トラブル解決プラットフォーム
こんの ゆういちろう

今野祐一郎

離婚・男女問題借金・債務整理労働問題
ユナイテッド・コモンズ法律事務所
北海道札幌市中央区南1条西10丁目4南大通ビルアネックス
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

今野祐一郎のプロフィール

<ご挨拶>

はじめに

はじめまして、弁護士の今野と申します。 紛争の解決を考える上では、事実関係や経緯など、話をよく聞くことが大切です。相手の立場になって物事を考えることを大事にした弁護活動を心がけています。

弁護士になるまで,きっかけ

学生のときに法律相談、法律問題に触れた際、権利はありながら、それが実現できない現場や現状を知り、法的な知識をもって対応を考える重要さを知りました。

<早期相談の大切さ>

手遅れ事例

婚姻費用の取り決めについて、収入のみに基づいた額の設定になっており、日々の生活状況からは、住宅ローンの負担などもあり、支払いが困難になっている方からのご相談がありました。 現状の生活状況を踏まえた協議ができないままに、相手からの請求、要望に応じたことで、その負担が大きくなってしまっていました。

口頭であっても、約束をすることにより法的な義務が生じることもあります。そのため、口約束であっても、その内容をよく理解して、判断をしなければなりません。 お互いに約束の内容を理解し、納得すること必要になります。「こんなはずではなかった」とならないように、事前にご相談いただきたいと思います。

ひとりで抱える怖さ

法的な問題を含む話し合いについては、法律的な権利義務の内容を把握しておく必要があります。内容によっては、早期の解決のために一定の譲歩をする場合もあります。

ただ、その場合での、自身の権利義務を把握し、その位置づけを理解して話し合いをすることが、紛争の解決につながります。 その中で、どのように話し合いを進めていくか、何を優先事項とするかなどは、事案によって様々です。

紛争の法的問題点とともに、自身の権利義務を知ったうえで、話し合いをしていくことが、解決のためには重要になってきます。

<終わりに>

ご覧になる相談者様へ

問題に直面したとき、どんな対処をするか事前にきちんと考え抜き、様々なケースを想定して準備する必要があります。そこにはやはり経験や知識から導かれる情報が大切になってきます。 また、感情的にならずに考えをまとめ、ルールに則って自分の意思を誤解なく伝えることも大事です。

専門家として、そして第三者としてお悩みをじっくりお聞きしますので、ぜひ法律問題にぶつかったかもしれないと感じたときにはまずはご相談ください。

注力分野

離婚・男女問題


    借金・債務整理


      労働問題

        これまでのキャリア

        2012年弁護士登録 山中法律事務所にて執務
        2019年ユナイテッド・コモンズ法律事務所入所
        ---
        札幌弁護士会 所属

        所属事務所


        所属事務所:ユナイテッド・コモンズ法律事務所
        所在地:北海道札幌市中央区南1条西10丁目4南大通ビルアネックス

        Related Lawyers


        菊入 誠一
        弁護士法人アドバンス 札幌事務所
        北海道札幌市中央区北2条西3-1 敷島ビル4F