不倫相手の奥さんが妊娠したら|この際不倫やめませんか?

不倫相手の奥さんが妊娠したと知ったとき、あなたはどんな気分になるでしょうか。嫉妬や怒り、絶望でしょうか。不倫相手の奥さんに子供ができたときこそ不倫をやめるときかもしれません。その理由と実際に不倫をやめる方法や妊娠した不倫相手の奥さんから慰謝料請求されたときの対処方法をご紹介します。 

目次

弁護士に相談する

不倫相手の奥さんが妊娠したら、別れるべき?

不倫相手の奥さんが妊娠したらひどくショックを受けるでしょう。
 
自分と親しくしながらも奥さんともしっかり妊娠するような事実があるとわかってしまうから。
 
子供ができたら不倫相手の気持ちがさらに奥さんと妊娠中の子供に移っていきそうな焦りも感じるでしょう。
 
不倫相手の奥さんが妊娠したときあなたにできるベストな解決策を考えてみましょう。

不倫相手の奥さんが妊娠したときの感情

不倫相手の奥さんが妊娠したら、不倫中の独身女性が抱く感情は大きく分けて3つに分類されます。
 
あなたが「不倫相手に子供ができた」と知ったときはどんな気持ちだったでしょうか。

不倫相手の奥さんが妊娠したときの感情(1) ショック、嫉妬

不倫相手の男性があなたを口説いたとき、奥さんとうまくいっていないとか、奥さんにはもう愛情はないんだなどというようなことをいっていたのではないでしょうか。
 
その言葉が嘘であるかのような「妊娠の事実」をつきつけられ、嘘をつかれていた、奥さんとも仲良くやっていたというショックや嫉妬心という感情が生まれます。

不倫相手の奥さんが妊娠したときの感情(2) 罪悪感

自分の恋人が既婚者であり、この恋は不倫であるとなんとなく頭では理解していても、楽しく付き合っているうちに慣れからか悪いことをしているという気持ちが薄れていく人もいるようです。
 
そんな人は不倫相手の奥さんが妊娠したという事実を突きつけられたとき、改めて「自分は不倫をしていたんだ」「恋してはいけない人だったんだ」という現実を見せられます。
 
自分がしていた不倫を再確認して、罪悪感を感じる人もいます。

不倫相手の奥さんが妊娠したときの感情(3) 騙されたと感じる

不倫相手の男性の口説き文句は、奥さんとは冷めた関係なんだと強調して「自分は愛に飢えている」と女性の優しさに訴えてくることもあったでしょう。

不倫相手の奥さんの妊娠によって、その言葉が嘘であったと知り「騙されていた」という怒りを感じる女性も少なくありません。 

不倫相手の奥さんが妊娠したときこそ不倫をやめるべき

不倫相手の奥さんが妊娠したという事実は、あなたにとって悪いことではありません。
 
奥さんが妊娠して子供ができたときこそ、不倫をやめられる踏ん切りがつくチャンスである場合もあります。

不倫相手が奥さんと離婚することはほとんど考えられない

奥さんが妊娠した不倫相手は、離婚する可能性が低くなることが考えられます。

  • 奥さんが妊娠した時点で、家庭を壊してまで不倫相手を選ぶとは思えない
  • 子供ができたことで、子供への養育費が必要になり離婚しづらくなる

不倫を続けてもいつでも性交渉できる相手として良いように使われるだけでしょう。

不倫を続けると不倫相手の家庭を壊すことになるかも

妊娠した不倫相手の奥さんには嫉妬や競争心、羨ましいといったマイナスの気持ちがあるでしょう。
 
でもこれから生まれてくる不倫相手の子供には何の恨みも妬みもありません。
 
妊娠中の子供が生まれ、大きくなって父親が不倫しているという事実を知れば、深く傷つくこととなりかわいそうです。

不倫がバレると信用や評判を失う

不倫をしているというだけでも周りの人にはいえない秘密にしたい行動です。

それが不倫相手の奥さんが妊娠しているのに不倫関係を続けているとわかったら・・・。

  • 「不倫相手の奥さんが妊娠しているのに不倫した女」と批難される
  • 会社での信用を失ったり近所や親戚中で噂される

無駄な時間を過ごしてしまう

独身女性が既婚者との不倫をするのには、大きなデメリットとして「婚期が遅れる」「結婚できない」ことがあります。
 
いつか結婚したい、妊娠して自分の子供を持ちたいと思っているなら、奥さんが妊娠している男性との不倫は無駄な時間を過ごしてしまうことになります。

不倫相手の奥さんから高額の慰謝料請求をされる

もし、妊娠した不倫相手の奥さんがあなたの存在を知ったなら、慰謝料請求されることも十分考えられます。

不倫相手の女性への慰謝料の相場は50〜200万円といわれています。

不倫相手の奥さんが妊娠したこのときが、どちらが自分のためなのか考えてみる良いタイミングとなるでしょう。

不倫をやめる方法

不倫相手の奥さんが妊娠したこの期に不倫をやめようと考えたら、どのように対処していったらよいでしょうか。
 
不倫の上手なやめ方をご紹介します。

不倫をやめる方法(1) 不倫相手の家族のために別れたいということを伝える

奥さんが妊娠した不倫相手との交際をやめるために、あなたが最初に取る行動は「別れたいという気持ちを言葉にする」ことです。
 
妊娠中でこれから生まれてくる子供のために、みんなが傷つく前に不倫をやめたいというあなたの意思を伝えましょう。

不倫をやめる方法(2) 連絡先を消去して一切会わない

不倫相手が暴力を振るうような人であったり、とても口が上手な人で自分の意思がうまく伝えられないという場合もあるでしょう。
 
そんな不倫相手と話し合いで別れるのは難しいです。
 
そういった場合は、奥さんが妊娠したタイミングであなたが連絡先を消して不倫相手と会わなくすることで不倫をやめることができる場合も多いでしょう。

不倫をやめる方法(3) 出会いを増やし新しい恋を探す

不倫相手のあなたへの気持ちが薄く、夢中になっているのがあなたの方であればあなたの気持ちが別の男性に移ればスムーズに不倫をやめることができるでしょう。
 
不倫相手の奥さんが妊娠したというこのタイミングに、もっと別の自分を見てくれる男性との恋愛を探してみましょう。
 
積極的に男性と出会えるような場所に出かけてみるなど、新しい恋にアクティブになりましょう。 

もし不倫相手の奥さんに慰謝料を請求されたら

不倫をやめようと思っている最中、先に妊娠中の奥さんにあなたのことを知られてしまったら・・・。
 
慰謝料を請求されてしまったときにすべきことはたったひとつです。

弁護士に相談を!

妊娠中に限らず、不倫相手の奥さんからの慰謝料請求に対策するには、法的な知識が必要になり素人が対応することは難しいです。

自分で何とかしようと辛い思いや長い時間をかけるよりも、最初から弁護士に相談して相手と交渉してもらいましょう。

弁護士に頼めば法外な値段で請求された場合、適正な価格まで減額してくれたりと大変心強い味方となってくれます。

また不倫関係であっても、不貞行為を行っていなかった場合は払う必要もありません。

不倫相手の奥さんが妊娠したら|この際不倫やめませんか?のまとめ

不倫相手の奥さんが妊娠したら、不倫をやめることを考える良い機会となるでしょう。
 
罪のない子供を傷つけたらかわいそうですし、あなた自身のためにも離婚してくれそうにない不倫相手と関係を続けるよりも前向きに生きることができるでしょう。
 
しかし、不倫をやめる前に妊娠中の奥さんから慰謝料請求されてしまったというときは、迷わずまずは弁護士に相談することをおすすめします。
 
あなたの代理人となって煩わしい慰謝料額の減額交渉などをおこなってくれます。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部