結婚後の世帯主|夫婦どちらにすべき?世帯は別々にできる?

結婚後の世帯主を妻と夫のどちらにしようか悩んでいませんか?結婚に際し、世帯主をどっちにすべきか悩むカップルは少なくありません。また、結婚にあたり世帯主を別にしたいと考えている人もいるかもしれませんね。そこで、世帯主の意味を解説すると共に、結婚後の世帯主をどう決めるべきかと、別々にしたい場合の条件をご紹介します。

目次

結婚後の世帯主は夫でないといけない?

「結婚するとき、世帯主を自分にすべきか相手にすべきかどっちがいいんだろう?」

そんな迷いを抱いていませんか?

結婚に際し、世帯主を妻と夫どっちにすべきか悩むカップルは少なくありません。

また、結婚にあたり世帯主を別にしたいと考えている人もいるかもしれませんね。

そこで、世帯主の意味を解説すると共に、結婚後の世帯主をどう決めるべきかと、別々にしたい場合の条件をご紹介します。

そもそも「世帯主」って何?

そもそも「世帯主」とはどういう意味なのでしょうか?

世帯主がどう決まるのかも解説します。

世帯主の意味

「世帯主」の意味を知るためには「世帯」が何かを知る必要があります。

「世帯」とは「住居及び生計を共にする者の集まり」をいいます。

簡単にいうと一緒に住んでいて、生活費などを一緒にしている人たちということです。

「世帯主」とは「世帯の代表者」のことをいいます。

世帯主はどうやって決める?

結婚にあたり、世帯主を決めなくてはいけません。

世帯主が誰になるのかの基準は実はとても単純です。

世帯主は住民票で「世帯主」と記入された者に決まるからです。

世帯主は自由に決めることができる

結婚によって世帯主を決める場合、世帯主は自由に決めることができます

年齢や所得などは関係なく、世帯側が世帯の中から自由に決めることができるのです。

結婚相手を世帯主にしても良いし、自分が世帯主になっても良いのです。

結婚後の世帯主はどちらにすべき?

結婚したら世帯主をどっちにすべきか悩んでいませんか?

妻と夫のどちらを世帯主にすればよいのでしょうか?

夫と妻どちらでも問題はない

結婚の際に世帯主を決めるにあたって、世帯主は夫と妻どちらでも問題はありません

多くの世帯は夫を世帯主としていますが、どちらでもよいのです。

世帯主を妻にした場合

結婚に伴い世帯主を妻にした場合、デメリットはあるのでしょうか?

これについて、夫の会社で世帯主手当(住宅手当など)が用意されている場合、結婚で妻を世帯主にした場合に夫の会社から手当が受けられなくなります

反対に、妻の会社でそのような手当てがあれば受けられることになります。

どちらにすべきかは夫婦次第

結局のところ、結婚後の世帯主をどちらにすべきかは夫婦次第であるといえるでしょう。

それぞれの勤めている会社に設けられた手当の内容や額を見た上で、より有利になる方を結婚後の世帯主にするのもおすすめです。

結婚しても世帯主を別々にできる?

結婚しているのに世帯主が別である夫婦を見たことはありませんか?

結婚に際して世帯主を別々にすることはできるのでしょうか?

結婚しても、同居していても、世帯主は別々にできる

結婚しても世帯主を別々にすることは可能です。

さらに、結婚後同居している場合でも世帯主を別にすることができるのです。

結婚をしていても夫と妻がそれぞれの世帯を持つことを、夫婦世帯分離といいます。

生計が別である必要がある

結婚後に世帯主を別にするためには、生計が別である必要があります。

同居していても生計が別々なら世帯分離になるため、生活費を別にして同棲していたカップルが結婚した場合が世帯主が別々となるケースだと考えると理解しやすいのではないでしょうか。

世帯を別にしたらどうなる?

結婚後、世帯主を別にすると、世帯主であった人が扶養者の分の国民健康保険料を支払う必要がなくなります

それまで夫が世帯主であった場合は、結婚後に世帯主を別々にすることで夫が妻の分の国民健康保険料を支払う必要がなくなるのです。

ただし、夫婦とも収入が多い場合など、必ずしも保険料が安くなるわけではないので注意が必要です。

結婚後の世帯主で悩んだら

結婚後の世帯主の選択は家計管理の関係で重要な選択だといえるでしょう。

結婚後の世帯主をどうすべきか悩んだ場合は誰に相談すればよいのでしょうか?

専門家に相談を

結婚後の世帯主の選択に悩んだ場合は専門家に相談することがおすすめです。

なぜなら、世帯主をどちらにするかで、会社の手当や保険料の支払いなどが変わってくるためです。

そこで頼れるのが、社会保障関連の法制度や労働関係の専門家である弁護士です。

結婚後の世帯主の選択に悩んだときは弁護士に相談することで自分たち夫婦にぴったりの選択ができることでしょう。

結婚後の世帯主|夫婦どちらにすべき?世帯は別々にできる?のまとめ

結婚後の世帯主をどちらにするかは、夫婦や家庭のイメージ像とあいまって悩ましいところがありますよね。

でも、イメージだけで世帯主を選ぶのではなく、会社の福利厚生などを考慮した上で結婚後の世帯主を決定するのがベターだといえるでしょう。

結婚に際して世帯主を誰にするのか悩んで決められないときは、弁護士に相談してアドバイスを貰うことがおすすめです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部