浮気 男女問題

不倫相手が浮気してた!?二人と浮気する心理7つ

不倫相手が浮気しているケースは珍しくありません。配偶者以外に二人以上の不倫相手を作る人の心理は、果たしてどういったものなのでしょうか?この記事では、不倫相手が浮気をする心理とどちらが本気かを見抜く方法をお伝えします。

不倫相手が浮気してた!二股浮気する心理7つ

もし不倫相手が浮気をしていたことが発覚したら、妻という立場ではないあなたはどんな対応をしますか?

不倫相手を責める人もいれば、自業自得だと悲しむ人もいることでしょう。不倫には離婚や慰謝料などの高いリスクが生じることは覚悟の上だと思いますが、二股浮気となればそのリスクは倍以上です。そんなリスクを抱えながらも二股浮気をしてしまうのはなぜでしょうか。この記事で不倫相手が浮気をする心理と、本気かどうか見極める方法を事前に知っておくことで、今後そのような状況になっても慌てずに対処出来るはずです。

まずは不倫相手が浮気する心理や本音について、見ていきましょう。

 

二股浮気をする心理(1) どっちもキープしておきたい

不倫相手にとって配偶者以外はみんな似たような存在であることも多いでしょう。

基本的に不倫を始める人は私生活が満たされていなかったり、他で恋愛をしてみたくなったりという思いから不倫に走ります。不倫相手を本気で愛する気はさらさらないため、いってしまえば不倫をするのは誰でもいいのです。

二股浮気を続ける人は不倫相手どちらもキープしておきたいため、どちらか一方に絞るなんてことはしません。

 

二股浮気をする心理(2) すごくさみしがり屋

基本的に不倫をする人には寂しがりやという共通点があります。配偶者との生活が上手くいっておらず、外でその寂しさを埋めるために浮気に走ってしまうのです。もしその不倫相手と会う時間も限られているのであれば、その空いた時間を別の相手にあてようと考えます。

このような人はとにかく寂しがり屋のため、たくさんの女性に会うことでその寂しさを解消しようとしているのです。

 

二股浮気をする心理(3) 浮気は恋愛程度だと考えている

不倫相手が浮気をするのは、浮気=恋愛程度に考えているためです。

夫婦生活が落ち着くほど、結婚生活では味わえない刺激やドキドキ感を味わいたいと浮気願望が膨れ上がります。配偶者以外は全て恋愛感覚ですから、色んな人と楽しみたいがために何人もの人と不倫関係になってしまうのです。

異なるタイプの人とそれぞれ違う楽しみ方をしたいから何人かと不倫をする、という意見もあります。

 

二股浮気をする心理(4) 「片方にバレてもまだもう片方がいる」という安心感が欲しい

普通は不倫が発覚しても相手は一人だと考える人がほとんどです。そのため片方の不倫が配偶者にバレたとしても、「別にもう一人いる」という安心感が欲しいため、一人以上の人と関係を持とうとします。

不倫相手がいなくならないようにと保険をかけているのです。

 

二股浮気をする心理(5) 片方とはそろそろ別れようと思っているから

不倫相手が浮気をする理由に、「今浮気している人と別れることを決めたから新たに不倫相手を作った」というパターンもあります。

複数の人と同時に不倫を楽しみたいというよりは、常に誰かと関係を持っていたいタイプです。

 

二股浮気をする心理(6) 不倫関係の人が多いに越したことはないと思っている

「一人でも多くの人に自分を必要としてもらいたい」「たくさんの人に愛されたい」という願望がある人は、不倫関係の人数は多ければ多いほどいいと考えます。

このようなタイプの人は常に自分を愛してくれる人を求めている、愛情に飢えた人なのかもしれません。

 

二股浮気をする心理(7) 女好き

自分の不倫相手が二股浮気をする理由としては、ただ単純に女好きで、本能のままに気になる女性と関係を持ってしまうという可能性もあります。

女好きの人の場合、相手の女性もそれを承知で浮気をしていることが多いため、お互い本気になることは少ない傾向にあります。

 

 

不倫相手が浮気!どっちが本気なの?

不倫相手の浮気が発覚した場合、自分と浮気相手、果たして本気だったのはどちらなのでしょうか?

ここでは二股浮気でよくあるケースを2つ、ご紹介します。

 

そもそも両方遊び

相手にはそもそも結婚しているパートナーがいるのですから、不倫関係にある人は全員遊びという場合が一般的です。

配偶者を捨てて不倫相手に本気になる人もいるにはいますが、そのようなケースがごく稀です。「ちょっと刺激が欲しいから」「最近欲求不満だから」などという軽い理由であることがほとんどなのです。

 

性交渉以外の付き合いもある方が本気

不倫をする多くの人の目的は性交渉です。そのため自分と浮気相手のどちらが本気なのか見極める方法としては、性交渉以外にも様々なことをしている方が本気といえます。

例えば誕生日やクリスマスなどのイベントの日を一緒に過ごしてくれたり、旅行に行ったり、ただ会って話すだけの日もあるなど、性交渉を目的に会っていないのであれば本気の可能性は高くなります。

 

 

不倫相手が浮気!どっちが本気か見抜く方法

 

ここからは不倫相手が浮気をしていた場合、自分と浮気相手のどちらに本気なのか見抜く方法を詳しくご紹介します。

自分が相手にとってどんな存在なのか、一度冷静に考えてみましょう。 

 

どちらが本気か見抜く方法(1) セックス以外に何かしているか

まずは不倫相手と会ったときに、セックス以外にどんなことをしているか思い出してみて下さい。

二股浮気をする人は、浮気相手はセックスをする相手だと考えているケースが多いです。そのため自分に本気かどうかを見抜くためには、セックス以外に何かしているかどうかが重要になります。イベントの日に家族ではなく自分と会ってくれたり、悩んでいるときは話を聞いてくれたりしていれば、不倫関係といえど、あなたのことを大切に思ってくれていることが分かりますね。

 

どちらが本気か見抜く方法(2) 気遣ってくれているか

あなたの不倫相手は、あなたと会う時間や場所、帰る時間など、きちんと気遣ってくれていますか

不倫をする人は自分勝手な人が多い傾向にあります。特に本気の相手でない場合は、その傾向は顕著に表れます。もしあなたが相手の都合に全て合わせて、いつも我慢している状況であれば、相手があなたのことを本気で思ってくれている可能性はかなり低いと言えるでしょう。

 

どちらが本気か見抜く方法(3) 不倫期間はどれくらいか

不倫の期間も不倫相手が自分に本気かどうかを見極める重要なポイントになります。

結婚とは違って不倫は、飽きたり自分が忙しくなればすぐに関係を切ることができます。もし長期間不倫関係が続いているのであれば、自分は相手にとって必要な存在であることは間違いありません。

しかし本気という訳ではなく、ただ単に不倫の関係が丁度いいと思われている場合もあるため、期間だけは本気かどうかの断定は難しいこともあるでしょう。

 

 

不倫相手が浮気していた場合の対処法

不倫関係といえど、大好きな相手が浮気をしていたとなれば、少なからずショックを受けることでしょう。

そのような場合どうすればいいのか、対処法をお伝えします。

 

不倫関係を解消する

不倫相手が浮気をしているのが耐えられないのであれば、不倫関係を解消するしか方法はありません。

通常の夫婦関係であれば離婚や慰謝料の問題があるため、弁護士や探偵への依頼をおすすめしますが、不倫関係の場合はなかなかそうもいきません。自分も不倫という立場にある以上、慰謝料請求は基本的に認められませんし、弁護士や探偵に相談したところで、立場が悪くなるのは自分だからです。事を大きくすれば最悪の場合、自分が慰謝料請求をされてしまう可能性もあります。

我慢して関係を続けるか、一思いに別れるか、決断しましょう。

 

ただし、状況によっては弁護士や探偵に相談することで、悩みが解決するケースもあります。最近は初回無料相談を行っている事務所も多くありますので、悩んだらまず一度相談してみるのも一つの手かもしれませんね。(詳しくは次の項目にて解説します。)

 

相手の行為が悪質な場合は弁護士に相談を

不倫相手に浮気されたとしても、配偶者でない以上、慰謝料請求は基本的にできません。しかし、相手が既婚者であることを隠して交際していたり、婚約をしていたような場合には、慰謝料請求をできる場合もあります

相手の行為が悪質な場合には、弁護士に相談してみましょう。

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けています。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

 

 

不倫でお悩みの方はこちらの記事もご覧ください

 

 

不倫相手が浮気してた!?二人と浮気する心理7つのまとめ

今回は不倫相手が浮気をする心理と、どちらが本気か見抜く方法をご紹介しました。

不倫相手が二股をかける相手と自分、どちらが本気か知りたいのであれば、まずは普段の不倫相手の行動をよく思い返してみて下さい。本気かどうかの判断基準として明確なのは「性交渉だけのために会っているかどうか」ということです。

また、不倫相手との今の関係に悩んだ場合、あなたが不倫相手の結婚相手でない以上、慰謝料を請求することは通常できません。そのためほとんどのケースでは、あなたが我慢して不倫関係を続けるか、別れることを選択することになるでしょう。

ただし、自分が不倫相手の配偶者から訴えられた場合や、相手の行為が悪質な場合には、弁護士に相談することも一つの方法です。初回無料相談を行っている事務所も多くありますので、検討してみてください。

不倫関係に悩んでいる方がこの記事を読んだことで、今後自分が幸せになるための判断が出来ることを祈っています。

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けています。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費