浮気 男女問題

旦那の態度が冷めた理由5つと今後の対処法5選

夫に愛されていない妻の理由や特徴から夫婦関係向上の方法までまとめてみました。夫から愛されるために炊事・洗濯・子育て・もちろん夫婦の夜のおつとめもがんばってきたのに、最近夫の態度が冷たい。どうも夫から愛されていないと感じてしまう。そんなお悩みをもった妻は多いものです。

 

\無料相談受付中!/
1分簡単入力で弁護士相談

 

最近旦那の態度が冷めた気がする

結婚後数年もすれば、夫婦どちらにとっても、二人で生活していくことが当たり前になり、共同生活に慣れてしまいます。

慣れはどのご夫婦でも同じで、仕方のないことです。

そうは思っていても、旦那の態度が慣れを通り越して冷めたのではないかと感じられる場合は、「気のせいかも」で捨ててはおけませんね。

そんな状況から脱却するため、旦那の態度が冷めた理由や対処法をご紹介していきます。

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

旦那の態度が冷めた理由と対処法5選

旦那の態度が冷めた理由はどこにあるのでしょうか。
 
夫から愛されていないと感じる妻に、よく見られる行動や態度にはこのようなものがあります。

旦那の態度が冷めた理由(1) 妻が旦那に対して冷たい言動が多かった

旦那の態度が冷めた理由として、そもそも先に妻が旦那に対して冷たい言動を多く取っていた可能性があります

例えば、家事や子育てに忙しく、旦那との会話を後回しにしていたり、感謝の言葉がなくなっていたり、旦那から夫婦としてのスキンシップに誘われた時に露骨に拒否していたなどです。

この場合、旦那に常に感謝や愛情を忘れず、こちらから些細なことでも積極的に「ありがとう」「嬉しい」と感謝の気持ちを素直に表現すると良いかもしれません。

そうすることでお互いに気分よく生活できるようになり、お互いにもっと積極的に関わろうという気持ちにしてくれるでしょう。

旦那の態度が冷めた理由(2) 妻に女性らしさを感じなくなった

妻に女性らしさを感じなくなったことも、旦那の態度が冷めた理由の一つと言えるでしょう。

例えば、お風呂上がりでも服を着ないままビールをグビグビ飲んでいたり、休日は化粧もせずにジャージ姿でゴロゴロするなどです。

家事や育児、仕事があるのに常に外見に気を使い続けるのも大変かもしれませんが、例えば週に一度はメイクや髪型、服装に気合いを入れて旦那に話しかけてみると良いかもしれません。

また、女性らしさとは外見だけでなく、内面からも表すことができます。

例えば、細かな気遣いをしたり、主張しすぎない態度を取ったり、奥ゆかしさや恥じらいを持つなどです。

外見でも内面でも、自分が楽に気を使えるところから無理なく改善していきましょう。

旦那の態度が冷めた理由(3) 妻の旦那への束縛が強過ぎた

旦那のことが大好きで新婚当時と変わらず旦那を大事にしているし、自分磨きも怠っていない妻でも、夫を愛しすぎているがために過度な束縛をしてしまい、それにより旦那が冷めた場合も考えられます。

例えば、旦那が仕事で忙しいのに休日は必ず二人でデートすることを強制したり、旦那が飲み会に行ったら、誰と行ったかやどんな話をしたかを根堀葉掘り聞いてしまうなどです。

夫としては、仕事がハードなんだから、休日くらいは休みたいと思うこともあるでしょう。

夫には夫のプライベートがあり、あまりに干渉されれば「俺って信用ないんだな」とがっかりし、それが原因で冷めることもあるのです。

旦那の態度が冷めた理由(4) 妻の感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい状態が続いた結果、旦那の態度が冷めた可能性もあります。

例えば、些細なことですぐに切れてしまうなどの場合です。

付き合っていた若い時期であれば年齢的に子供な部分があっても仕方ないと思い、許す男性も多いと思いますが、大人になっても感情の起伏が激しいままだと呆れられてしまうかもしれません。

 
この場合は、些細なことでイラっとしても一度頭を冷やして、旦那に怒ることなのかを整理するようにしたり、夫婦喧嘩になったとしても自分も悪かった」と素直に認めることが大事です。
 
また、夫婦喧嘩はお互いが何でも言い合える良い機会ですので、もっとお互いを尊重し、悪いところを改善していくという意識を持って思いを伝えるとより良い関係を築けるでしょう。

旦那の態度が冷めた理由(5) 旦那が不倫している

旦那の態度が冷めた理由として、旦那が不倫しており、他の女性に夢中になっている可能性もあります。
 
例えば、下記のような行動がある場合は旦那が不倫している可能性があるかもしれません。
  • 急な出張や残業が増えた
  • 携帯やスマホをお風呂にまで持っていくようになった
  • 見た目やファッションに気を使うようになった
  • 外出するとき周りを気にするようになった
  • 帰ってきたらすぐシャワーを浴びるようになった
  • 車のシートの位置がいつも違う

旦那の不倫が疑わしく、事実をはっきりさせたい場合は探偵事務所に調査を依頼することをおすすめします

探偵に頼らず自力で調査できないことはないですが、旦那にバレてしまうリスクや違法な調査をしてしまうリスクもあります。

また実際に不倫が発覚した場合は、離婚や慰謝料を請求するなどの選択肢も出てくるでしょう。

その際に探偵事務所の作成する報告書は裁判でも強い証明力を持ちます

リスクを回避し、かつ確実に浮気を証明し、対処を取るなど、包括的な解決を目指すなら探偵事務所に一度相談してみることを強くおすすめします。

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

また、裁判をする場合は難しく煩雑な手続きが発生するため、弁護士にサポートを依頼するのがおすすめです。

弁護士であれば代理交渉も行ってくれるので、交渉が苦手な場合は弁護士にお任せすることで有利に進めることもできるでしょう。

 

\無料相談受付中!/
1分簡単入力で弁護士相談

 

旦那の態度が冷めたら周りに相談する方法も

夫婦関係が冷えてしまったら、いくら妻が努力をしても夫にその気持が響かないこともありますね。そんな時には次のようなことを試してみましょう。

親や共通の友人などに仲介してもらう

夫から愛されていないと感じるほど夫婦関係が冷めてしまった時、妻の言葉や態度は夫に届かないこともあります。

そんな状態で妻から何をしても進展は難しいでしょう。

でも、あなた以外の人の言葉なら夫の心を動かすことが出来るかも知れないので、共通の友人や親など、夫に対して意見できる立場の人に相談してみましょう。

例えば、「奥さんはあなたのことを気にしていたよ。思うことがあるならハッキリ言ってあげたらどう?」と友人から旦那に伝えてもらえるだけで、夫婦関係を修復するきっかけ作りになるかもしれません。

 男女問題に強い弁護士に相談してみる

もし友人などから旦那に思いを伝えてもらっても夫婦関係の修復が困難な場合は、離婚に向けて早めに準備をするというのもひとつの手です。

離婚に踏み切る時は、男女問題に強い弁護士が頼りになります。

というのも、男女問題に強い弁護士であれば様々な男女問題を解決してきているはずなので、あなたのケースに適切な解決方法や交渉方法をアドバイスすることができるからです。

また、夫婦間の性交渉が何年も無い場合、原因が夫にあるのであれば、それを理由に離婚して夫に慰謝料請求をすることもできる場合があります。

このような判断も弁護士にしてもらうのが確実です。

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いので、ぜひこの機会に一度相談してみましょう。

下記のボタンより、簡単に相談することができます。

\無料相談受付中!/
1分簡単入力で弁護士相談

夫に愛されていないときの対処法について知りたい方はこちら

 

\無料相談受付中!/
1分簡単入力で弁護士相談

 

旦那の態度が冷めた理由5つと今後の対処法5選のまとめ

 旦那の態度が冷めた理由には、様々なものが考えられます。

自己中心的な考え方や束縛がひどかったりという特徴がある人は、性格面でどうしても夫の愛情が薄れてしまう傾向にあるのかもしれません。

夫婦愛を修復しようと努力をしてもうまくいかない場合は不倫を疑い、思い切って探偵事務所に調査を依頼するのも一つの手です。

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

また、実際に不倫があった場合はその証拠を持って弁護士に相談しにいくことで、慰謝料を請求することも可能です

最終的にどうするかを決めるのはあなた自身ですが、それで愛されていない原因がわかるのなら、試してみる価値はあるでしょう。

離婚に関連する他の記事も読む

日本人の離婚率はどれくらい?離婚統計から見る離婚率の推移とは?

離婚する夫婦の特徴12選〜どんな夫婦が離婚する?〜

夫に愛されていない妻の5つの特徴!夫婦愛足りてますか?

結婚後の世帯主|夫婦どちらにすべき?世帯は別々にできる?

不倫する人の特徴って?男女別から見る意外な特徴とは?

離婚に関するその他の記事

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費