カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
労働 労働問題

労災認定されると具体的にどうなるのか?受けられる補償について解説します!

労災認定されると、実際にどんな補償を受けることができるのかご存知でしょうか。意外と知らない労災について詳しく解説していきます。労災が認定されるとどんなメリットがあり、補償があるのかを知りましょう。また、労災が認定されるまでの流れについてもご紹介します。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

 

労災認定されると?具体的なメリットとは? 

労災が認定されると、具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか。3つの大きなメリットを解説します。

労災認定されると(1) 労働災害の治療を補償

労災が認定されると、業務中の怪我や事故などで負った怪我や病気の治療を補償してくれます
 
治療費がどれくらい補償されるかはその時の状況により異なりますが、労働災害の治療を補償してくれるのはありがたいですね。実際に労働災害の治療を補償してもらうケースは多くあります
 

労災認定されると(2) 賃金の補償

会社が突然倒産してしまったり、突然解雇になってしまうなどの場合、労災が認定されると賃金を補償してくれます
 
この際も、どの程度まで補償してくれるのかは状況によりますが、予想できない会社の経営悪化などの場合には非常に役立ちます。労働者の生活を最低限補償してくれる制度と言えるでしょう。
 

労災認定されると(3) 労働基準法の規定に沿ってその他様々な補償

その他にも、労災が認定されると労総基準法の規定に沿って様々な補償を受けることができます。
 
業務に必要な物品を紛失するなど様々な状況で労災は役に立つかもしれません。どんな場合でも労働基準法の規定によりますので、補償が受けられないこともあるので注意してください。
 
 

労災認定されると受けられる災害補償とは?

労災認定されると受けられる、災害補償とはどんなものがあるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

労災認定されると受けられる補償(1) 療養補償 

労災認定されると受けられる補償には、療養補償が含まれます。療養補償とは、仕事の業務中に怪我や病気になってしまった際の医療費・治療費を補償することです。
 
仕事中の損害であれば多くの場合、労災により療養補償を受けることができるでしょう。業務中に負傷した場合は労災を確認してください。
 

労災認定されると受けられる補償(2) 障害補償

仕事中・業務中に負傷し、その際に何らかの形で身体的に障害を負った場合には、障害補償として労災を受けることができます。
 
障害の程度も様々あるかと思いますが、まずは一度労災を確認してみましょう。障害により仕事を続けられる場合も、続けられなくなった場合も受けることができます。
 

労災認定されると受けられる補償(3) 休業補償

休業補償とは、仕事中・業務中に追った怪我や病気が原因で休業しなければいけなくなった場合の補償です。
 
身体的に回復し、職場へ復帰できるまでは休業が必要になりますが、回復するまでにかかった日数分だけ補償を受けることができます。毎月の賃金によって補償内容も変わりますので、一度確認してください。
 

労災認定されると受けられる補償(4) 遺族補償

労働者が業務中に死亡した場合には、遺族が労災を受け遺族補償として受け取ることができます
 
勤務中・業務中の内容が理由で死亡した場合になりますので、原因が持病などである場合には労災は認定されませんので注意しましょう。遺族とは配偶者や両親、兄弟など身近な親族であることがほとんどです。
 

労災認定されると受けられる補償(5) 葬祭費用

労働者が業務内容が原因で死亡した場合、葬祭にかかった費用を労災から補償してもらうこともできます。
 
補償を受けるのは、労働者の親族や、親族がいない場合には友人や知人など葬祭を行った人に支払われます。労災認定されて受け取れる葬祭費用は予め定められているので、葬祭にかかった費用にかかわらず一定の金額を受け取ることができます。
 

労災認定されるまでの流れ

実際に労災が認定されるには、どんな流れになるのでしょうか。労災が発生し、認定されるまでの流れを確認します。

(1) 労災の発生|労災指定病院で診察を

労災が発生した場合、まずは労災指定病院で診察を受けましょう。職場や自宅から最寄りの労災指定病院を、診療科目から探して受診してください。労災指定病院では診察を無料で受けることができます
 
もし労災指定病院以外で診察を受けた場合には、後から診察費を請求することもできます。
 

(2) 労働基準監督署にて労災の申請|会社の意思は必要ない

労災を申請する際には、労働基準監督署で行います。労災の申請は会社で行うものと思っている人が多いですが、実際には労災を受ける際に会社はほとんど関係ありません。
 
また、会社の意思は必要ありませんので会社に確認を取る必要もないでしょう。必要な書類などは会社ではなく労働基準監督署に問い合わせるのがスムーズです。
 

(3) 労災の認定、されない場合は再申請

労災を申請し内容が認められれば、認定となり補償を受けることができます。また、この際労災が認定されない場合もありますので、そういった場合にはもう一度再申請をすることも可能です。
 
労災が認定されないのは、書類が不十分であったりすることもよくあります。内容を確認し、再申請すると認定されることも多くあります。 
 
 

労災に関わる問題は労働問題に強い弁護士へ相談を!

労災に関しては様々な取り決めがあり、複雑です。スムーズに労災が認定され補償を受けることができればいいですが、自分だけではうまく申請できないことも多いかと思います
 
そういった場合には、迷わずに弁護士に相談するのがベストです。知識が豊富な弁護士に依頼することで、安心して労災を申請するこができるでしょう。
 
また、弁護士はできるだけ労働問題に強い弁護士に依頼するのがおすすめです。労災の補償を確実に受け取るためにも、経験豊富な弁護士を味方に付けると心強いです。
 

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

災認定の基準について知りたい人はこちらも合わせて読んでみてください

 

労災認定されると具体的にどうなるのか?受けられる補償について解説します!のまとめ

  
労災が認定されると様々な補償を受けることができますが、実際に補償を受けるまでには様々な手続きが必要です。
 
労災を受ける際には心身共にダメージを負っていることも少なくありませんので、お任せできる弁護士に依頼するのが良いでしょう。
 
かかった治療費などは全て請求できることもあるので、清算できるよう資料は残しておいてください。労災に関わる問題は自分一人で解決しようとせず、まずは弁護士へ相談してみましょう

思い当たる状況があれば、いち早く弁護士に相談し、どのような法的問題が発生し得るか・どのように対応すべきかを確認するのも一つの手です。

 

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費