カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 男女問題

不倫に飽きた・冷めた相手がとる行動6選と相手に確認するリスクを解説

「もしかして不倫に飽きた?」「不倫相手が最近そっけない」そんな不安を抱えていませんか?不倫の恋はリスクが大きく、燃え上がりやすく冷めやすいともいわれています。この記事では不倫に飽きた人がとる行動をご紹介します。不倫相手に飽きられたかもしれない、と感じる方は必見です。

「最近旦那や妻に不倫がバレている気がする」「離婚をするなら自分に有利な条件で進めたいけれど、どうすればいいか分からない」という人は、弁護士へ相談することで下記のようなことを実現できる可能性があります。

Point

・離婚をする際は前もってどんな準備をしておくべきか?離婚後の生活設計をどうすべきか?までを含めてアドバイスしてくれる。
・あなたに代わって配偶者に離婚をしたい理由等を説明し、できるだけあなたに有利になる条件で、離婚に向けて交渉してくれる。

離婚話を有利に進めるには、証拠集め等の事前準備をしておくことが重要です。

そのため、できるだけ早めに弁護士へ相談しましょう。

下記のボタンから、ご相談いただけます。

不倫に飽きた・冷めた不倫相手の行動6選

不倫に飽きた人がとる行動には共通点があります。
 
不倫相手に飽きられたと感じたときは、冷静に相手の行動を思い返してみてください。

不倫に飽きた・冷めたときの相手の行動(1) 連絡回数が極端に減る

不倫関係はどちらかに配偶者がいるため、別居状態にない限り頻繁に会うことは難しいです。
 
頻繁に会えないからこそ、電話やメールなどでの連絡に重きを置いている人も多いでしょう。
 
そんな中で相手からの連絡の回数が極端に減ったということは、あなたへの興味がなくなった可能性が考えられます。
 
中には仕事が忙しかったり、パートナーに不倫がバレそうになり、連絡を控えている場合もあるかもしれませんが、その場合は不倫相手からのフォローがあるはずでしょう。

不倫に飽きた・冷めたときの相手の行動(2) 性行為が減る

付き合いが長くなれば多少なりとも性行為の回数は減るかもしれませんが、まだ日が浅いのに減ったということは、相手はもう不倫に飽き始めている可能性があります。

ただ、一方で性行為がなくても心地よく感じる距離感になったとも言えます。

そのため、性行為が減ったという状態のみではなく、連絡頻度も減ったのかなど、他の要素と合わせて検討する必要があるでしょう。

不倫に飽きた・冷めたときの相手の行動(3) 口数が減る

付き合った当初は楽しくデートできていたのが、急に話題がなくなったり、口数が減った場合、不倫相手が今の関係に飽きた可能性があります。

デート場所を変えるのもひとつの解決方法ですが、普通の恋愛と違って外で堂々と一緒にいれないことが多いと思うので、素直に潮時と捉えることも必要かもしれません。

不倫に飽きた・冷めたときの相手の行動(4) 目が合わなくなる

不倫に限らず、その人に向けて話しているのに目が合わない場合は、話し手への興味がないことを指す可能性が高いです。

ただ中には元々人と話すときに目を合わせない人や、恥ずかしいから会わせられないという人もいるため、見極めには注意しましょう。

不倫に飽きた・冷めたときの相手の行動(5) 予定が合わなくなる

不倫相手と急に予定が合わなくなるのは、不倫相手が不倫に飽きたからという可能性があります。
 
例えば、不倫相手に予定を聞いてもはぐらかされたり、理由なく断られたりするなどです。

ここで無理に会う約束をしようとしても不倫相手はどんどん冷めていってしまう可能性が高いので、無理強いはせず、引き際を見極めて対応するようにしましょう。

不倫に飽きた・冷めたときの相手の行動(6) 将来の話をしなくなった

今まで何度か将来の話が出ていたのに、急に話がなくなったということは、相手が不倫に飽きてあなたと別れようと思っているのかもしれません。

不倫相手は、「もう自分の気持ちは冷めたのに、将来の話をしたところで相手を悲しませるだけ」と思い、将来の話をしなくなった可能性があります。

不倫相手に不倫に飽きたか確認すべきか

不倫相手から急に連絡がこなくなったりそっけない態度をされると、関係が終わってしまうのかと心配になると思います。

もし相手が今の不倫関係に飽きたと感じていても不倫相手を問い詰めるのは避けたほうが良いです。

というのも、追い詰める中で相手の配偶者に不倫がバレるリスクが高くなりますし、問い詰めることでより不倫相手に嫌われる可能性があるからです。

普通の恋愛と同様に、フェードアウトされていると感じているならそのまま流れに身を任せ、そこで切れてしまう関係性ならそこまでの相手だったということで納得した方が良いでしょう。

そもそも不倫をしていること自体リスクが大きいことなので、むしろ不倫関係を解消できたことを前向きに捉え、不倫ではない次の恋愛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

不倫相手が不倫に飽きたらどう納得すべきか

不倫相手から「不倫に飽きた」と言われた場合、どのように納得すべきなのでしょうか?

不倫はいつかは終わるものと考える

不倫関係の結末としてハッピーエンドはほほとんどありません。

いつかは終わると分かっている不倫関係で、うまくいくことはほとんどないのです。

万が一別れずに済んで関係が続けられたとしても、この先2人に終わりがくる可能性は高いのです。

そのため不倫はいつか終わるものと割り切ってしまった方が気持ちが楽になりますよ。

不倫をやめるきっかけになったとポジティブに捉える

不倫は法律で正式な離婚理由に認められるほど、本来であれば絶対にしてはいけない不法行為です。

そのため相手がこの関係に飽きたのであれば、素直に別れを受け入れることが自分のためでもあります。

これ以上関係を続けて相手にハマればハマるほどバレたときのリスクは大きくなり、泥沼化してしまいます。

不倫をやめるいいきっかけになったとポジティブに考えましょう。

自分が不倫相手に冷めた場合は?

もし自分自身が不倫相手に冷めた場合は、どのような行動をとって相手との距離を置くようにすると良いのでしょうか?

正直に別れを切り出す

正直に今の自分の気持ちを伝え、不倫相手に別れを切り出すのも一つの手段です。

もし相手の不倫相手が自分だけでなかった場合、すんなり納得して別れてくれることもあるでしょう。

もし相手の不倫相手や彼氏があなただけで、あなたに依存している場合は、下記で紹介するその他の方法を試してみるのが良いかもしれません。

相手に不倫がバレるリスクを話し、納得させる

もし不倫相手があなたに依存していたり、別れに納得してくれなさそうな状況にある場合は、相手にもし不倫が配偶者にバレたらどうなるかのリスクをしっかり説明しましょう。

もし相手も自分も既婚者でダブル不倫であった場合は、お互いに離婚や慰謝料を請求される可能性があることを説明したり、もし相手が独身であなたが既婚者なのであれば、あなたの配偶者から慰謝料を請求される可能性があることを伝えましょう。

不貞行為の慰謝料はどの程度有効な証拠がどのくらいあるのかや不倫関係にある二人の状況に大きく左右されますが、慰謝料の相場は50〜300万円と言われています。

そのような現実的な金額を伝え、自分ごととして考えてもらうことで相手が冷静になってくれ、あなたの別れを受け入れてくれるかもしれません。

家庭を大切にしたいと告げる

もし相手が既婚者であったり、物分りの良い相手である場合は、「やっぱり家庭を一番に大切にしたい」と告げることも良いでしょう。

仮に不倫のきっかけがあなた自身の家庭の不仲であったとしても、「結婚した頃や配偶者との思い出を思い返してみて、やっぱり大切にしなければならないと思った」と真摯に話をすれば、相手はすんなり受け入れてくれるかもしれません。

フェードアウトする

フェードアウトするというのも、冷めた不倫相手と分かれる一つの方法です。

今まで毎日LINEをしていたのであれば、その頻度を週一回、月一回に下げていき、いつの間にか連絡を取らなくなるなどです。

相手がフェードアウトしても察してくれる性格であったり、別れるなら別れるではっきりさせたいという性格でないという場合に使える方法でしょう。

もし不倫がバレたらどうすれば良い?

もし不倫が自分や相手の配偶者にバレた場合、どのように対応すれば良いのでしょうか?

あなただけが既婚者の場合

あなただけが既婚者で、あなたの配偶者に不倫がバレた場合、配偶者から離婚や慰謝料を請求される可能性があります。

もし離婚請求をされた場合は、下記の順序で離婚の話が進んでいきます。

離婚の流れ

まずは夫婦間のみで話し合い、それでも話がつかなければ調停委員を介して話し合う「調停」へ移行し、それでも解決しない場合は裁判へ進むことになります。

裁判で離婚する場合は法定離婚事由に当てはまる事柄があることが必要ですが、もしあなたが不倫相手と肉体関係を複数回持っていた場合は、その法定離婚事由に当てはまり、離婚となる可能性もあります。

また、裁判以外の話し合いではどのような理由でも夫婦がお互いに納得できれば離婚が成立します。

そのため、総合的に見ると相手が離婚したいと言っており、あなたの不倫の証拠があった場合、あなたが離婚を拒否したくても拒否することが難しいと言えます。

それに伴い、慰謝料請求の回避も難しいでしょう。

ただし、弁護士に依頼すれば、離婚も慰謝料の請求や請求金額の減額等の実現が可能な場合があります。

前述した通り、裁判では正当な離婚事由があれば離婚が成立してしまいます。

そのため、協議等のできるだけ早い段階で弁護士に相談し、相手と代理で交渉してもらうことが非常に重要なのです。

少しでもお悩みの方や、相手から離婚を請求されているが拒否したい方、慰謝料の減額交渉をしたいと考えている方は、一度下記よりお気軽にご相談ください。

不倫相手だけが既婚者の場合

不倫相手だけが既婚者であり、あなたは独身の場合でも、場合によっては不倫相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性があります。

というのも、配偶者がいながら不貞行為をした既婚者と、相手が既婚者であることを知っていながら不貞行為をした不倫相手は、共同して配偶者に精神的損害を与えたとして、「共同不法行為」に問われる可能性があるからです。

共同不法行為の図解

その場合の慰謝料額は、50〜300万ほどにまで及ぶことがあります。

そのため、万一、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求されたときは、すぐに専門家である弁護士に相談しましょう。
というのも、相手側から相場以上の慰謝料額を提示されている可能性も考えられますし、場合によっては減額も見込めるかもしれないからです。

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」「何を伝えればいいかわからない」「文字にして状況をまとめたい」「自分のペースで相談がしたい」という方は、ぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

不倫の対処法についてさらに知りたい人はこちらの記事もおすすめ

不倫に飽きた相手がとる行動6選と相手に確認するリスクを解説のまとめ

不倫相手が不倫に飽きたときの行動パターンと対応方法をご覧いただきましたが、いかがでしょうか。

あなたの不倫の悩みを解決する手助けになりましたか?

不倫は普通の恋愛とは違って燃え上がるのが早いですが、その分冷めるのも早いのです。

相手があなたに冷めた、飽きたと感じたときは、受け入れるしかありません。

別れたくないからといって不倫相手にしつこく連絡しても逆効果で、むしろ相手に嫌われたり周りにバレたりする危険性が高くなります。

また、不倫は相手のパートナーにバレると慰謝料を請求されるリスクがある、ということを忘れてはいけません。

もしバレてしまったときはすぐに弁護士に相談することをおすすめします。

慰謝料の金額で争うことになったときに、弁護士がいれば、法律の専門家として大きなサポートが見込めるはずです。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費