トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
  1. トップ
  2. 京都府
  3. 松村智之
まつむら ともゆき

松村智之

弁護士
離婚・男女問題
松村法律事務所
京都府京都市中京区烏丸東入光リ堂町 420 京都インペリアルビル5階502号 丸太町通
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

松村智之のプロフィール

<ご挨拶>

■はじめに

初めまして。弁護士の松村と申します。

当事務所所長の父親の背中を見て育ち、困っている方の次のステップに進むお手伝いをする姿が素直にかっこいいと感じて志しました。

弁護士になってからも、困っている方の次の1歩目になれるよう日々努力しております。

■特徴

1つは保守的にご提案することです。 不必要にご期待させすぎず、デメリットもしっかりお伝えすることで、最後までなるべく齟齬のない信頼関係が築けるところだと思っています。

2つめは相手方に対する丁寧な対応です。 ご依頼者様の相手方といえど、弁護士からいきなり上から目線で心情を害してしまっては通る話も通りません。 お互いが納得感を持ったゴールを導き出すことが最良の解決だと思います。 こと男女問題は勝ち負けでは測ることのできない問題ですので、この点に特に留意して対応しております。

■弁護活動の姿勢

感情面に寄り添いながら、法律面もきちんと。バランス感覚に注意を払っております。

かつて、離婚という男女問題を担当する際、感情面と法律面を分けずに対応した結果、迅速に進行できず困ってしまったことがございました。 そのことから感情面に寄り添うことによってこそ信頼をしていただき、そのあとの法律面のお話も理解しやすくなるのだと感じました。

以降、専門的な知識を提供するだけが弁護士でないと思い、その土台となる感情面を重視した弁護活動を行なっております。

<事務所の強みや特徴、工夫>

■タッグによる知恵とフットワーク

当事務所は代表である父との二人三脚の事務所です。 長い弁護士経験を持つ父の知恵と、若手ならではのフットワークを生かした私の行動範囲、この両輪でご相談者様のお悩みにアプローチできることが当事務所の強みです。

■早期に相談する大事さ

合意書を交わしてしまった後に来られたご相談者様がいらっしゃいました。 たとえ不当な内容であっても、この時ばかりはたとえ弁護士であろうとだれでも解決できない状況でした。

自分が悪いことをした側だと「負い目があるから」との気持ちから誤った内容でも判子を押しかねません。 慰謝料請求を受ける側の方など、悪いことをしたからといってご相談にいらっしゃることをご遠慮なさらずに安心してご相談にいらしてください。

<ご覧になるご相談者へひとこと>

■お気軽にご連絡ください

弁護士というと何かと敷居の高いものと感じられる方も多いかと存じます。 ですがお困りの際はためらわず、「法律にちょっと詳しい友達に連絡をしてみよう」ぐらいのお気持ちでご連絡ください。

注力分野

離婚・男女問題

    これまでのキャリア

    京都弁護士会 所属

    所属事務所


    所属事務所:松村法律事務所
    所在地:京都府京都市中京区烏丸東入光リ堂町 420 京都インペリアルビル5階502号 丸太町通