トラブル解決プラットフォーム
ホーム弁護士を探すカケコムメディアトラブル解決Q&A
弁護士の方はこちら
  1. トップ
  2. 神奈川県
  3. 氏家悠
うじけ ゆう

氏家悠

弁護士
離婚・男女問題遺産相続労働問題
弁護士法人エース横浜事務所
神奈川県横浜市中区相生町2-42-3横浜エクセレント17-6階A
弁護士詳細
注力分野
解決事例
料金表
アクセス

氏家悠のプロフィール

< 自己紹介 >

ご挨拶

弁護士の氏家(うじけ)と申します。わかりやすさを大事にした案件処理を心がけております。 司法の業界の特色として、難しい専門用語を避けては通れません。ご本人に伝わるようにご説明しなければ本人に本当に進みたい道を決めていただけない。そんな思いから、わかりやすい説明を大事にしております。

弁護士になるまで

学生時代に特殊なアルバイトを経験しました。プログラミングが完了したWebサービスなどの動作確認をし、バグが出たら報告をするというものです。

「指定された操作をした際にバグが出るか」。これは法律の世界にも通じる部分があります。「生の事実を法律に当てはめた場合、どのような結果になるのか」。これを、調査し、予想しながら案件処理を進めていくことが、弁護士業の特色だと考えています。

どんなに様々な状況を想定し整えられたルールも、ルール単体では、一般の方に、的確な予想を提供できません。ルールと生の事実、ルールと一般の方を橋渡しこそ、専門家としての手腕が求められる部分と認識しております。 依頼者の方の意向に添えるよう、オーダーメイドのリーガルサービス提供を行なっています。

< 早期相談の大切さ >

手遅れになる前に

離婚・男女問題においては、離婚成立済みであるのに、慰謝料・財産分与などに後々疑念を抱かれてご相談に来られる方も珍しくありません。

最近では、離婚の際の協議書等のひな形をインターネット上でダウンロードできます。こういったひな形には、往々にして、「清算条項」という条項がついているのですが、この条項、非常に注意が必要です。

この「清算条項」、「この書面に記載のない問題については今後文句を言いません」という約束ですので、なんとなく、よくわからないまま印鑑を押してしまうことは非常に危険です。印鑑を押した後に、「そういえば、あれも請求したい」となっても、その請求は認められなくなってしまいます。

離婚などから生じるストレスから逃れたい気持ちは理解できるのですが、あとからのリカバリは極めて困難です。人生の重要な局面ですので、ひとりで抱え込まず、こういったことになる前に、是非ご相談いただければと思います。

ひとりで抱える怖さ

トラブルを抱えることになった人でも、それまでと変わらず、その人の日常を送っていかなければなりません。いつもどおり、出社して、日中、自分の仕事をしなければならないのです。このような日常に加えて、トラブル対応をすることは、非常に困難でしょう。

たとえば、不倫をしてしまった事実を誰にも相談できず、自責の念を感じながら、また、相手方の配偶者からのいつくるかも分からない慰謝料請求に不安を感じながら、いつもどおりの日常を送ることになります。

多大なストレスがかかることは容易に想像できます。 このようなストレスで、仕事が手につかなかったり、ミスを頻発してしまったり、日常生活でも誤った判断によってとりかえしのつかない二次被害が起きてしまうこともあります。

誰かに、話を聞いてもらうだけで、気が楽になるということはあります。 当事務所では、初回の電話相談、来所相談は無料で対応させていただいております。 トラブルを抱えた場合、一人で抱え込まず、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

< 終わりに >

お気軽にご連絡ください

基本的に早すぎるご相談ということはございません。 当事務所では電話相談も無料で受け付けておりますので、「なにかちょっと変だな」「困ったな」と感じられたら、まずはお問い合わせください。

注力分野

離婚・男女問題


    遺産相続


      労働問題

        これまでのキャリア

        2007年同志社法学部卒業
        2010年首都大学東京法科大学院修了
        2012年弁護士登録 神奈川県弁護士会
        2018年弁護士法人エース入所

        所属事務所


        所属事務所:弁護士法人エース横浜事務所
        所在地:神奈川県横浜市中区相生町2-42-3横浜エクセレント17-6階A