トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
  1. トップ
  2. 東京都
  3. 馬場龍行
うまば たつゆき

馬場龍行弁護士

離婚・男女問題借金・債務整理交通事故遺産相続労働問題債権回収詐欺被害・消費者被害国際・外国人問題インターネット問題犯罪・刑事事件医療不動産企業法務税務訴訟・行政事件
弁護士法人えそら
05017096159
東京都千代田区神田鍛冶町3丁目3−9 喜助新千代田ビル7階72号
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

【初回相談無料】【電話相談可能】【経験豊富】依頼者の方の正義のために徹底的に戦い抜きます。お一人で悩まずに、まずは一度ご相談ください。解決策をご一緒に探します。

◆ 坊主ルールに反発し弁護士を志した青春時代

尾崎豊が大好きで、大人への反発に憧れを抱きながらも、現実は先生や親のことが好きだという葛藤のようなものを、鹿児島の壮大な自然の中でため込む青春時代を過ごしました。

中学時代は、「男子は丸坊主」という校則に反発して、坊主にせず入学するような生徒でした。

なぜ坊主にしなければいけないのか、先生と議論をしました。 その先生は、坊主にするというルールに疑問を持っている人は多いし、変えようかという話も出ているけども、ルールを破ってルールを変えたという先例を作るわけにはいかないから、ルールを変えたければ坊主にしなさいと言いました。 納得はしませんでしたが、このときルールというものに興味を持ちました。

中学から始めた空手と、恋愛に没頭した高校生活を経て、大学時代は将棋部と柔道部、そして町の空手道場に属しつつ、自由を満喫していました。

中学時代の坊主事件を契機に、ルールに興味をもち、また、答えのないものに興味があり、実学に興味があったため、漠然と弁護士になりたいと考えており、ロースクールへ進学しました。

ロースクールでは、3年間じっくり勉強をすることができ、知識の面でも経験の面でも、今の礎になっていると感じます。

◆ 精一杯、今を生きる

スティーブ・ジョブズの名スピーチの中に、「繋がりを意識せずとも、その時々を精一杯生きていけば点と点は不思議と繋がり強い線となる」という趣旨の部分があるのですが、個人の生き方としてはとても共感しているところがあり、意識するようにしています。

たとえば、人生が事前に描いた地図通りに行くことなどないはずなのに、ときどき、この地図は完璧だという錯覚にとらわれることがあり、そのたびに上記のスピーチを思い返して、「何があるかは分からない。自分にできることは今を精一杯生きることだけだ」と言い聞かせて不測の事態も起こりうると改めて心の準備をしておくことがあります。

また、何か物事に行き詰ったと感じた時、精一杯から少し引いてみることで、過去の点との繋がりを感じて状況を打破できることもあるので、行き詰ったときには一回引いてみるということを心がけています。

案件にあたる態度についても、この考え方は有用で、基本的には目の前のことを集中して順次進めていくのが最善で、全くつながりのないような事件での経験が活きることがあります。

◆ チャレンジングだとより頑張れる

今を精一杯生きようとすると、やりたいことが非常にチャレンジングであることがあります。

しかし、チャレンジングであればあるほど、乗り越えてやろうという気持ちになり、より頑張れます。

例えば、ロースクール在学中に旧司法試験を受験したことは、チャレンジングだったと思います。 当時は、新司法試験は5年で3回までという制限があり、ロースクール2、3年時の旧司法試験受験も回数としてカウントされる仕組みでしたので、ロースクール2、3年時に旧司法試験を受験するとしても1回だけにしておいて、新司法試験に2回は残しておくという人ばかりでした。

私は、ロースクールの学長が「司法試験の合格率にこだわらず、良い授業を提供したい」という趣旨のことをホームページで言っているのを見て、無責任ではないかと感じたこと等がきっかけでロースクール制度自体に疑問を持ち始めていて、どうしても納得できないことがあり、旧司法試験で合格したいと思い、2年連続で旧司法試験を受験することを決めました。

2回目の受験は自信もあったのですが、結果としては不合格となり、最後のチャンスである新司法試験で合格できました。

◆ 悩みの大きさには個人差があります

『法律』を用いてその悩みを解決するために動く、それが出来るのは弁護士であり、私の使命だと思います。 私は依頼者と信頼関係を築き、寄り添えるそんな弁護士でありたい、あり続けたいと思っております。

当事務所はそんな志のもとに集った弁護士とスタッフが精神誠意あなたの悩みに向き合います。まずはお気軽にお問い合わせください。

◆ どんな問題でも全力で取り組みます!

相談者一人ひとりの悩みに応じた解決策があります。 私たち弁護士法人えそらは小さな問題でも全力で取り組み、相談してよかったと思っていただけるリーガルサービスを目指しております。 まずはお電話やメール等でご相談ください!

◆当所の強み

(1)【初回相談無料】【電話・メール相談】ご相談いただきやすい体制を整えています!

◇初回相談無料について◇ 当所では、どなたにもお気軽にご相談いただけますよう、無料で初回のご相談をお受けしています

弁護士へ相談するかどうかを金額面で悩んでいる方もいらっしゃるかと思いますが、ぜひ一度ご相談いただき、当職との相性をお確かめいただいたり、弁護士費用が現実的かどうかをご確認いただければ幸いです。

◇電話・メール相談について◇ 当所では、電話やメール等のオンラインでのご相談もお受けしています。

時期的に外出しづらく、事務所への訪問や難しい方や、日中お仕事があったり、子育てがあるなどでなかなか相談の時間が取りづらいという方も、ぜひ一度お問い合わせください。

(2)女性弁護士が在籍しています! 「同性の弁護士の方が安心して相談できる」、「同性の弁護士にしか相談しづらいことがある」という方も多くいらっしゃると思います。

そのようなお悩みにも柔軟に対応できるよう、当所には男性弁護士と女性弁護士の両方が在籍しておりますので、お気軽にご相談ください。

◆ アクセス

  • JR中央線「神田駅」徒歩4分
  • 東京メトロ丸の内線「淡路町駅」徒歩5分

注力分野

離婚・男女問題


借金・債務整理


交通事故


遺産相続


労働問題


債権回収


詐欺被害・消費者被害


国際・外国人問題


インターネット問題


犯罪・刑事事件


医療


不動産


企業法務


税務訴訟・行政事件

これまでのキャリア

第一東京弁護士会 所属
電話で問い合せ
05017096159
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜火10:00 〜 17:00
木〜金10:00 〜 17:00
水、土、日、祝日定休日

所属事務所


所属事務所:弁護士法人えそら
所在地:東京都千代田区神田鍛冶町3丁目3−9 喜助新千代田ビル7階72号
電話で問い合せ
05017096159
※お電話の際は「カケコムを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

受付時間


月〜火10:00 〜 17:00
木〜金10:00 〜 17:00
水、土、日、祝日定休日