カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 浮気 男女問題 離婚

旦那や妻に冷めた・冷められたと感じたら?実際の声を元に冷める理由と対処法を解説

最近旦那や妻に冷めた・冷められたと感じるのはなぜなのでしょうか?今回カケコムでは、どんな時に妻に冷めるか、92名の既婚男性にアンケートを実施しました。実際の声を元に妻に冷める理由をご紹介します。「旦那が冷めた理由が分からない」「どう対処すれば良いか分からない」という人は必見です。

「最近旦那や妻の様子がおかしく、離婚すべきか悩んでいる」「離婚をするなら自分に有利な条件で進めたいけれど、どうすればいいか分からない」という人は、弁護士へ相談することで下記のようなことを実現できる可能性があります。

Point

・離婚をする際は前もってどんな準備をしておくべきか?離婚後の生活設計をどうすべきか?までを含めてアドバイスしてくれる。
・あなたに代わって配偶者に離婚をしたい理由等を説明し、できるだけあなたに有利になる条件で、離婚に向けて交渉してくれる。

離婚話を有利に進めるには、証拠集め等の事前準備をしておくことが重要です。

そのため、できるだけ早めに弁護士へ相談しましょう。

下記のボタンから、ご相談いただけます。

夫婦仲が冷めるのはなぜ?旦那が妻に冷めた理由4選

最近旦那の態度が冷めてしまったといった悩みを抱えていませんか?旦那の態度が冷めてしまうのには、何かしらの理由があるはずです。そこでカケコムでは独自に、92名の既婚(または結婚経験のある)男性に対し、どんな瞬間に妻に冷めるのかアンケート調査を行いました。その結果がこちらです。

旦那が妻に冷める瞬間

ここからは、アンケート結果にあったそれぞれの項目について、実際の声も交えて解説していきます。「最近旦那の態度が冷たくて悩んでいる」という方は、普段の旦那の様子や自分の言動に思い当たる節はないか、振り返ってみましょう。 

旦那が妻に冷めた理由(1) 妻の旦那に対する言動が冷たかった

旦那が妻に冷めた理由としては、妻が旦那に対して冷たい言動を取っていたという意見が最も多くあげられました。具体的には、旦那を相手にしなくなる(無視する)、あいさつや感謝の言葉を言わなくなる、連絡しても返事をしてくれないといったケースが多いようです。

女性は特に出産後、育児や家事で忙しい日々に追われ、こうした言動をとりやすい傾向にあります。母親になったことで、旦那よりも子供優先で物事を考えるようになることも、旦那さんからしたら冷たく感じる言動の要因になっているのかもしれません。

日々の忙しさに追われ、ついつい旦那さんとの会話がおろそかになっていたり、必要以上に冷たくあたってはいませんか?もし思い当たる節がある場合は、少しずつでもいいのでご自身の言動から改善してみましょう。1日の中で夫婦でしっかり向き合って話す時間をつくってみたり、些細なことに対しても「ありがとう」「嬉しい」といった気持ちを素直に伝えたりするだけでも、喜んでくれる旦那さんは多いはずです。

旦那が妻に冷めた瞬間(実際の声)

LINEや電話をしても何の音沙汰もなく、催促してようやく返事があるも、非常に素っ気ない態度を取られています。

37歳、結婚11年目で子供(小学生)2人います。妻は専業主婦です。私から朝「おはよう」と声をかけても返事がありません。また、仕事へ行く時「行ってきます」と言っても返事がなく、仕事から疲れて帰ってきた際に妻と顔を合わせた時「なに?」と言われた瞬間に冷めきってしまいました。呆れてこちらからは声もかけなくなりました。もう家族を守る意識も薄れ、今は離婚のタイミングを考えています。

旦那が妻に冷めた理由(2) 妻に女性らしさを感じなくなった

妻に女性らしさを感じなくなったことも、旦那が妻に冷める理由として多くの方があげていました。普段の自分を振り返ってみて、お風呂上がりに裸で歩き回ったり、毎日化粧もせず、ジャージで過ごしているといったことはありませんか?旦那と過ごしてきた時間が長くなり、女性としての恥じらいが薄れているのを感じると、妻に冷めてしまうという男性は少なくないようです。

しかし、育児家事や仕事で毎日忙しいのに、常に外見に気を遣い、女性らしくあり続けるのは大変ですよね。

安心してください。すべてを頑張り続ける必要はありません。お風呂後の着替えは旦那さんには見えないよう気を付けてみたり、たまにはメイクや服装に気合いを入れて旦那さんと出かけてみたり、自分のできるところから始めてみましょう。少しの変化でも旦那さんは「お、なんか変わった?」と変化を喜んでくれることでしょう。

旦那が妻に冷めた瞬間(実際の声)

結婚して年月が経ちますと、家でお菓子を食べながらごろごろしたり、平気でおならをしたりと、女性っぽさがなくなってきて冷めることが多くなりました。

お風呂上がりとかに裸で恥ずかしげも無く歩いている時にすごく覚めてしまいます。

旦那が妻に冷めた理由(3) 妻の感情の起伏が激しい

妻の感情の起伏が激しいために、妻への愛情が冷めてしまうという声も多く聞かれました。そのときの機嫌によって優しくなったり、急に怒り出したり、家事や育児などにこだわりが強く、旦那が自分の思い通りにやってくれないとすぐキレたりといった行動は、旦那さんにとっては対策を行うのが難しく、「どうすればいいんだ…!」と頭を抱えてしまう方もいるようです。

女性は生理時、どうしてもイライラすることがあったり、育児家事に一生懸命な分、こだわりを強く持っていたりといったことは、よく聞く話です。しかし、「生理だからしかたない」「一生懸命やってるんだから、私に協力してくれてあたりまえ」と思ってしまうのではなく、夫婦で常に気持ちや思っていることを伝え合い、悪い部分は改善していくという意識を大切にしましょう。

どうしてもイライラしてしまうときは、前もって「ちょっと今イライラしてる」と伝えておいたり、別の部屋に行く、散歩に出かけるなどして、一旦夫から離れて頭を冷やしてくるといった方法もありますので、試してみてくださいね。

旦那が妻に冷めた瞬間(実際の声)

感情の起伏が激しい時に振り回されている感を強く感じ、冷めてしまうことがあります。ベタベタする時はしますが、落ちている時や生理中の時には触らないし触らせない、会話も淡白、子供に八つ当たりする、など自分の気分次第でコロコロ変わってしまうところに冷めてしまいました。

ちょっとした事で子供に対して癇癪を起こします。
たまたまゲームをしていた子供に、夕食の支度をしていた妻がテーブルを片付ける様に言ったところ、子供としては少し待って欲しいと伝えたのですが、いきなりげんこつして食べなくて良いだの言い始めて大騒ぎでした。
そこまでの事では無いと思い、かなり引きました。

旦那が妻に冷めた理由(4) 妻の愛情が重すぎる

旦那に対する過度な愛情も、場合によっては旦那が冷めてしまう一因になってしまうこともあるようです。例えば、旦那が仕事で忙しいのに、休日は必ず二人でデートすることを強制したり、旦那が飲み会に行くと、誰と行ったかやどんな話をしたかを根堀葉掘り聞いてしまうといったことを普段からしていると、旦那は「妻からの束縛が強く、息苦しい」と感じてしまうかもしれません。

旦那としては、普段の仕事がハードなんだから、休日くらいはゆっくり休みたいと思うこともあります。旦那には旦那のプライベートがあり、あまりに干渉されれば「俺って信用ないんだな」とがっかりし、愛情が冷めてしまうこともありますので、気をつけましょう。 

旦那が妻に冷めた瞬間(実際の声)

仕事仲間の友人たちと夜釣りを楽しんでいる時、半分飲み会のようなノリで盛り上がっているのに定期的に連絡をしてくる。内容はほとんどなく、声による確認だけだと知った時、その面倒臭さに妻に冷めたことがある。LINEやメールでもいいのにわざと電話を選択するのはどうかと思う。盛り上がりが一時中断みたいな感じで場が冷えるので本当に勘弁してほしいです。

一度、音をオフにしたら夜中の2時に電話が入っていた。この時は冷めるというよりも怖さを感じてしまった。
また重い愛情を向けてくるわりに、興味ない話をこちらから振ると、いい加減というか冷めた返事をする場合がある。この返事を聞くときも、妻への感情が冷める。

妻が旦那に冷める理由は?

一方で、妻が旦那に冷める理由としては何が考えられるのでしょう?

妻が旦那に冷めた理由(1) 仕事ばかりで家事を手伝ってくれない

妻が旦那に冷める理由として考えられるのは、仕事ばかりを優先して家庭を顧みないことがあげられます。

まだ小さな子どもが居る家庭や共働き夫婦の場合は特に、女性だけで家事をすべてこなすことが難しい場合も多いですし、そもそも「家事は女がするもの」という考え方自体が古い考え方です。

これからの将来の時間をずっとともにすることに決めたのであれば、どんなに仕事が忙しくても、男性も家事を手伝ったり、分担したりしましょう。

妻が旦那に冷めた理由(2) モラハラをされる

妻が旦那に冷めた理由として、旦那からモラハラをされるというものも考えられます。

モラハラとは、精神的な暴力のようなものです。

例えば、「お前は働いていなくて時間もあるのになぜ一人で十分に子育ても家事もできないんだ」といったような人格を否定する言葉も、精神的な暴力に含まれます。

このようなモラハラが日常的にあった場合、本人も気づかないうちに病んでいってしまい、旦那に冷めるどころか自己肯定感が下がってしまうことも考えられます。

妻が旦那に冷めた理由(3) 性欲の強さが合わない

妻が旦那に冷める理由として、性欲の強さが合わないというものも考えられます。

例えば、妻の性欲は弱いものの旦那の性欲は強く、セックスをしたい頻度が異なることもあるでしょう。

そのような際に、求められて断れず、いやいや行為に応じてしまったり、断ったことで空気が悪くなり、喧嘩のような状態になってしまうこともあるかもしれません。

そのような状態の際に妻が旦那に冷めたとしても不思議ではないでしょう。

夫婦仲が冷めたらどんなデメリットがある?

夫婦仲が冷める原因は様々ですが、夫婦仲が冷めたまま放っておくとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

毎日が楽しくなくなってしまう

夫婦仲が冷めたまま生活をともにしていく場合、旦那も妻も毎日が楽しくなくなってしまう可能性が考えられます。

もともと結婚したのは、お互いに愛し合い、より楽しい生活を送るためだったはず。それが真逆になってしまうのです。

そのため、少しでも旦那や妻への気持ちや愛情が冷めてきてしまっていると感じてきた場合は、早め早めに対処することが重要なのです。

孤独に感じる時間が増えてしまう

夫婦仲が冷めたまま生活をともにする場合、孤独に感じる時間も増えてしまうでしょう。

二人で生活自体はしているものの、お互いに心は離れてしまっているので、会話が減り、食事を一緒にとる回数も減っていくことが考えられます。

そうなると、一緒に住んでいるのに孤独に感じる時間がかえって増えてしまうかもしれません。

不倫してしまうリスクが高くなる可能性がある

また、どちらかが不倫してしまうリスクが高くなる可能性もあります。

それは、前述したように、夫婦仲が冷めたまま生活を続けることで孤独に感じる時間が増えてしまい、それを他の誰かで満たそうと考えてしまうことがあるからです。

もし仮に夫婦仲が冷めた寂しさから不倫をしてしまい、不貞行為(配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと)を繰り返してしまい、それが配偶者にバレた場合、離婚や慰謝料を請求されてしまう可能性があります。

不貞行為は民法でも定められている不法行為です。

現状以上に夫婦仲を悪くしないようにするためにも、不倫は

もし不倫してしまい、配偶者にバレてしまったら

もしいま、夫婦仲が冷めてしまったという寂しさから不倫してしまっていて、それが配偶者にバレてしまっているなら、すぐに弁護士へ相談することをおすすめします。

というのも、前述したように不貞行為は民法上の不法行為にも定められており、相手が不貞行為の証拠を持っていれば、裁判でも離婚や慰謝料の請求が認められることがあるからです。

そうなる前に、もし離婚を受け入れるとしてもあなたにとって有利な条件で離婚できるように、弁護士に一度相談してみましょう。

別居や離婚につながる可能性も

前述したように、寂しさからした不倫が配偶者にバレ、そこに証拠があった場合は離婚となる可能性がありますが、もし不倫等をしていなかったとしても、単純に夫婦仲が冷めたことで別居や離婚につながる恐れもあります。

別居に関しては、一時的なものであればお互いの気持ちを確かめる意味で良い行為とも言えますが、数年単位の長期的な別居にわたってしまうと、裁判上でも認められる立派な離婚事由となってしまうため、注意が必要です。

また、離婚に関しては、単純な夫婦仲の悪さだけでは裁判上の離婚事由として認められない可能性がありますが、離婚は下記のような順序で進んでいくため、必ずしも裁判で認められる離婚事由を満たしていないと離婚できないわけではありません。

離婚の流れ

離婚をする場合、まずは協議を行います。夫婦間のみでの話し合いです。この協議でお互いの合意があれば、どのような理由でも離婚が成立します。

ただし、ここでどちらかが離婚や離婚条件を拒否した場合、調停委員を介した話し合い「調停」が始まります。

それでも話がまとまらなければ、裁判へ移行し、裁判官が離婚すべきか否かを判断します。

もし協議で離婚の話し合いを終わらせたい場合は、不倫がバレたときと同様に弁護士へ相談することがおすすめです。

弁護士に話し合いを仲介してもらうことで夫婦だけで話し合うよりもスムーズに話が進みますし、経験や知識が豊富な弁護士に代理交渉をしてもらえば、あなたに有利に話し合いを進められる可能性もあります。

少しでも気になる部分や弁護士に頼りたい部分があれば、下記より一度お気軽にご相談ください。

妻や旦那に冷めた場合の対処法は?

夫婦関係が冷え切ってしまっている場合、奥さんがいくらが努力をしてもどうしようもないこともあるかもしれません。そんなときには、下記のようなことを試してみましょう。

親や共通の友人などに仲裁してもらう

奥さんがどう頑張っても、旦那に気持ちが届かないという場合は、親や共通の友人に夫婦仲を仲裁してもらうのもひとつの手です。旦那から愛されていないと感じるほど夫婦関係が冷めてしまった場合、妻の言葉や態度だけでは、旦那に気持ちが届かないこともあります。そのような状態で奥さんから何をしても、なかなか進展はしないでしょう。

しかし、冷静な第三者の言葉なら、旦那の心を動かすことが出来るかもしれません。旦那の態度で悩んだら、共通の友人や親など、旦那に対して意見できる立場の人に相談してみましょう。

例えば、夫婦共通の友人から「奥さんはあなたのことを気にしていたよ。思うことがあるならハッキリ言ってあげたらどう?」と旦那に伝えてもらうだけで、夫婦関係を修復するきっかけ作りになるかもしれません。 

妻や旦那に自分が冷めた理由を伝える

もしまだ夫婦関係を修復するつもりがあるなら、一度妻や旦那に自分が冷めた理由を伝えてみましょう。

妻や旦那が無意識にあなたが冷めた行動をしていて、あなたから伝えられたことですぐに改善できる可能性もありますし、あなたが冷めた理由となる行動を相手がしていた理由があり、それが分かったことで和解につながる可能性があります。

一緒に生活を共にしてきた妻や旦那といえども、自分とは違う人間です。言葉で伝えずすべての気持ちを分かり合うことなどできません。

そのことを意識して、話し合いの機会を大切にしていきましょう。

一時的に別居してみる

妻や旦那に冷めた場合、一時的に別居してみるのも良いでしょう。

というのも、ずっと一緒に住んでいると相手がいることが当たり前になってしまい、感謝の気持ちがなくなってしまったり、距離が近すぎて話し合っても感情的になってしまう可能性があるからです。

一時的に別居をしてみることで、今まで相手がやってくれていたことに気づいたり、相手の大切さに気づいたり、一人きりで冷静にこれからどうしていきたいかを考えることができます。

ただし、別居期間が長期に渡ると、婚姻関係が破綻していると認められてしまい、裁判所で認められる離婚理由になる場合があります。

そのため、離婚をするつもりがないのであれば別居の期間はあくまでも短期と決め、別居するようにしましょう。

離婚を検討する

どうしても夫婦関係の修復が難しかったり、自分の中で修復する気持ちになれない場合は、相手との離婚を検討するのも一つの手段です。

ただし、離婚をすると、財産分与を行ったり、場合によっては慰謝料や養育費の支払いが発生することがあります。

慰謝料はケースにより金額が異なりますが、もし不倫があった場合は300万円ほどの慰謝料を請求されるケースもあります。

離婚をする際に多額の出費が必要となったり、離婚後も養育費を支払い続けるのであれば何年も出費が続くことになることにあるため、離婚を検討しているのであればお金の問題も発生することを予め理解しておきましょう。

男女問題に強い弁護士に相談する

もしあなたがどんなに頑張っても夫婦関係の修復が難しく、離婚の可能性を感じてしまった場合は、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士と聞くと、離婚が決定したあとに、慰謝料や養育費などの問題で相談する印象があるかもしれません。もちろん、それも弁護士の重要な仕事の一つです。

しかし弁護士には、もう一つの役割として、客観的な立場でアドバイスを行うという役割があります。旦那の態度で悩み、夫婦2人の話し合いだけでは解決が難しそうな場合は、弁護士へ相談することも検討してみてください。

また、もしあなたが相手と離婚をしたくて離婚請求をしたものの、相手に応じてもらえない場合は、弁護士を雇うことで本気度を見せ、離婚に応じてもらえるようになる可能性もあります。

実際に、カケコム登録弁護士の中には、離婚に応じてくれない相手を納得させるために弁護士を雇い、弁護士が代理で交渉したことで相手に離婚に応じてもらえた事例を持つ弁護士がいます。

カケコムでは、相談内容を入力するだけで、男女問題に強い弁護士から連絡が届くサービスを提供しています。もちろん、相談は無料です。

「相談したいが電話する勇気が出ない」「第三者からのアドバイス、仲介が欲しい」「文字にして状況をまとめたい」「自分のペースで相談がしたい」という方はお気軽に、下のボタンから連絡してみてください。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

特定の弁護士にメールで相談したり、すぐに電話で相談することもできます。個別相談をご希望される方は、お住まいの地域の弁護士を探してみてください。 

反対に妻や旦那から冷められた場合の対処法は?

一方で、妻や旦那から冷められたと感じる場合は、どのような対処法を取っていくと良いのでしょうか?

妻や旦那が自分に冷めた理由を予想して直す

妻や旦那から冷められたと感じていて、旦那や妻に冷められる理由に心当たりがある場合は、それを直すよう努力してみましょう。

直すことができて、旦那や妻の態度が良い方へ変化すればそれで良いですし、もしそれでも相手の態度が変わらないのであれば、次の対処法を試してみましょう。

妻や旦那に、自分に冷めた理由を聞く

妻や旦那から冷められたと感じる場合は、直接本人になぜ冷めたのかを聞くのが良いでしょう。

妻や旦那から冷められた理由に心当たりがある場合でもそれが違うことも考えられますし、自分の中でどんどん悪い理由を考えてしまい、自分自身を必要以上に責めてしまうことが考えられるからです。

食卓を囲んだあとに「5分だけいい?」といったような形で話せる時間を設けて、「ちゃんと直したいと思っているから理由を聞かせてほしい」と真摯に向き合うと相手も本当の理由を言ってくれやすいかもしれません。

このときに感情的になってしまうと相手が心を閉ざしてしまう可能性も考えられるので、冷静に保てるよう意識しておきましょう。

別れることもひとつの手段

妻や旦那から冷められたと感じる場合で、その状況に耐えられない場合、離婚することも選択肢のひとつでしょう。

状況を改善し、夫婦仲を修復するのもひとつの方法ではありますが、あなたが無理をしすぎて徐々に病んでいってしまったり、自尊心が低くなっていってしまうなら、離婚をして別の道を歩いていく方が良い場合もあります。

もし離婚をしたいと考えていて、どのように離婚の話を進めていくべきか分からなかったり、財産分与や養育費等の離婚条件を自分に有利にしたい場合は、弁護士に相談してみることもおすすめです。

カケコムには無料相談を受け付けている弁護士も登録していますので、お気軽にご相談ください。

旦那や妻が冷めたと感じたときの対処法のまとめ

 旦那や妻の態度が冷めた理由には、様々なものが考えられます。まずは自分の行動を振り返り、旦那の態度が冷めた理由に心当たりがないか、自分に改善できそうなことはないか、考えてみましょう。

旦那の態度が冷めた理由によって、その後のあなたのすべき行動や対策も異なってきます。困った際には、周りにも助けてもらいつつ、まずは旦那の態度が冷めた原因を探ってみましょう。

夫婦間トラブルへの対処法についてもっと知りたい方はこちら

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費