トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
  1. トップ
  2. 香川県離婚・男女問題
  3. 山本弘喜
  4. 離婚・男女問題
やまもと ひろき

山本弘喜弁護士

離婚・男女問題
山本・坪井綜合法律事務所
050-1860-7329
香川県高松市瓦町2丁目7番地14 フォルテ瓦町駅前ビル5階
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

山本弘喜弁護士の解決事例

子どもの意思を軽視した親権者変更が認められたあと裁判所の判断が覆され無事従来の親権が認められた例


60代の女性
◇相談前◇
離婚後親権者となった娘の死後、祖父母が孫の面倒を見ていたが、父が親権者変更の申立てを起こしたため弁護士に相談した事案。


◇相談後◇
子どもは祖父母との生活を希望していたが、裁判所が親権者変更を認めた。そのため、子どもの意見を軽視した親権者変更の審判に対し、高等裁判所に抗告を行い、裁判所の判断を覆した。


◇弁護士からのメッセージ◇
親権者の変更は、お子さんに影響する様々な要素を考慮の上決められますが、時として、お子さんの意見は様々な理由をつけて蔑ろにされます。
本件は、お子さんの意見を踏まえられていないことを批判し、無事再度裁判所の調査が実施され、裁判所の判断が覆された事案です。

DVが原因で離婚した元夫から子どもへの面会交流調停が起こされたが弁護士の介入により間接交流に留めることができた例


20代の女性
◇相談前◇
元夫からの暴力でうつ傾向にある依頼主が、元夫から面会交流調停を起こされ、会わせることはできないと弁護士に相談した。


◇相談後◇
夫は直接の面会を求めて譲らなかったが、同居時のDVを理由とする元妻の精神的苦痛が癒えていないことや、子どもの面前でも暴力があったことを主張し、手紙での交流にとどめる内容の審判を獲得した。


◇弁護士からのメッセージ◇
裁判所は、面会交流を積極的に行いたいとの立場をとります。
この方も、初回の期日で自ら裁判所に会わせられない理由を説明しましたが、それでも会わせる方向での調整を求められたため、弁護士に相談することとなりました。
当職が代理人に就任した後も裁判所は会わせることの調整を求めましたが、同居中の暴力、それによる依頼主及び子への影響、面会交流を実施することによる生活への悪影響を丁寧に説明し、最終的には手紙や写真での交流に留める内容の審判が下されました。
電話で問い合せ
050-1860-7329
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜日08:00 〜 21:00
祝日08:00 〜 21:00

所属事務所


所属事務所:山本・坪井綜合法律事務所
所在地:香川県高松市瓦町2丁目7番地14 フォルテ瓦町駅前ビル5階
弁護士登録年:2013
所属弁護士会:香川県弁護士会
電話で問い合せ
050-1860-7329
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜日08:00 〜 21:00
祝日08:00 〜 21:00

Related Lawyers


山本 弘喜
弁護士
山本・坪井綜合法律事務所
香川県高松市瓦町2丁目7番地14 フォルテ瓦町駅前ビル5階