浮気 男女問題

既婚者との食事は浮気になる?浮気を疑われた場合の対処法3選

既婚者であっても異性と食事に行く機会というのはゼロではないですよね。自分は浮気じゃないと思っていても、異性と二人きりで食事に行くことを配偶者は浮気と捉えるかもしれません。既婚者が異性と食事に行くのは浮気なのか、浮気の定義とは何なのかについて考えていきましょう。

探偵を見つけるにはコチラ

既婚者が異性と食事に行くのは浮気になるか

浮気の定義というのも人によって違うと思いますが、既婚者が異性と二人きりで食事に行くのはどうでしょうか。
 
既婚者でも異性と接することはあるでしょうし、アプローチをされる可能性だってあります。
 
既婚者の場合、二人きりで食事に行くと浮気になるのでしょうか。

離婚や裁判などの問題にならないように、ボーダーラインについて知っておきましょう。

法律的な観点からみると、浮気の定義はきちんと決まっていますが、個人的な感情で見ると浮気の定義というのは人によって違います。

そもそも浮気の定義は男女で違う

浮気の定義は、特に男性と女性で違いが出ることが多いといわれています。
 
男性の場合は体の関係を持った時点で、女性の場合は心変わりした時点で浮気であると考えることが多いです。
 
人によっては、異性と二人きりで食事に行っただけでも、「食事以外にも何かあったのでは」と疑ってしまって浮気だと思う人もいます。

された側が浮気かどうかを判断する

既婚者なのに異性と食事に行かれて浮気だと思って悩んでいるという人もいます。 

その反対で既婚者で異性と食事に行った側の人が「もしかして浮気になるの」と悩むこともあるでしょう。
 
食事に行く側は何とも思っていなくても、行かれた側は「食事以外にも何かあったのでは」と疑ってしまうことも多いものです。
 
浮気の定義は人によって違いますが、基本的に浮気かどうかを判断するのはされた側です。
 
何もなかったとしても食事に行かれたことが浮気だと感じ、嫌だったのであればそれは浮気なのです。
 
浮気をされた側は、「疑ってしまう自分の心が狭いのでは」と落ち込む必要はありません。
 

既婚者だけど異性と食事に行って浮気を疑われた場合

既婚者であっても仕事の付き合いなどで異性と食事に行く機会もあるでしょう。
 
もし、それをパートナーに浮気だと疑われてしまった場合、どうすれば良いのでしょう。

浮気を疑われたら(1) 嘘をつかず経緯を話す 

既婚者だけど仕事で異性と二人で食事しなければならない機会がある場合は、嘘をつかずに正直に伝えましょう。

心配をかけたくないからと嘘をつくと、もしばれてしまったときに浮気が疑われて逆効果になってしまいます。
 
異性と二人きりで食事に行っても、事前にきちんと伝えてください。

食事が終わってまっすぐに自宅に帰ればパートナーも浮気を疑うことはないでしょう。

浮気を疑われたら(2) パートナーに相手を紹介する 

仕事の都合で既婚者だけど異性と二人で食事しなければならないことが多いのであれば、事前にパートナーに紹介しておくというのも良い方法です。

きちんと紹介しておけばどんな人かも知れてパートナーも安心できるでしょう。
 
仕事相手とパートナーが仲良くなればより良いといえます。

二人きりで食事に行かなければならない時も説明しやすいです。

浮気を疑われたら(3) 性交渉をしていないことを示す

既婚者でも二人きりで食事に行くだけでは不貞行為にはなりません。

しかし、性交渉をすれば話しは違ってきます。
 
性交渉をすれば、不貞行為として裁判上の離婚事由にもなります。
 
パートナーが傷つくのは当然ですし、子供がいる場合はさらに傷つけることになります。
 
浮気相手の家族も悲しむでしょう。既婚者としての自覚を持って異性と食事に行かなければなりません。

既婚者で相手に異性と食事に行ってほしくないなら

パートナーが異性と二人きりで食事に行っていると、浮気をするのではないかと不安になる人も多いと思います。

既婚者が異性と食事に行っても浮気にならない予防策を見ていきましょう。 

嫌なら嫌だと伝える 

1番ストレートな方法ですが、異性と食事に行かれるのは嫌だということをきちんと伝えましょう。

仕事の場合は仕方ないかもしれませんが、あまりに頻繁に食事に行っているというような場合、浮気を疑ってしまっても仕方ありません。
 
相手は悪気がないということも考えられます。

異性と二人きりで食事にあまり行かないで欲しいと伝えてください。

異性で二人きりで食事に行かない約束をする

既婚者が異性と食事してはいけないという決まりはありません。 

しかし、仕事でもないのに異性と二人きりで食事に行かれていい気分は当然しないですよね。

浮気予防のためにも、複数では良いけれど異性と二人きりでは食事にいかない、もしも行くのであれば誰と行くかをきちんと伝えるようにするなど、事前に約束ごとを決めておくことをおすすめします。

本当に食事だけだったのか探偵に調査してもらう 

既婚者が頻繁に異性と二人で食事をしていると、浮気しているのではないかと気になりますよね。

もしも、怪しいと思うような行動をパートナーがしているのであれば、はっきりさせるためにも安心するためにも探偵に調査を依頼するという方法もあります。
 
探偵に依頼すれば食事に行っていた時間に何をしていたのかも知ることができます。

食事相手の素性を調べることも簡単にできます。 

探偵を見つけるにはコチラ

浮気が気になる方はこちらの記事もおすすめ

既婚者との食事は浮気になる?浮気を疑われた場合の対処法3選も解説のまとめ

今回は既婚者が異性と食事をすることが浮気になるのか、浮気の定義とは一体何なのかについて説明していきました。
 
法律上、既婚者でも異性と二人で食事に行ったからといって浮気ということになりません。
 
しかし、パートナーは嫌だと思っているのであれば、それは控えるべきです。
 
浮気の定義というのはそれぞれ感じ方によって違ってくるものなので、パートナーの気持ちを尊重するようにしましょう。
 
もし、食事だけなのかどうか怪しいということであれば、探偵に相談するのがおすすめです。
 
ぜひ証拠を掴んで有利に立ちましょう!
 

探偵を利用するのがはじめてでわからないという人は探偵紹介サイトのタントくんに相談して、信用できる探偵を探し浮気の証拠を集めましょう。

タントくんでは経験豊富な専任の相談員がまずは相談者の方のお悩みをお聞きします。その内容や状況から相談者一人一人に合った探偵社を紹介してくれるというサービスです。

探偵を見つけるにはコチラ

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費