トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
  1. トップ
  2. 鹿児島県借金・債務整理
  3. 本田貴志
  4. 借金・債務整理
ほんだ たかし

本田貴志弁護士

借金・債務整理
鶴丸法律事務所
050-1860-7402
鹿児島県鹿児島市山之口町1-10鹿児島中央ビル9階
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

本田貴志弁護士の解決事例

【消滅時効】消滅時効を援用することにより、自己破産を回避できた事例


40代の女性
◇相談前◇
結婚前から複数の債権者から借り入れをし、結婚後もなんとかやり繰りをして返済を続けていましたが、夫が交通事故にあったため、返済ができなくなり、数年が経っていました。すると、突然、債権者から督促通知が来るようになり、その文書によれば、遅延損害金がかなり膨らんでいました。


◇相談後◇
先生と打ち合わせを行い、自己破産ではなく、まずは、消滅時効を援用することによって、対応してみましょうということになりました。
私が、最後に返済した月日をはっきりとは覚えていなかったため、うまくいくか分かりませんでしたが、結果的に、消滅時効を援用することができ、
自己破産をせずにすみました。


◇弁護士からのメッセージ◇
消費者金融や、債権を買い受けた債権回収業者から、突然、支払を催告する通知が届くことがありますが、
その場合には、慌てて返済せずに、まずは弁護士にご相談されてください。
消滅時効を援用することにより、返済をせずに済むことがあります。

【破産】2度目の破産で、破産免責が認められた事例


50代の男性
◇相談前◇
10年程前に1度自己破産をしたことがありました。
その後、父親が病気になったため、それまで勤めていた会社を辞め、両親の実家へ戻ってきて、父親の介護をしながら仕事を始めたのですが、
これまでの給料の3分の2くらいになったため、返済ができなくなりました。


◇相談後◇
2度目の自己破産でしたが、父親の介護をしなければならなかった理由等を説明してもらい、無事に、裁判所から免責決定を受けることができました。


◇弁護士からのメッセージ◇
1度、自己破産をされていたことから、2度目の自己破産は難しいのではないかと思いつつも、何とかならないかと思ってご来所されました。たしかに、ご事情によっては、2度目の自己破産が難しいケースもありますが、その場合でも、個人再生の方法により借金を圧縮することが考えられます。
依頼者様のケースは同時廃止で終わることができたため、大変、ご満足いただけました。

【個人再生】自宅を残しつつ、他の借金を減額させた事例


40代の男性
◇相談前◇
住宅ローンが残っている自宅は手放したくないのですが、一方で借金の返済が困難になったので、債務整理をお願いすべく、相談に行きました。


◇相談後◇
先生から、個人再生という方法を教えてもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に減額することができました。
自宅を失わずにすんだので、とても助かりました。


◇弁護士からのメッセージ◇
個人再生は、住宅ローンが残った自宅を失わずに、他の借金を圧縮できるというものです。
依頼者様のご希望に沿った解決ができてよかったです。
電話で問い合せ
050-1860-7402
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜金00:00 〜 24:00
土、日、祝日定休日

所属事務所


所属事務所:鶴丸法律事務所
所在地:鹿児島県鹿児島市山之口町1-10鹿児島中央ビル9階
弁護士登録年:2008
所属弁護士会:鹿児島県弁護士会
電話で問い合せ
050-1860-7402
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜金00:00 〜 24:00
土、日、祝日定休日

Related Lawyers


本田 貴志
弁護士
鶴丸法律事務所
鹿児島県鹿児島市山之口町1-10鹿児島中央ビル9階