離婚を忘れることができない…離婚を忘れるため方法13選

離婚を忘れることができない…と悩む人はとても多いですよね。どうしてもいい思い出だけでお思い返してしまい、つい辛い思いをしてしまいがち。 別れた旦那を忘れる方法や、離婚を忘れるためにできること、気持ちの持ち方を確認していきましょう。離婚を忘れることができれば、新しい第一歩を踏み出せるかもしれません。

男女の事故・トラブル(1316)離婚(577)
目次

弁護士に相談する

離婚を忘れることができない…

離婚を忘れるのは、とても大変な作業でもあります。

元夫が忘れられない、離婚前の生活が恋しいと感じるのは当然で、苦しい気持ちになっている人も多いですよね。

離婚を忘れることができない人は、どのようにして離婚を忘れていくべきなのでしょうか

今すぐできる妻や旦那を忘れる方法と、考えるべき点をご紹介します。

離婚を忘れるためにすべきこと13選

離婚を忘れることができない人は、少しずつでも今の新しい生活を楽しめるように、工夫してみましょう。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(1) 趣味に打ち込む

離婚を忘れることができない人は、自分が興味のあることや、好きなことを思う存分楽しんでみましょう。

趣味にとことん打ち込むことで満足感を感じ、離婚後の人生に充実を感じやすくなります。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(2) 仕事に没頭する

離婚を忘れることができない人は、仕事に没頭するのもひとつの手段です。

今まで費やせなかった時間を仕事に使い、スキルアップを目指してみませんか?

周囲からの評価が高くなると、自然と離婚を忘れることができるかもしれません。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(3) 子供に向き合う

離婚を忘れることができない人は、子供に向き合うことで寂しさを紛らわしてみましょう。

離婚をして辛い思いをしているのは、子供も同じです。

一緒に遊んだりお出かけするなどし、子供との時間を共有してみてください。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(4) 環境を変える

離婚を忘れることができない場合は、引っ越しをするなどし環境を変えてみるのもおすすめです。

気持ちを切り替え得るためには、思い切って環境を変え、新しい生活をスタートさせてみましょう。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(5) 時間が解決してくれると信じる

離婚を忘れることができない人は、ただ時間の経過を待つのも妻や旦那を忘れる方法としておすすめです。

今の辛い状況はずっと続くわけではなく、時間が必ず解決してくれるはず。

そう信じることで、元夫を忘れられないという気持ちも徐々に和らいでいくのではないでしょうか。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(6) 友達と話す

離婚を忘れることができない人は、友人と話をしてみるのも妻や旦那を忘れる方法としてよいでしょう。

気持ちを話すことで自分の気持ちを整理できますし、辛い気持ちを共感してもらうことで、前向きになれるかもしれません。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(7) 新しい恋をする

離婚を忘れることができない場合には、新しい恋愛にも目を向けてみましょう。

離婚をした後はすぐに考えられなくても、自分磨きをし、新しい出会いを意識していれば、自然と元夫を忘れられないという気持ちが減っていくはずです。

すぐに新しい出会いがなくても、新しい恋を想像することは妻や旦那を忘れる方法に繋がります。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(8) 旅行に行く

離婚を忘れることができない人は、旅行に行くのもおすすめです。

知らない土地で楽しんだり、ちょっとした休暇をすることで、自分の気持ちをまとめることができるかもしれません。

心身ともにリフレッシュすることにも繋がります。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(9) 自分と向き合う

離婚を忘れることができない人は、自分と向き合うことも重要でしょう。

一体どうして別れた旦那を思い出してしまうのか?別れた旦那の何が嫌だったのか?など、自分の気持ちを再度問いただしてみてください

新しい答えがあるかもしれません。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(10) 自分磨きする

別れた旦那や妻、離婚のことを忘れることができない人は、自分磨きに専念してみるのもよいでしょう。

髪型を変える、新しいファッションに挑戦する、エステに通うなど。

また、習い頃をして知識を付けるのもおすすめですよ。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(11) 実家に甘える

離婚を忘れることができない人は、思い切って実家に甘えてみるのもよいかもしれません。

子供がいれば預けてみたり、実家に帰るなどし、気持ちをリセットすると前に進めるきっかけになることもあるでしょう。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(12) 離婚してよかったことを考える

離婚を忘れることができない人は、離婚してよかったメリットを探してみましょう。

「自由になれた」「好きな時間に寝れる」「気を遣わなくていい」など、自分なりのメリットを考えて前向きな考え方を意識してみてください。

離婚後に元夫・妻を忘れたい時にすべきこと(13) なんでも相談できる人を探す

離婚を忘れることができない人は、なんでも相談できる人を探してみてください。

自分の気持ちを誰かに話すことで、気持ちは随分落ち着くはず

信頼できる人を見つけて、別れた旦那や妻への思いなどを色々と相談してみましょう。

残っている問題を解決することが大切!

離婚したときに決めておくべきだったこと、解決しておくべきだったことが残っていませんか?

問題が残っていると、離婚を忘れることが難しくなります。

残した問題を解決するためには、弁護士に相談するのがよいケースがあるでしょう。

離婚を忘れるために解決すべき問題(1) 慰謝料

慰謝料をもらわずに離婚してしまった場合、離婚後でも弁護士に依頼して、慰謝料請求調停(簡易裁判所)や慰謝料請求訴訟(地方裁判所又は簡易裁判所)を提起することができます。

ただし、3年の時効があるので注意してください。

離婚を忘れるために解決すべき問題(2) 財産分与

財産分与をもらわずに離婚してしまった場合、離婚後でも、弁護士に依頼して家庭裁判所へ財産分与調停、財産分与審判を求めることができます。

ただし、離婚から2年以内であることが調停を申し立てる条件となるので気を付けてください。

離婚を忘れるために解決すべき問題(3) 養育費

養育費を決めずに離婚してしまった場合、離婚後でも、弁護士に依頼して家庭裁判所へ養育費を決める調停、審判を求めることができます。

養育費が未支払いとなるケースはかなり多いので、しっかり取り決めしておきましょう。

離婚を忘れるために解決すべき問題(4) 面会交流

家庭裁判所へ面会交流を決める調停、審判を求めることができます。

面会交流を決めずに離婚してしまった場合、離婚後でも弁護士に依頼することがお勧めです。

離婚を忘れるために解決すべき問題(5) 年金分割

年金分割を決めずに離婚してしまった場合、離婚後でも弁護士に依頼することがお勧めです。

家庭裁判所へ年金分割の割合を決める審判を求めることができます。

弁護士に相談する

離婚を忘れることができないなら、こちらの記事もおすすめ

離婚を忘れることができない…離婚を忘れるため方法13選のまとめ

離婚を簡単に忘れることができないのは、仕方のないことです。
 
離婚前の幸せを簡単に忘れるのは難しいですが、自分に合った方法で少しずつ新しい生活を楽しんでみましょう
 
法的に心配なことは前もって弁護士に相談をしておくことで、安心できる環境を作るようにしてください。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部