カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 男女問題

不倫相手と会う頻度ってどれくらい?〜不倫相手と会う頻度の理由と一般的な頻度について〜

不倫相手と会う頻度はどれくらいなのでしょうか。不倫している人達にしてみれば、相手と会う約束を取り付けて一刻も早く会いたいと思いますよね。会う頻度が多いほどより親密な関係になるといった、不倫相手と会う頻度と関係性の因果関係もチェックして対策を検討しましょう。

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

不倫相手と会う頻度はどれくらい?

不倫相手と会う頻度が多くなれば、それだけ不倫がバレるリスクも高くなるでしょう。
 
むやみに回数を増やすわけにもいかないので不倫相手と会う頻度を少なくする必要性がありますが、その間不倫相手と会いたくても我慢しなければなりません。
 
不倫がバレるリスクを承知で不倫相手と会う頻度を多くするか、お互いの為に会う回数を少なくするかなどを決める必要性があるでしょう。
 
どのくらいの頻度で不倫相手と会うのがベストなのか、その時の状況でいくらでも変わりますね。

不倫相手と会う頻度〜回数とその理由〜

不倫相手と会う頻度・回数はどれくらいが多いのでしょうか。
 
なぜその回数なのか、様々な理由をご説明します。

不倫相手と会う頻度(1) 月1回以下

不倫相手と会う頻度が月1回までの場合、相当慎重に不倫を繰り返していると考えられます
 
不倫相手と会う頻度を高くしたいはずですが、ここまで少ない回数なのはお互いに不倫がバレないようにするため・そして長期的な関係を築くためでしょう。
 
通常の恋愛でも言えることですが、相手を束縛しすぎるとお互いにストレスになります。
 
しかも不倫とは二重生活、互いの生活を尊重できる相手だと関係を継続しやすいと思われます。

不倫相手と会う頻度(2) 月3〜4回、1週間に1回程度

不倫相手と会う頻度が月3~4回、1週間に1回程度の人が多いようです。
 
回数を多くすると不倫がバレるリスクが高くなりますが、その分不倫の満足度も高くなります。

不倫相手と会う頻度(3) 月7〜10回、3日に1回程度

ここまでの回数ともなれば、もはやお互いの家庭のどちらかが時間に融通が利く状況だといえるでしょう。
 
同じ会社に勤めていたり、片方が専業主婦でもう片方が自由に時間が割ける場合など、状況は様々です。
 
当然1週間に1回の回数よりも不倫がバレる可能性が高くなります。

不倫相手と会う頻度(4) 月15回、2日に一回程度

不倫相手と会うのが月15回、2日に1回の頻度の場合、これは特殊な環境下にのみ限られるでしょう。
 
毎日同じ職場で顔を合わせている・不倫相手が会社近くに住んでいる・会社に泊まることが普通だと、仕事帰りに不倫をすることも容易にできますし、配偶者にバレる可能性も低いです。
 
不倫がしやすい環境下であれば、自然と不倫をする回数も多くなるようです。

不倫相手と会う頻度(5) 〜月30回、ほぼ同棲に近い

不倫相手と会うのが月30回、ほぼ毎日ともなれば、別居・単身赴任している場合などに限られます
 
配偶者と別で暮らしていれば自宅に堂々と不倫相手を泊まらせることができますね。
 
しかし、別居中であっても不倫はいけないことなので、できれば早めに解消しましょう

一般的な不倫相手と会う頻度は?

不倫相手と会う頻度は人によってそれぞれですが、いったいどれくらいの頻度で会う人が多いのでしょうか?

不倫相手と会う頻度はこれが多い(1) 月1~2回

不倫相手と会う頻度は、月1回か2回が一番多いようです
 
もちろん不倫が配偶者などにバレるリスクも想定してのことですが、あまり会う頻度が多くなるとお互いに疲れてしまうでしょう。

不倫相手と会う頻度はこれが多い(2) 週に1回

週末だけ不倫相手と会うという方もいます。
 
週に一度だけなら、「週末は会社で飲み会がある」などと言い訳をしても疑われないと考えるようです。
 
会う頻度が増えるとバレるのではないかという恐怖心から週に1回程度しか会わない人も多いようです。

 不倫相手と会う頻度が高いから…?外出頻度が妙に高く不倫が心配な時は

不倫されている側としては配偶者が外出する頻度が高くなると不倫しているのかと疑わしくなりますよね。
 
そんなときにはどうすればいいのでしょうか。

外出する頻度が高く疑わしい(1) 自力で調査する

もしも配偶者が外出する頻度が高く、疑わしいと思ったらまずは自力で尾行や録音、撮影などの調査方法も考えられます。
 
バレないように尾行すれば配偶者がどこに行くのかが分かりますし、
もしかしたらホテルに入る瞬間などの不倫の決定的証拠を掴むことができるかもしれません
 
しかし、不倫を確かめるためといっても、行き過ぎた行動確認はプライバシーの侵害になる可能性もあるので、あまりお勧めできません。
 
加えて、素人ではどんな情報が証拠になるのか判断が難しいという障壁もあります。
後述のように尾行を初めとした調査は専門家である探偵に依頼するのがよいでしょう。

外出する頻度が多く疑わしい(2) 会社の共通の知り合いに話を聞く

会社の都合で出張になるのは珍しくありませんが、月に何度も出張を繰り返していると疑わしく感じてきますよね。
会社に泊まり込みでの残業なども同様です。
この場合、出張や外泊頻度が多くて怪しく感じたら、会社の共通の知り合いなどに事実関係を確認してみましょう
もしもそういった事実がないことが判明したらショックかもしれませんが、ほぼ不倫していると思っていいでしょう

外出する頻度が高く疑わしい(3) 探偵に依頼

もしも配偶者の外出が多く、周囲からも証言が取れ、もしかしたら不倫しているかもしれないと思ったら

探偵に相談することをおすすめします。

自分で相手を尾行するといっても限度がありますし、どの情報が不倫の客観的な証拠になるのかもプロなので間違えることがありません。 
探偵への依頼で、不倫関係がある場合は決定的な証拠を確実に集めることができます
不倫の事実がなければそれはそれで安心できますし、本当に不倫していたとなればこちらにも様々な対策を講じることができるでしょう。
 
そのため探偵に証拠集めの依頼をすることをおすすめします。 弊社がご紹介する「タントくん」は、相談員に電話して状況や予算を話すことで自分に合った探偵を探してもらえるサービスです。
 
「いきなり探偵社に直接電話するのは気がひける」
「匿名でまずは探偵を雇う必要があるのかを聞きたい」
「探偵社をいくつか比較検討したい」などのご要望に答えてもらえます。
 
そのため探偵に証拠集めの依頼をすることをおすすめします。 

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

不倫相手と会う頻度ってどれくらい?〜不倫相手と会う頻度の理由と一般的な頻度について〜のまとめ

いざ不倫相手と会うとなっても、会う頻度が多いとバレるリスクも当然高くなります。
対して不倫されてる側としては、配偶者が妙にそわそわしてたり、
外出する頻度が多いと感じたら、探偵に依頼するなどの対抗策を実行するのが得策です。
不倫の事実がなければ安心できるので、まずは探偵に依頼して事実を掴んでみましょう。
初めての探偵探しには不安がつきものです。いきなり依頼するのでなく、優良な探偵を探すところから始めましょう。

(無料)簡単!自分に合った探偵へ相談する

また、探偵によって不倫が確信に変わったら弁護士に相談しましょう。不倫などの夫婦間における貞操義務違反が認められる場合、

自身の配偶者だけでなく、不倫相手にも高額の慰謝料を請求することができる可能性が高いです。

裏切られ、自分だけが泣き寝入りするのでは割りに合いません。

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

弁護士からの連絡を待つ

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費