カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
男女問題 離婚

結婚後の世帯主は夫妻のどちらにすべきか?注意点と変更方法も解説します!

結婚後の世帯主をは夫婦のどちらにするのか最善なのでしょうか?今回カケコムでは、そもそも世帯主とは何かや、誰を世帯主にするとデメリットが少ないかを解説します。「世帯主を誰にするか悩んでいる」「世帯主を決定する際の注意点や世帯主の変更方法を知りたい」という人は必見です。

\相談受付中!/ 相談受付中! 1分で弁護士を探す

 

そもそも「世帯主」って何?

そもそも「世帯主」とはどういう意味なのでしょうか?どちらを世帯主にするのか決める上の前提をまずは理解しましょう。

 

世帯主の意味とは?

「世帯主」の意味を知るためには「世帯」が何かを知る必要があります。「世帯」とは「住居及び生計を共にする者の集まり」をいいます。簡単にいうと一緒に住んでいて、食費などの生活費用を共有している人たちということです。

「世帯主」とはその集まりの主、つまり「世帯の代表者」という意味を持ちます。
 

世帯主には義務がある?

行政手続きの家族の中の責任者、という扱いになると考えてもらうとわかりやすいです。行政としても家族に個別に連絡するなどで責任を分散させず、世帯主に連絡を一本化することで効率化と責任の分散を防いでいます。
よって世帯主には行政手続き上の義務がいくつか発生します、以下が代表例です。
  • 国民健康保険の納税義務
  • 国民年金の納付義務

もちろん世帯主が全部払う場合もあるでしょうが、共働き世帯であれば協力して払うこともあるでしょう。ただし義務者は手続き上一人です。誰かがそういった義務を管理してくれれば何でもよいのですが、念の為税金などをきちんと管理できるしっかりした人にしておくと安心かもしれません。

 

 

世帯主はだれでもよい?

結婚によって世帯主を決める場合、世帯主は自由に決めることができます。年齢や所得などは関係なく、世帯側が世帯の中から自由に決めることができるのです。

つまり、「世帯主」とは「世帯の中で所得が最も多い者」という意味ではありません、自由に決めることができます。

\相談受付中!/ 相談受付中! 1分で弁護士を探す

 

 

 

結婚後の世帯主はどちらにすべき?

結婚後の世帯主の定義についてはご理解いただけたかと思います。つまり世帯主は夫でも妻でもどちらでもよいのです。

ですが世間ではまだまだ「世帯主は夫がなるもの」という考え方が浸透していると思います。なので、ここでは世帯主を妻にする際の注意点を考えてみましょう。

 

世帯主を妻にするときの注意点(1) 住宅手当

専業主婦の妻を世帯主にする際は会社からの住宅手当を受け取れるのか、という点に注意をしましょう。

もし夫の会社で住宅手当が用意されている場合、社員が世帯主であることがルールとされている可能性があります。つまり、夫が世帯主でないことによって夫の会社の住宅手当を受け取れないかもしれない、ということです。

もちろん逆もありえます。もし妻も働いていて、妻の会社のほうが住宅手当が手厚いのであれば、手当の受け取りに妻を世帯主にする必要があるかも知れません。

 

世帯主を妻にするときの注意点(2) 一部サービスを受けれない可能性

もし妻が専業主婦の場合はできれば世帯主は夫にしておくべきかと思います。

というのも、一部のサービスでは無所得者が世帯主になっていると提供できないサービスも存在するらしいのです。もし夫が専業主夫の場合も、妻にしておくとよいかもしれません。

 

 

世帯主をあとから変更することはできるか?

世帯主を決めたから、世帯主じゃない配偶者の住宅手当の充実具合に気づいた、という方もいらっしゃると思います。住宅手当を受け取りたいけど、もう世帯主は決めてしまった場合は変更可能なのでしょうか。

 

世帯変更届

世帯主をあとから変更することは可能です。ただし、所属する役所への届け出が必要になります。それが世帯変更届です。

市区町村によって書類や必要事項に微妙に差はあるようですが、概ね変更にあたっての注意事項を下記に記載いたします。

  • 変更できるのは、現在の世帯主本人か同一世帯の人
  • 本人確認書類が必要

参考に大阪市の世帯変更届の説明ページのリンクをコチラに記載いたします。もし本当に変更を考える際はお住まいの役所のページをご参照のうえ、必要な書類を持参して手続きを行いましょう。

 

 
 

結婚しても世帯主を別々にできる?

抜け道というわけではないのですが、実は世帯主を別にすることも可能です。どのような条件でできるのか、どうしたら別にできるのかを解説しておきます。

 

夫婦世帯分離という

結婚をしていても夫と妻がそれぞれの世帯を持つことを、夫婦世帯分離といいます。結婚後に同居している場合でも世帯主を別にすることができるのです。

 

世帯を別にしたらどうなるか?

結婚後、世帯主を別にすると、世帯主であった人が扶養者の分の国民健康保険料を支払う必要がなくなります

それまで夫が世帯主であった場合は、結婚後に世帯主を別々にすることで夫が妻の分の国民健康保険料を支払う必要がなくなるのです。ただし、夫婦とも収入が多い場合など、必ずしも保険料が安くなるわけではないので注意が必要です。

 

生計が別である必要がある

結婚後に世帯主を別にするためには、生計が別である必要があります。

同居していても生計が別々なら世帯分離になるため、生活費を別にして同棲していたカップルが結婚した場合が世帯主が別々となるケースだと考えると理解しやすいのではないでしょうか。

 

 

結婚後の世帯主で悩んだら専門家に相談

結婚後の世帯主の選択は家計管理の関係で重要な選択だといえるでしょう。

結婚後の世帯主をどうすべきか悩んだ場合は誰に相談すればよいのでしょうか?

 

一番確実なのは弁護士への相談

結婚後の世帯主の選択に悩んだ場合は専門家に相談することがおすすめです。

なぜなら、世帯主をどちらにするかで、会社の手当や保険料の支払いなどが変わってくるためです。

そこで頼れるのが、社会保障関連の法制度やお金に関する事の専門家である弁護士です。

結婚後の世帯主の選択に悩んだときは弁護士に相談することで自分たち夫婦にぴったりの選択ができます。

しかし、弁護士に相談するというのはハードルが高いように感じますよね。

カケコムでは、相談内容を入力するだけで、弁護士から連絡が届くというサービスを提供しています。 もちろん、相談は無料です。

必ず依頼をしなければいけないといったサービスではございませんので

「しっかり理解して決めたい」

「不利益にならないよう、納得できる形で話を進めたい」

「少しでも節約したい」

という方もお気軽に、相談フォームより連絡してみてください。

\相談受付中!/ 相談受付中! 1分で弁護士を探す

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

 

 

結婚後の世帯主で悩んだ人にはこちらもおすすめです

 

 

 

結婚後の世帯主|夫婦どちらにすべき?世帯は別々にできる?のまとめ

結婚後の世帯主をどちらにするかは、夫婦や家庭のイメージ像とあいまって悩ましいところがありますよね。

でも、イメージだけで世帯主を選ぶのではなく、会社の福利厚生などを考慮した上で結婚後の世帯主を決定するのがベターだといえるでしょう。

結婚に際して世帯主を誰にするのか悩んで決められないときは、弁護士に相談してアドバイスを貰うことがおすすめです。

\相談受付中!/ 相談受付中! 1分で弁護士を探す

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費