トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
  1. トップ
  2. 埼玉県離婚・男女問題
  3. 三輪貴幸
  4. 離婚・男女問題
みわ たかゆき

三輪貴幸弁護士

離婚・男女問題
樟葉法律事務所
050-1860-7358
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-17-21 高砂武蔵ビルディング402号
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

三輪貴幸弁護士の解決事例

子どもを連れて実家に帰ってしまった妻に対し、夫を悪意で遺棄したものとして、妻の夫に対する慰謝料の支払いが認められた事例


男性
◇相談前◇
妻が自分の留守中に突然子供を連れて自分の実家に帰ってしまい、その後妻から離婚調停が起こされた、との相談を受けました。


◇相談後◇
調停が成立せず、その後離婚の訴訟となりました。裁判所において妻の主張に対して夫が丁寧に反論を繰り返したところ、妻の主張が事実とは認められず、むしろ関係を修復しようとする夫の努力をないがしろにしている、と裁判所は認定し、妻が夫を悪意で遺棄したのであり、離婚の責任は妻側にあるとして、妻から夫への慰謝料請求が棄却され、逆に夫の妻に対する慰謝料請求が認められました。


◇弁護士からのメッセージ◇
一般的に女性の方が社会的に弱い立場にあることが多いため、男女間の紛争は男性に厳しいことも多いです。しかし、男性側からも適切な主張をし、裁判所にアピールできれば、上記のよう解決もあり得ます。裁判所対応の専門家である弁護士にご相談ください。

夫からの離婚請求が認められず、婚姻費用の支払い義務、慰謝料請求が認められた事例


女性
◇相談前◇
夫が家を出て行ってしまってから、妻に対して離婚請求がなされました。妻から悪いのは夫のはずなので、どうすればよいか、との相談がありました。


◇相談後◇
夫の不貞行為の事実の有無が最大の争点となりましたが、妻が付けていた日記や、子どもの証言が決め手となり、夫の浮気に婚姻関係が破たんした責任がある、との裁判所の判断が示されました。そのため、夫からの離婚請求は認められず、逆に夫が別居中の妻に対して、別居に至った精神的苦痛に対する慰謝料と婚姻費用を支払うべきである、との結論になりました。


◇弁護士からのメッセージ◇
離婚を巡る争いは、精神的に本当につらく、本人だけではできることにも限界があります。弁護士は専門家として適切なサポートが可能ですので、ご相談ください。
電話で問い合せ
050-1860-7358
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜金09:00 〜 19:00
土、日、祝日定休日

所属事務所


所属事務所:樟葉法律事務所
所在地:埼玉県さいたま市浦和区高砂3-17-21 高砂武蔵ビルディング402号
電話で問い合せ
050-1860-7358
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜金09:00 〜 19:00
土、日、祝日定休日

Related Lawyers


田辺 晶夫
弁護士
ネクスパート法律事務所 大宮オフィス
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目335-1 レインボー大宮ビル305
中尾 基哉
弁護士
弁護士法人法律事務所フォレスト
埼玉県さいたま市浦和区北浦和4-5-8 吉田ビル4階D号
髙野 喜有
弁護士
弁護士法人アドバンス 大宮事務所
埼玉県さいたま市大宮区宮区2-81 いちご大宮ビル3F
三輪 貴幸
弁護士
樟葉法律事務所
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-17-21 高砂武蔵ビルディング402号