは18歳未満)という意味ではありません。

有責配偶者からの離婚請求が認められるための要素(2) 相当年数の別居期間がある

もう一つの条件として、長い別居期間があることがあげられます。

これは、当人同士の年齢や夫婦として生活を初めてから同居していた期間などが考慮されます。

有責配偶者からの離婚請求が認められるための要素(3) 離婚によって妻が過酷な状況に置かれない

最後に不倫している側から離婚を切り出すためには、離婚になった場合に相手方配偶者が過酷な状態に追い込まれない必要があります。

これは、精神的・社会的・経済的にみて、配偶者が極めて過酷な状況にならないことが必要になります。

ここまでに紹介した3つの要素を総合的に考慮して、例外的に、有責配偶者からの離婚請求が認められることになることがあります。

不倫中にどうしても離婚したいのなら

不倫していると離婚が制限されるということはおわかりいただけたかと思います。それでもどうしても離婚したいという場合は、下記の方法を検討してみましょう。

妻を説得する|金銭の支払いには応じましょう

不倫している側から離婚を言い出したとしても、配偶者が応じるのであれば離婚できます。

調停離婚や裁判離婚にならないよう、妻の要求をのんで、出来る限り金銭の支払いに応じましょう。

「離婚してもらう」という立場で交渉することが大切です。

別居を検討する

妻を説得してみたけれど、なかなか離婚できない。

そんな場合は、離婚を前提に別居するのもひとつの方法です。

この場合、妻に出ていけということは難しいでしょうから、あなたの方から出ていく事になることが多いでしょう。

住居費が二重に必要になる可能性があることや、別居したといってもすぐには離婚できないということなど、問題点はありますが、何もしないよりは離婚に向けて前進できる可能性があります。

離婚問題に強い弁護士に相談

妻は頑なに説得に応じないし、別居ではなく、一刻も早くちゃんと離婚したい。

そう思うのであれば、専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

有責配偶者からの離婚請求は、原則として認められません。

離婚を切り出す際には慎重になる必要があります。

弁護士に相談すれば、離婚の交渉の仕方についてアドバイスをもらうことができます。

また、あなたの状況に応じて「まずは別居してみましょう」「このくらいの金銭の支払いに応じるべきでしょう」といったアドバイスをもらうことができます。 

まとめ

不倫した方からの離婚請求は原則として認められませんが、誠意を見せ、妻を納得させれば協議離婚で別れることができるかも知れません。

お金が解決してくれる側面もあるでしょう。

また、条件さえあえば不倫した側からの離婚請求が認められることもあります。

どうしても離婚できないなら、離婚に強い弁護士に相談してみるのがおすすめです。

Point

カケコムが9,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費