離婚を友人に伝えるべき?離婚報告のタイミングは?

離婚の報告は友人にするべきなのでしょうか?離婚の報告は意外と疲れるもので、たとえ友人であっても気が引けることもありますよね。離婚を報告するべき友人と、報告するべきでない人、また報告するタイミングについても知っておきましょう。離婚後の関係を悪くさせないためにも、知識を付けておきましょう。

男女の事故・トラブル(1316)離婚(577)
目次

弁護士に相談する

離婚報告は面倒…離婚は友人に報告すべき?

離婚をする人は、みんな友人に報告しているものなのでしょうか?

離婚を報告するのは、そもそも一体誰にしたらいいの?

ただでさえ離婚の準備で疲れているにも関わらず、離婚の報告を友人にするのはとても大変なことですよね

離婚を友人に報告する際の注意点をまとめました。

離婚を友人に報告すべき?報告すべき人5選

離婚を報告するのは、どんな人なのかまずは考えていきましょう。一般的に離婚を報告すべき人は、以下になります。

離婚を報告すべき人(1) 親

離婚すると決めたのなら、友人の前にまずは親に報告をすべきです。

親はどんなときでも味方になってくれる可能性が高いですし、親である以上離婚も報告する義務はあるはずです。

離婚を報告すべき人(2) 会社の上司

会社に勤めている人にとっては、友達の前に離婚の報告は会社の上司にも行っておきたいところ。

離婚の際には会社への手続きも必要になりますので、予め事前に相談しておきましょう

離婚を報告すべき人(3) 結婚式の仲人

結婚式に来てくれた仲人にも、友達の前に離婚は報告しておくべきでしょう。

正直言いにくいなという一面もありますが、ここは社会人として離婚を報告しておいてください。

離婚を報告すべき人(4) 子供の先生

子供がいる人は、友達だけでなく学校や保育園の先生にも離婚を報告しておきましょう。

離婚によって子供の変化が見られるかもしれませんので、普段子供と関わってくれている人には伝えておきたいものです。

離婚を報告すべき人(5) ごく親しい友人

離婚を報告するのは、ごく親しい友人も挙げられます。

離婚の報告はすべての友人にしなければならない、ということはありません。

信頼できる友人にだけ、こっそり報告しておきましょう。

離婚を友人に報告すべき?報告すべきでないかもしれない人3選

離婚を友人に報告する際、注意すべき点は誰でも構わず報告すること。中には離婚を報告するべきでない友人もいるのです。

離婚を報告すべきでない人かも(1) ママ友や子供に関係ある人

離婚をママ友達や子供に関係ある人に報告するのは、慎重になりましょう。

悪い形で子供の耳に入る可能性があります。

また、ママ友達は噂も広まりやすいので、警戒が必要です。

離婚を報告すべきでない人かも(2) 職場・仕事関係の人

会社には報告すべき義務があることがほとんどです。

一方で、同僚や取引先とはあくまでも職場の付き合いです。

報告すべき場合もあるでしょうが、報告すべきでない場合もあるでしょう。

離婚を報告すべきでない人かも(3) 友人

離婚の報告をするのは、友人全員でなくても問題ありません。

本当に信頼できる友人でないのなら、あまり離婚を報告する必要もないでしょう。

友達が離婚をしたという報告は、噂話になりやすいので注意が必要です。

離婚の報告は誰にするべき?気をつけるポイント5つ

離婚を友人に報告するタイミングと方法7選

離婚を友人に報告する際には、どんなタイミングがいいのでしょうか。具体的な方法をご紹介します。

離婚を友人に報告するタイミングと方法(1) 1対1のときに

離婚を友人に報告する際には、できるだけ1対1のときにするのがベストです。

周囲の目線も気になりますし、ゆっくり話ができないので、人込みや混みあったお店も避ける方がよいでしょう。

離婚を友人に報告するタイミングと方法(2) 事前に報告があると伝えておく

離婚を友人に報告するなら、事前に「話がある」と伝えておくのがおすすめ。

前もって友人に構えてもらうことで、友人も聞き入れ体制に入ってくれます

普段の遊び感覚で会った日には、離婚の報告は友人であってもしにくくなるものです。

離婚を友人に報告するタイミングと方法(3) はっきり言わなくてもいい

離婚を友人に報告する際には、はっきり言わなくてもいいのです。

うまく言葉で話せないことも多いはずですので、具体的な離婚理由なども、友人に報告できるタイミングで少しずつ話していくとよいでしょう。

どんな人でも友達が離婚をしたという話は繊細な内容でもあるので、伝えられる範囲で話してみてください。

離婚を友人に報告するタイミングと方法(4) メールで伝える

離婚を友人に報告する際、直接会って話すのが難しいなと感じるのであれば、メールで伝えるのもひとつの手段です。

メールなら文章を考えて作れますし、簡潔に報告することが可能になります。

友人にとっても、友達が離婚をしたという話を直接聞くよりはメールで間接的に聞く方が気が楽、という場合もあるでしょう。

離婚を友人に報告するタイミングと方法(5) ハガキでもいい

離婚を友人に報告する手段としては、手紙を利用するのもおすすめです。

ハガキや手紙であれば間接的に報告できますし、文字にすることで気持ちを伝えやすくなるでしょう。

友達が離婚をしたという話は友人にとっても反応し辛いので、会話が苦手な友人にもおすすめの方法です。

離婚を友人に報告するタイミングと方法(6) タイミングは自由

離婚を友人に報告するタイミングは、あくまでも自由です。

離婚すぐに報告しなければならない、ということもありませんので、自分の気持ちが落ち着いてからで大丈夫

無理に話そうとすると、上手に報告できない可能性もあります。

離婚を友人に報告するタイミングと方法(7) 報告しないという選択肢もあり

離婚を友人に報告をするのは、あくまでも自分の自由です。

そのため、「報告したくないな」と思うのであれば、報告しないという選択肢もあります。

友達が離婚したという話は急ぎではありませんので、焦って報告するくらいなら、しない方がいいケースもあるでしょう。

落ち着いてから離婚を友人に報告!弁護士に依頼してスムーズな離婚を

離婚を友人の報告するのは意外と大変かもしれません。

しかし、法的に決めておかないことは、きちんと手続きしておきましょう。

離婚時に解決すべき法的問題は多い

離婚時には、慰謝料、財産分与、親権、養育費、面会交流、年金分割といった事項を決めなくてはなりません。

これらは自分だけでは解決できないことが多いので、弁護士に依頼をし、正しく対処するのがおすすめです。

後々トラブルにならないためにも、専門家の正しい対処を求めましょう。弁護士がしてくれること(1) 当事者が離婚協議を進めるための法的アドバイスをしてくれる

当事者同士で離婚の協議をする場合に、弁護士に法律相談をすることで、法的アドバイスを受けることができます

また、協議がまとまらないときにも、弁護士に相談することが可能です。

弁護士依頼できること(1) 代理人として相手と離婚協議をしてくれる

弁護士を代理人とすれば、本人にかわって、相手と離婚の協議をしてもらえます。

自分の気持ちをうまく伝えられない場合などは、弁護士に代理人として交渉してもらいましょう。

弁護士依頼できること(2) 代理人として離婚調停をサポートしてくれる

弁護士を代理人として離婚調停を申し立てると、本人と共に調停に同席し、意見を述べてサポートをしてくれます。

調停では法的な知識も必要なので、弁護士に依頼をしておくと安心です。

弁護士依頼できること(3) 訴訟代理人として離婚訴訟を遂行してくれる

弁護士を訴訟代理人として離婚訴訟を提起すれば、本人にかわって裁判に出席し、ほとんどの手続きは、弁護士に任せることができるでしょう。

金銭トラブルなどを避けることにも繋がるので、弁護士の力は借りておきたいところです。

離婚を友人に伝えるべきか悩んだら、こちらの記事もおすすめ

離婚を友人に伝えるべき?離婚報告のタイミングは?のまとめ

 
離婚を友人に伝える際には、まず「誰に報告するのか」ということを考えてみてください。
 
また、報告すべき人が決まったら、「いつ、どんな風に報告するのか」も考え、自分が話やすい環境を作りましょう。
 
離婚を友人に報告するだけでなく、法的トラブルを避けるためには、弁護士への相談も忘れないようにしてください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部