トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
  1. トップ
  2. 埼玉県遺産相続
  3. 三輪貴幸
  4. 遺産相続
みわ たかゆき

三輪貴幸弁護士

遺産相続
樟葉法律事務所
050-1860-7358
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-17-21 高砂武蔵ビルディング402号
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

三輪貴幸弁護士の解決事例

相続人の一人が土地の分割に反対していたが、審判により競売で分割した事例


60代
◇相談前◇
相続人のうち一人が遺産である土地に住み続けたいと言い張り、住み続けるのであれば代わりに相当額の金銭を他の相続人に支払うべきだ、と主張する相続人が、交渉がうまく進まないとの相談に来られました。


◇相談後◇
土地に住み続けたいと言い張っている相続人に対し調停を申し立てしましたが、調停でも折り合いはつかず、審判手続きに移りました。審判手続きにおいて、相続人各々が望む解決を裁判所と探りながら、土地を競売して売却代金を法定相続分に応じて分配する、との遺産分割審判を出してもらいました。結局住み続けたいと言い張っていた相続人が土地を落札し、円満解決となりました。


◇弁護士からのメッセージ◇
遺産の分割方法には様々な手段がありますが、話し合いがつかない場合でも裁判所から審判を出してもらうことで、適切な解決が図れることがあります。とはいえ、調停や審判で適切な主張反論をするのは難しいことがございますので、専門家である弁護士にご相談ください。

音信不通となっていた被相続人について、どのような負債を抱えているのか不明であったため、限定承認をし、財産を取得した事例


60代
◇相談前◇
ご兄弟の一人が亡くなられ、他の兄弟姉妹が相続人となったのですが、亡くなった方と音信不通であったためどのような負債を抱えているかもしれず、どうすればよいのか分からない、との相談を受けました。


◇相談後◇
亡くなられた方は、遺産を取得していることは判明しており、相当の財産があることは分かっていたのですが、どこで誰から借金をしているかは分からないとのことでしたので、裁判所に限定承認の申述をしました。結局、亡くなられた方の債権者として申し出があったのは、滞納していた家賃を家主が請求してきただけでしたので、亡くなられた方が取得していた遺産から弁済をし、残りの財産を他の兄弟姉妹間で分配し、取得することができました。


◇弁護士からのメッセージ◇
この事例のように、一般の方になじみの薄い、限定承認という制度を使いこなせば、安心してプラスの財産を取得することが可能になります。とはいえ、限定承認の制度は、プラスの財産も負債も全て取得してしまう単純承認やプラスの財産も負債も全て放棄してしまう相続放棄に比べ、複雑ですので、専門家である弁護士にご相談ください。

相続人の事業関与が寄与分と認められた事例


70代の女性
◇相談前◇
被相続人が医院を経営していたのですが、相続人である配偶者が、医院において様々な事務を手伝っていたことから、寄与分が認められないものかとの相談来られました。


◇相談後◇
遺産分割調停手続きにおいて、配偶者が被相続人の医院において行っていた様々な活動、具体的には、帳簿を付けていたり、受付を行っていたり、掃除をしたりといった活動について、主張、立証したところ、他の相続人も配偶者の貢献度を認め、寄与分を考慮した遺産分割調停が成立しました。


◇弁護士からのメッセージ◇
相続人の行為等が寄与分として認められるのか否か、どのような主張立証をすればよいのか、という点は、遺産分割の際にかなりテクニカルな論点となります。相続人間で紛争になりやすいという特徴もあるので、適切な主張立証が必要になりますが、専門家である弁護士にご相談ください。
電話で問い合せ
050-1860-7358
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜金09:00 〜 19:00
土、日、祝日定休日

所属事務所


所属事務所:樟葉法律事務所
所在地:埼玉県さいたま市浦和区高砂3-17-21 高砂武蔵ビルディング402号
電話で問い合せ
050-1860-7358
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜金09:00 〜 19:00
土、日、祝日定休日

Related Lawyers


三輪 貴幸
弁護士
樟葉法律事務所
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-17-21 高砂武蔵ビルディング402号