法律相談記事のカテゴリー

男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
インタビュー ニュース

回答のない新しい分野での第一人者になりたい / 松本 理平 弁護士(青山北町法律事務所)

複数の都内法律事務所での勤務及び大手金融機関での出向を経て青山北町法律事務所の設立した松本 理平弁護士。予防法務が重要になるエンタメ法務に注力している弁護士に、キャリアについて伺った。

記事をご覧になった方は
こちらもご確認ください!

緊急の法律に関する
お悩みはこちら

いざって時のために
手のひらに弁護士を!

弁護士を志したきっかけを教えてください

元々はマスコミや広告関係への就職を希望していましたが、叶わず。どこに就職しようかと考えた時に、ペーパーテストに自信があったこともあり、弁護士資格を取得すれば将来やりたいことが出来た時も有利に働くと思ったことがきっかけです。

今振り返ると、自身の働きにおいて信頼を勝ち取りたいという想いが強かったのだと思います。
実際に、弁護士資格を取得した後に資格からくる信頼が事業を助けてくれることも増えました。
今では、依頼者様のために尽力して信頼を勝ち取ろうと奔走しています。

弁護士としてのキャリアを教えてください

最初の事務所では、離婚問題や過払い金問題に注力していましたが、特定の分野の相談ばかりでキャリアに不安がありました。なので、自分で営業を始めたんです。その内に「あいつ最近事務所にいないな」と事務所ないで若干話題になりました。(笑)
その後、事務所を移ることになるのですが、営業の甲斐もあってか事務所に頼らず自身での案件で稼働することが出来ていて、業界用語でノキ弁という、他の業界でいうフリーランスに近いかたちで活動していました。

自分自身で案件をこなせることもあり、元々、思い入れのある表参道にて開業したいと考えていたので、独立し青山北町法律事務所を開設しました。

独立してからはどんな案件に注力していますか

当初は、過去の経験から離婚問題や投資トラブルをメインに受けていました。とあるきっかけで芸能関係の離婚問題を扱ったことをきっかけにエンタメ業界の法律相談が増えていき、企業案件が中心となっていき、企業法務の中でもエンタメ関係の仕事に注力しております。
エンタメ業界は、特にイメージが大切なジャンルなので何かことが起こってからじゃ取り返しがつかなくなることが多いです。契約書チェックや危機管理が高いレベルで求められるので、依頼者様と密にコミュニケーションを取りながら、尽力しています。これは、通常の企業法務にも応用できています。
自分の関わった案件がメディアを通じて成果物として確認できることもやりがいがある分野になります。

今後注力していきたい分野、売り出したいサービスなどはありますか

回答がない新しい分野に挑戦していきたい。暗号資産など新しい領域に関してや、それに付随する投資詐欺の法律相談を受けることができることは当職の大きな強みと思っています。
新しい分野は、弁護士によっては法律が整備されていないケースも多く手を出しづらい部分もあります。新しい分野で、いち早く前例を作り、依頼者様の役に立ちたいと考えています。

また、弁護士ながらアプリ開発にも着手しています。「いますぐ顧問」​​(https://imasugukomon.com/)というLINEを使ったサービスで、相談を入力すると私がプロンプト(脳みそ)を組んだAIによる回答が返ってくるというシステムです。もちろん、法律相談ではありませんし、AIなので完全ではないですが、LINEで気軽に頭の良いAIに相談ができるという点で、画期的なシステムと思っています。
AI分野にてアプリ開発等に着手している弁護士がいなかったので、第一人者になりたいという想いがあります。
私自身、事業の構築、出資依頼や融資や補助金など資金調達、関連企業の検索から交渉まで一人で事業をスタートアップしている経験も現在の業務に活きています。

相談者へのメッセージ

経営は何かが起こってしまってからでは、取り返しのつかなくなるケースが多いです。
インターネットに様々な情報があるなかで、自分で調べた知識が誤っているともわからずに対応してしまい、大事になってから相談に来られる方もいます。
法律の専門家である弁護士の意見はとても大切だと思います。
私も、上記の通り、アプリ開発など事業の立ち上げも行っているので経営者目線で話すことが可能です。
相談は、弁護士から知識を得る良い機会です。顧問として、密にコミュニケーションを取り話す機会が増えてくると、依頼者様自身も法的なリテラシーがついてきて、様々な視点から経営を考えることが出来ます。
身近に気軽に相談できる弁護士を置いておくことは、経営において重要です。

弁護士情報

弁護士名:松本 理平(まつもと りへい)
所属弁護士会:第一東京弁護士会所属
事務所名:青山北町法律事務所
事務所住所:東京都港区北青山3丁目12ー7 秋月ビル502
略歴:
私立攻玉社高校 卒業
慶應義塾大学 経済学部経済学科 卒業
九州大学法科大学院 卒業

複数の都内法律事務所での勤務及び大手金融機関での出向を経て青山北町法律事務所 設立
エンターテイメント・ロイヤーズネットワーク
社労士登録済

合同会社 青山北町リサーチ 代表社員 (現任)
一般社団法人 探偵協会 理事 (2021年~2024年)
日本プロ野球選手会公認代理人(現任)
EPP株式会社 代表取締役(現任)

その他、テレビ・雑誌などの監修・コメンテーター等にてメディア露出多数

インタビュー取材をさせていただける弁護士の方、募集中

現在カケコムでは、インタビュー取材をさせていただける弁護士の方を募集しております。
取材および掲載についての費用は一切頂戴しておりませんので、ご協力いただける方は以下フォームよりお申し込みください。

お申込みフォーム:https://share.hsforms.com/1xwQjb3-aS1KW8beRkbJo_wdzcl4

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー セミナー トラブル ニュース 不倫 交通事故 企業法務 借金 債務整理 債権回収 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費