トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
  1. トップ
  2. 宮城県借金・債務整理
  3. 吉田大輔
  4. 借金・債務整理
よしだ だいすけ

吉田大輔弁護士

借金・債務整理
吉田大輔法律事務所
050-1860-7369
宮城県仙台市青葉区五橋1丁目1-58 ダイアパレス仙台中央720
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

吉田大輔弁護士の解決事例

債権者11社に対する約320万円の借金がすべてなくなりました。


40代の女性
◇相談前◇
相談に来られた際には、11社に対し、約320万円の借金を抱えておられ、収入額との関係で、支払が困難になっておられました。


◇相談後◇
本当の借金額を調査するために、債権者から取引の明細を取り寄せ、利息制限法に基づいて計算し直したところ、借金が残る業者もあった一方で、借金がなくなり過払いになっている業者も複数あり、合計で約400万円の過払金を回収することができました。それを元手に借金を返し終えることができました。


◇弁護士からのメッセージ◇
この事案の依頼者は、2010年6月以前から借入を継続しておられました。

2010年6月以前から借入を継続しておられる方については、利息制限法で計算した結果、借金が減る可能性があります。

また、2010年6月以降に借入をしたとしても、弁護士が業者との間に入って交渉することで、それ以後支払う利息を0%にできることが多いので、将来的な支払総額を減額することができます。また、毎月の支払額を減額できることも多いです。

借金問題は弁護士が間に入ることで何らかの解決に繋がることが多いですので、お早めにご相談下さい。

コンビニ経営者の自己破産申立


50代の女性
◇相談前◇
コンビニ経営がうまくいかず、生活費や事業資金のために、約3000万円程度の借金を抱えておられ、支払が滞りつつある状態で相談に来られました。


◇相談後◇
債権者に迷惑をかけることから、自己破産の申立をするかについて、最後まで悩んでおられましたが、生活を立て直すために自己破産の申立を選択されました。
申し立てた裁判所から、コンビニ事業を行っていたことなどから破産管財人をつけるべきであるとの強い指導がありましたが、フランチャイズ契約をしている会社の物品以外はコンビニでは販売していなかったことなどを積極的に証明することで、破産管財人をつけずに手続を進めることができました(破産管財人の費用30万円程度を負担せずに済みました)。
この依頼者は、現在、別の仕事をされて、生活されています。


◇弁護士からのメッセージ◇
「借りたものは返したい」。ある意味当然のことではありますが、他方で、借金を抱え、様々な事情で返済が困難になることがあることも多々あります。その場合、法律は、経済的なやり直しのチャンスを得ることを認めています。債権者に迷惑をかけるので自己破産申立を躊躇するお気持ちも十分よく分かることではありますが、経済的にやり直すチャンスが法律で認められています。
どうすればいいのか。
早めにご相談いただき、一緒に方向性を考えることができればと思います。

2度目の個人再生申立


40代の男性
◇相談前◇
前回の個人再生手続に基づく支払完了後、再度、借金が生じてしまいました。


◇相談後◇
再度、個人再生手続を申し立てて、借金額を5分の1程度に減らすことができました。


◇弁護士からのメッセージ◇
住宅ローンの負担がある場合、住宅ローンは支払を継続しつつ(住宅を失わない)、他の借金については5分の1程度に圧縮して経済的な立て直しを図ることができます。
住宅ローンがある方は、個人再生手続を利用することを一度は検討するべきでしょう。
電話で問い合せ
050-1860-7369
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜金09:30 〜 19:30
土、日、祝日定休日

所属事務所


所属事務所:吉田大輔法律事務所
所在地:宮城県仙台市青葉区五橋1丁目1-58 ダイアパレス仙台中央720
電話で問い合せ
050-1860-7369
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜金09:30 〜 19:30
土、日、祝日定休日

Related Lawyers


吉田 大輔
弁護士
吉田大輔法律事務所
宮城県仙台市青葉区五橋1丁目1-58 ダイアパレス仙台中央720