カラオケに行くのは不倫?|カラオケの証拠は不倫の証拠になる?

最近はカラオケで不倫する人がいると聞きます。カラオケ店には防犯カメラや監視カメラがあり、他の人から見られている場所で不倫などできるのでしょうか。既婚者がカラオケで不倫をしようとする理由や、パートナーのカラオケ不倫を疑ったときの対処方法、証拠の集め方をご紹介していきます。

不倫(285)男女の事故・トラブル(1315)
目次

既婚者がカラオケに行くのは不倫になる? 

カラオケ不倫という言葉があります。
 
カラオケの個室内で男女の関係になってしまうというものです。
 
カラオケの個室内にも防犯カメラや監視カメラがついています。
 
まさかそんなところで関係を持たないだろうと思いがちですが、中にはそんな人もいるようです。
 
既婚者が異性と二人きりでカラオケにいくのは不倫の証拠になるのでしょうか。

カラオケで不倫をする理由

カラオケの個室内には防犯カメラや監視カメラがついており、個室内の様子はスタッフに監視されています。
 
不倫はカラオケ店にとっては迷惑な行為ですので、監視カメラで覗いているスタッフがコールを掛けて防止しているところもあるようです。
 
それでもカラオケ不倫をしようとする理由はどこにあるのでしょうか。

カラオケで不倫する理由(1) 個室なので距離を縮めやすい

カラオケの個室は防音の関係か窓もなく昼でも薄暗く、部屋も狭くできていることが多いです。

デュエットなどを歌おうと誘えば簡単に(物理的にも)二人の距離を縮めることができます。

カラオケで気分がよくなったり、アルコールを飲みながらだと更に不倫になりやすい雰囲気になってくるでしょう。 

カラオケで不倫する理由(2) 金額が安い

カラオケで不倫するカップルがいるのは、ラブホテルよりも値段が安いということもあります。
 
カラオケ不倫で多いのは夜よりも昼といわれています。
 
昼はサービスタイムとして同じ値段で長時間利用できたり、値引きされているところもあります。
 
不倫カップルは昼はカラオケで、夜はホテルでと使い分けている人もいるようです。

カラオケで不倫する理由(3) 誘いやすい

カラオケの個室は防犯カメラが置かれていることから、誘われる側も安心して軽くOKしてしまう人も多くなっています。

誘う側も「ホテルへいこう」と言い出すよりも「カラオケいかない?」という方が誘いやすいものです。

カラオケに行くのは不倫になる?

カラオケで実際に不倫関係の男女が密会することはあるようです。
 
既婚者の男女がカラオケに行くのは不倫の証拠として使えるのでしょうか

カラオケに行くこと自体は不倫にならない

不倫は法律的にいうと「不貞行為」です。

不貞行為とは「性行為及び性交類似行為」をいいます。

カラオケに行って性交渉等があって初めて不倫といえることになります。

不倫の証拠=性交渉等を証明できる証拠

不倫の証拠も性交渉等の証拠である必要があります

不倫が性交渉等を指すためです。

 

カラオケに行った証拠だけでは不倫は証明できない

二人きりになれる個室であっても、カラオケに行っただけでは不倫している(性行為があった)と証明することは難しいでしょう。

不倫の証拠として使用するならカラオケではなく、

  • 性行為目的であるとされる宿泊施設(ラブホテル・レンタルルームなど)に入っていく映像
  • 本人が「カラオケに行ってセックスをしました」などと自白している録音

であれば証拠として不倫の証明できる可能性が高まります。

不倫を疑ったときの対処法

パートナーがカラオケ不倫をしているかも。
 
でも、カラオケにいっただけでは不倫の証拠にはなりません。
 
パートナーの不倫の証拠収集をしたいときは、どうしたらいいのでしょうか。

不倫を疑ったときの対処法(1) 素人の調査にはリスクがある

パートナーが自分以外の異性と二人きりでカラオケに入っていくのを目撃したり、仕事をしているはずの昼に利用したカラオケのレシートがでてきたとき、不倫の疑いを持つことも多いでしょう。
 
しかし、素人が自分でカラオケ不倫から浮気の証拠収集をするのは難しいです。
 
下手をするとプライバシー侵害などにより自分の方がカラオケ店や浮気相手から訴えられてしまうことも考えられます。
 
カラオケ店の個室内部にカメラを仕掛けたり、個室内を隠し撮りしたりすることは違法行為です。

不倫を疑ったときの対処法(2) 探偵に調査を依頼する

パートナーの不倫の疑いがあり、浮気の証拠収集をするなら探偵に依頼しましょう。
 
相手は証拠収集のプロですので何が有効な証拠かを知っています。
 
また、違法な調査のリスクを避けることも可能です。
カラオケに限らず、探偵は不倫関係にあると証明できるさまざまな証拠を集めてくれます

不倫を疑ったときの対処法(3) 弁護士に相談する

パートナーに不倫の疑いがあるときは探偵に依頼するとともに弁護士に相談しましょう。
 
証拠収集できた後に離婚や相手への慰謝料請求をしたいと思うならなおさらです。
 
夫婦関係を修復する場合にも、二度と不倫しないよう約束させたい人もいるでしょう。
 
パートナーや不倫相手に対して法的に通用する「誓約書」を作成するにも弁護士に依頼すれば確実です。

カラオケに行くのは不倫?|カラオケの証拠は不倫の証拠になる?のまとめ

カラオケ不倫やその理由、不倫証拠として通用するかどうかを見てきました。
 
カラオケは歌う場所であることから、たとえ個室であってもカラオケ店内に入る写真は不倫の証拠として使うのは難しいということがわかりました。
 
リスクを負わず不倫の証拠集めをするには探偵に依頼するのが一番です。
 
また、不倫の疑いがあるなら探偵と共に弁護士にも相談して、離婚や慰謝料について前向きに考えていきましょう。

探偵に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部