カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
浮気 男女問題

浮気はどこから?男女で異なる浮気の基準や法的な基準について解説

浮気はどこからだと思いますか?浮気の基準は人によってまちまちですが、男女でも大まかにその基準は異なるようです。本記事では、男女ごとの浮気の基準や法的な基準について解説します。

どこからが浮気?

パートナーに浮気され、悩んでいませんか?
そんな方はぜひ一度、男女問題に強い弁護士にご相談ください。あなたにとって後悔のない選択ができるよう、全力でサポートいたします。

早めにご相談いただくことで、より多くの選択肢をご提示できることも多いです。お悩みの方はお気軽にご相談ください。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・夫や浮気相手に対する慰謝料請求に関するアドバイスをしてくれる
・浮気はもうしないという旨の誓約書の作成に関するアドバイスをしてくれる
・夫婦関係修復のための円満調停(夫婦関係調整調停)の手続きを依頼できる
・離婚する場合、手続方法や準備すべきことについてアドバイスをしてくれる
・離婚の際の協議や調停がスムーズに進む

浮気はどこから?男女で異なる浮気の基準

一般的に、何をすると浮気だとみなされるのでしょうか?

男女で共通して多いのは「肉体関係を持ったら完全に浮気!」という意見。しかし、その他にも「2人きりはNG」「ご飯ならOK」「夜に会うのはやめてほしい」など、浮気の基準は個人によってもさまざまです。

そのため一概にこうとは言えませんが、浮気のボーダーラインには男女で異なる傾向があると言われています。そこでここからは、女性と男性でどのような傾向があるのか、ご紹介していきます。

女性の浮気の基準

女性によくある浮気の基準としては、「少しでもやましい気持ちがあったらNG」という意見です。

そのため、肉体関係はもちろん、キスやハグ、手をつなぐといった行為がなかったとしても、自分に内緒で異性と2人で会うといったことをされると、「浮気された」「許せない」と感じることが多いようです。

また、同じ女性の名前が会話によく出てきたりすると、「その女性と仲がいいのかな…」「その子のこと気になってるのかも…」と、その女性に気持ちがあることを疑ってしまうケースもあります。

女性はこうした気持ちに重点を置く人が多い一方、ボディタッチやキス、ハグといった行為は絶対許せないといった、行動を重視して浮気と捉える人もいます。

男性の浮気の基準

男性の傾向としては、女性に比べると「肉体関係に至っていなければセーフ」または「肉体関係に発展しそうなことをしなければいい」といった意見が多く聞かれます。

そのため、自分以外の異性と2人きりで会ったり、多少ボディタッチが多くても気にしないという人は女性より多い一方で、夜に2人きりで会うなど、肉体関係に発展しやすい状況で異性と会うことに対し、「やめてほしい」と思う方が多いようです。

法律上の浮気とは

ここまで日常生活での浮気に対する男女の認識の違いを見てきました。しかし実際に浮気で揉めた時、法律上はどのように定義されているのかも気になるところですよね。ここからは、そんな疑問に答えていきます。

まず結婚していることが前提

そもそも浮気が法的に問題になるのは、二人が結婚している場合に限ります

男女が結婚すると、法律的に協力義務などが生じるのですが、貞操義務もそんな義務の一つです。逆に言えば結婚していない場合には、貞操義務もないため、基本的に浮気が法的に問題になることはありません。

ただし以下の場合は、結婚をしていなくとも、浮気をされたことで慰謝料を請求できる可能性があります。

  • 内縁関係にあった場合
  • 婚約していた場合

もしこれらに該当し、浮気相手に慰謝料請求を検討しているなら、請求の条件が揃っているかどうか、一度弁護士に相談することをおすすめします。

肉体関係がある

日本の法律では、結婚している男女のうち、どちらかが配偶者以外と肉体関係を持つことを「不貞行為」と呼びます。そしてこの不貞行為は、裁判上の離婚事由として認められているため、配偶者に浮気がばれれば、離婚請求される可能性も十分あるでしょう(民法770条1項)。

民法770条1項(裁判上の離婚)

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。一 配偶者に不貞な行為があったとき。

キスや手をつなぐだけでは法律上の浮気にならない

前に述べた内容からもお分かりかと思いますが、キスや手を繋ぐだけでは、法律上、不貞行為とは言えません

しかし、配偶者が他の人とキスしていたり、抱き合ったり、手を繋いで仲良く歩いていたら、心穏やかでいられる人は少ないですよね。そういった場合は、不貞行為まではいかずとも、離婚裁判時にそういった行為を根拠に離婚理由として主張したり、それによって大きく精神的ダメージを負ったと言える場合は慰謝料請求ができる可能性もあります。

法律的に浮気になるとどうなる?

法律的な浮気がどこからかというのは、結婚している男女のどちらかが配偶者以外と肉体関係を持つことにありました。肉体関係があったことを証明できれば、法律的に不貞行為であると認められ、離婚請求や慰謝料請求ができます

もし配偶者の浮気が原因で離婚請求や慰謝料請求することを考えている場合は、今の証拠で不貞行為を証明できるか、慰謝料はどのくらいが適正か、まずは弁護士に確認してみましょう。

また、慰謝料請求を検討している場合、自分の配偶者に対してだけではなく、不倫相手にたいして慰謝料請求をすることも可能です。これは、法律上の浮気である不貞行為が共同不法行為となるからです。

共同不法行為の図解

ただし、配偶者が不倫相手に対し自分が既婚者であることを隠していた場合など、配偶者が既婚者であることを知り得る状況になかった場合は、慰謝料を請求できない場合があります。

お困りの場合や、不安がある場合は、下記より一度弁護士へご相談ください。カケコムには、初回相談を無料で受け付けている弁護士も在籍しています。

浮気の見破り方

パートナーの浮気が疑わしい場合、どのようにして本当に浮気しているかどうか見破れば良いのでしょうか?

浮気の見破り方について下記の記事で詳しく紹介していますので、興味がある方はご一読ください。

関連記事はこちら

浮気されたら許すべき?

パートナーの浮気が判明した場合、それを許して関係を続けていくか、関係を清算して次のステップに行くべきか悩む方も多いかと思います。

もしまだあなたの中に相手を好きな気持ちが残っていて諦めきれないのであれば、許して関係を続けるのも一つの手でしょう。

しかし、一度浮気されたら信用できず、関係を続けていくことで精神的ストレスになってしまうことも多くあります。そのような場合は、辛いかもしれませんが相手から離れてしまった方が後々楽かもしれません。

結婚していた場合の浮気であれば、前述したとおり相手に慰謝料請求できる可能性があります。離婚することで今後の生活が不安な場合は、相手から慰謝料をもらって別れることも検討してみましょう。

離婚後の生活設計に不安がある場合は弁護士が相談に乗ってくれますし、初回相談を無料で受け付けている場合もあるので、お気軽にご相談ください。

浮気による破局や離婚を回避するには?

ここまで浮気の基準や、パートナーが浮気していた場合にどうすべきか解説してきましたが、できることなら浮気による破局や離婚は回避したいものですよね。そのためにできることはあるのでしょうか?

お互いの浮気の基準を伝えあっておく

浮気による破局や離婚を回避するには、お互いの浮気の基準を伝え合っておくことが重要です。これは、記事の冒頭で紹介したように、どこからが浮気かは個人によって基準が異なるからです。

彼氏の浮気の基準が「肉体関係を持ったら」であるのに、彼女の浮気の基準が「二人で食事に行ったら」であった場合、予め伝えておかなければ、悪気なく彼氏が行った女性と二人きりの食事によって破局となってしまう可能性があります。

これは夫と妻の関係でも同様で、離婚は話し合いによって成立するため、お互いの浮気の基準が違うことにより離婚に至ってしまうケースも考えられます。

そのため、普段から話し合うようにし、お互いの浮気の基準やされて嫌なことを伝え合うようにしましょう。

弁護士に相談・依頼する

婚約相手や結婚相手に浮気をされた場合は、一度弁護士に相談することをおすすめします

浮気をされたときは怒りで感情的になり、別れや離婚を選んだものの、冷静になって今後の生活を考えてみたときに、「別れなければ良かった」と後悔するケースがあるためです。そのような後悔をしないためには、弁護士に相談し、客観的な意見をもらうことが重要です。

冷静に話し合えないときは、弁護士から相手に代理で思いを伝えてもらったり、場合によっては交渉してもらうことも可能なので、少しでもお悩みのことがあれば下記のボタンより一度ご相談ください。

関連記事はこちら

まとめ

どこから浮気かというのは、個人の考え方の違いが非常に大きかったですね。夫婦間でどこからが浮気かという価値観の違いから、大きな食い違いが生まれることもあることをご理解いただけたのではないでしょうか。

もし配偶者の浮気が原因で慰謝料請求や離婚を検討しているなら、まずは法的な浮気として認められるよう確かな証拠集めをしましょう。

しかし、配偶者はあなたの顔を知っていますから、自分で浮気の証拠を集めるのは非常に難しいです。そこで本格的に浮気の証拠集めをしたい場合は、探偵に依頼することをおすすめします

その結果、パートナーの不貞行為の証拠を掴んだなら、いち早く弁護士に相談し、今後どのように対応すべきかを相談されると良いでしょう。

早い段階で相談しておくほど、選択肢は広がりますので、ひとりで抱えずに法律に詳しい人に話を聞く、くらいの気持ちでまずは相談の予約をされることをおすすめいたします。

カケコムには、初回相談を無料で受け付けている弁護士も登録していますので、下記のボタンよりお気軽にご相談ください。

Point

カケコムが9,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費