弁護士予約サービス
    掲載希望の弁護士の方はこちらから
    1. 弁護士ネット予約ならカケコムTOP
    2. 医療
    3. 福岡県
    4. 福岡市中央区
    5. 今日相談できる福岡県福岡市中央区で医療の法律に強い弁護士
    選択した分野
    医療のアイコン
    医療
    選択し直す
    さらに絞り込む
    クリア選択をクリア
    日付を選択
    エリアを選択

    エリアを選択してください。

    福岡県の市区町村

    福岡県選択し直す
    近隣市区町村を含む
    市区町村で絞り込む

    今日相談できる福岡県福岡市中央区で医療の法律に強い弁護士

    丸野悟史弁護士

    弁護士法人本江法律事務所

    【地下鉄空港線 「天神駅」 徒歩1分】【メンタル心理カウンセラー有資格者在籍】依頼者様の法律的な解決はもちろん、精神的な苦境に寄り添っていきます。

    丸野悟史弁護士の写真
    詳細を見る
    4/24の相談可能時間本日空き枠あり
    12:10~
    12:20~
    12:30~
    12:40~
    15:10~
    15:20~
    15:30~
    15:40~
    15:50~
    16:00~
    16:10~
    16:20~
    16:30~
    16:40~
    16:50~
    17:00~
    17:10~
    17:20~
    17:30~
    19:30~
    料金アイコン相談料 :
    10分電話相談(2200円) / 20分オンライン相談(4400円) / 30分オンライン相談(5500円) / 60分オンライン相談(11000円) / 30分事務所訪問(5500円) / 60分事務所訪問(11000円)
    住所
    福岡県福岡市中央区
    福岡県福岡市中央区天神2丁目8番41号 福岡朝日会館7階
    医療の詳細分野
    • 過誤

    【オンラインでの相談可能】【夜間や休日も対応】【六本松駅徒歩5分】依頼者ひとりひとりの状況を見極めた上で、方針を細かく設定して解決まで導きます。

    水野遼弁護士の写真
    詳細を見る
    4/24の相談可能時間本日空き枠あり
    14:40~
    14:50~
    15:00~
    15:10~
    15:20~
    15:30~
    15:40~
    料金アイコン相談料 :
    30分オンライン相談(6000円)

    ヒント良くある質問

    Q.法律相談でお金はかかるの?

    A.法律相談料は弁護士により異なりますが、無料~数千円が相場です。相談するだけであればそれ以上はかかりませんので、気軽に利用してください。

    Q.土日祝、深夜帯に法律相談はできる?

    A.弁護士によっては、土日祝日や深夜帯での法律相談をしています。 そうした時間帯をカケコムのネット予約で検索して「×」と表示されている場合でも、弁護士の特徴として「祝日対応可」「夜間対応可」と書かれてれば、事前に電話で問い合わせることで予約できる場合があります。 カケコムのネット予約で「〇」が見つからない時間帯での予約をご希望の方は、大変お手数ですが、直接お電話にて弁護士宛てにお尋ねください。

    Q.着手金って何?

    A.着手金とは、弁護士に正式に依頼する際にかかる費用で、法律相談の段階ではかかりません。カケコムでは正式依頼するとどのぐらいお金がかかるかイメージしやすいよう、参考までに各弁護士のページに掲載しています。 着手金は原則依頼時に一括で払うものですが、弁護士によっては後払いや分割払いで対応できる場合があります(慰謝料など金銭を獲得できる可能性が高いケースや、依頼者に同情すべき事情があるケースなど)。着手金の一括払いが難しそうであれば、事情を説明して弁護士に相談してみましょう。

    Q.報酬金って何?

    A.報酬金とは、弁護士による案件の処理が成功した場合にのみ、依頼人が実際に得た経済的利益に応じて事後に請求される料金のことです。 希望額には達しなかったが一定の慰謝料を得た場合など、部分的な成功した場合も含まれ、その度合いに応じて支払いが生じますが、全くの不成功(裁判でいえば全面敗訴)の場合は発生しません。

    Q.他人や警察に知られることはない?

    A.弁護士には守秘義務が課されていますので、基本的に伺った内容を本人の承諾なしに第三者に漏らすことはありえません。仮に法律相談だけで終わり、依頼に至らなかった場合でも同様です。 弁護士の守秘義務違反は弁護士会の懲戒事由にも該当します。弁護士は徹底して依頼人の味方ですので、安心して相談してください。

    便利な機能がLINEでひとつに!
    離婚お悩みLINE