カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
婚約破棄 男女問題

婚約破棄の理由として性格の不一致は認められるのか

婚約破棄の理由として、性格の不一致は認められるのでしょうか?実は性格の不一致を理由に婚約破棄されてしまった場合、相手に慰謝料請求できる可能性があるんです。一方的な婚約破棄をただ受け入れて、のちに後悔するのはもったいない!本記事では、一方的な婚約破棄に対する対処法を徹底解説いたします!婚約破棄されてしまい悩んでいる方はぜひ、参考にしてみてください。

性格の不一致による婚約破棄は可能か

突然婚約破棄された上に性格の不一致が理由だといわれて困っていませんか?

実は、性格の不一致を理由に一方的に婚約破棄をすることは、違法になり得ます。従って、場合によっては慰謝料を請求できる可能性もあるのです。

一方的な婚約破棄を受け入れて後悔してしまうのはもったいない!

本記事では、性格の不一致により婚約破棄された場合の対処法をご紹介していますので、対処法を知った上で、のちに後悔しない行動をとるようにしましょう。

婚約について

婚約破棄が性格の不一致を理由としてされた場合にどうするべきか考える前に、まずは婚約についての注意点をご紹介します。

そもそも婚約が成立しているのか要確認

婚約とは、将来結婚することを約束することをいいます。

言葉だけでも婚約にはなりますが、婚約破棄のトラブルなどがあった場合、家族など周囲の人に婚約したことを伝えたり、結婚指輪の購入、結婚式場の予約や結納などのイベントをしていないと、婚約関係が認められないこともあります。

婚約関係にあるかどうかは、結婚に向けての具体的なイベントがあったかが重要です。

きちんと結納や婚約式をしたり、式場予約などをしていた場合は、婚約の証拠になり得ることになります。

婚約の際には書面を交わしておく

のちのトラブルを避けるためには、婚約をした場合、婚約したことをはっきりさせるために書面を交わしておくのが確実でしょう。

書面を準備する際には、婚約したことを書くだけでなく、結婚準備や結婚後のお金や家事についての決め事を書面に残しておくのも、将来のトラブル回避に役立つためおすすめです。

性格の不一致で婚約破棄されたときにすべきこと

相手からの婚約破棄の理由が性格の不一致だった場合、どうすればいいのでしょうか?

性格の不一致が理由での婚約破棄への対処法をご紹介します。

婚約破棄された場合の対処法(1) 冷静に話し合う

婚約破棄を性格の不一致でされた場合、冷静に話し合うことが大切です。

かっとなったり、泣きながら相手に詰め寄ることで話がこじれてしまう場合も少なくありません。

どうしても感情的になってしまう場合などは、弁護士を介して話し合うことで冷静に話し合いを進めることもできますので、検討してみましょう。

婚約破棄された場合の対処法(2) 両親も交えて話し合う

婚約破棄を性格の不一致でされた場合、両親も交えて話し合うのもおすすめです。

相手との話し合いに自分の両親を呼んだり、相手の両親と仲が良い場合は相手の両親を呼ぶのも良いでしょう。

婚約破棄された場合の対処法(3) 問題点を改善する

パートナーと話し合い、何がいけないのかはっきりして、それが改善できそうであれば、その問題点を改善すると良いでしょう。

自分では気にならないことも、相手にとっては大問題であったり、些細なことからすれ違いが起きている場合も少なくないのです。

婚約破棄された場合の対処法(4) 慰謝料請求する

パートナーと話し合ってみたけれど、もう関係の修復は難しいという場合には、慰謝料請求を検討しましょう。

婚約は将来結婚するという約束であり、れっきとした契約です。性格が不一致というだけの理由による一方的な契約破棄は、債務不履行や不法行為に当たり得ます。

婚約破棄された場合の対処法(5) 気持ちを切り替えて受け入れる

婚約破棄を性格の不一致でされた場合、気持ちを切り替えて受け入れることもひとつの対処法です。

自分の人生を、将来の見えない相手のために使ってしまうのはもったいないことです。気持ちを切り替えて新しい相手を探しましょう。

性格の不一致で婚約破棄をされたときに請求し得るお金

相手からの婚約破棄の理由が性格の不一致だった場合、あなたが相手に請求できるお金にはどのようなものがあるのでしょうか?

請求し得るお金(1) 慰謝料

婚約破棄の理由が性格の不一致にある場合、慰謝料の請求ができます。

一方的な婚約破棄は、将来結婚するという約束をしてそのために行動していたあなたを裏切る行為であり、あなたの心を傷つけるものだといえるためです。

もっとも、こちらにも大きな原因がある場合は、そこまで金額が取れないこともあるので注意が必要です。

請求し得るお金(2) 婚約に際し支払っていたお金

一方的な婚約破棄をされた場合、婚約に際し支払っていたお金を請求できる場合があります。

婚約に際し支払っていたお金としては、結婚式場の予約金、婚約指輪や結婚指輪の購入費用、結納金などが挙げられます。

婚約破棄された場合の慰謝料請求について

婚約破棄された場合の慰謝料の相場

性格の不一致を理由に一方的に婚約破棄された場合、慰謝料の相場は数10万円から200万円程度となります。

慰謝料は精神的な損害への賠償金であるため、他にも婚約破棄が理由で体調を崩して病院にかかったりした場合、入院費や治療費等を別途請求できる可能性があります。

妊娠していると金額が上がる

婚約破棄をされた場合の慰謝料は、妊娠していると金額が上がるのが通例です。

妊娠しているということは、より夫婦に近い関係であったといえるため、妊娠していない場合の婚約よりも関係性の強さや結婚への期待の大きさが認められるためです。

慰謝料請求できないことも

婚約破棄をされても慰謝料請求ができないこともあります。それは相手の婚約破棄に正当な理由があった場合です。

例えば、婚約破棄の理由があなたによる暴力(DV)や、あなたが強度の精神病にかかり回復の見込みがない場合、あなたが不貞行為をした場合等には、婚約破棄に正当な理由があるため、慰謝料請求はできないことになります。

自分で慰謝料請求する場合は要注意

慰謝料請求する方法として、自分で請求する方法があります。

その際にはまず慰謝料請求書を作成し、相手方に内容証明郵便を使って送るのが良いでしょう。

また、弁護士に依頼することでより確実に慰謝料請求が可能になる場合があります。

詳細は後述の「慰謝料請求を弁護士に頼むメリット」をご覧ください。

結納金について

もしも婚約するときに結納をしていたら、気になるのが結納金の行方ではないでしょうか。

二人の関係が内縁関係と呼ばれるほど深まっていた場合の結納金返還請求については、下記のような判例があります。

結納金返還に関する判例
  • 約1年間の内縁関係があった場合。返還請求は認められなかった。(大判昭和3・11・24新聞2938-9)
  • 内縁関係にあったものの、2ヶ月間仲違いをしていたことで内縁が解消した。結納金返還請求は認められた。(大判昭和10・10・15新聞3904-16)

このように結納金返還については、二人の関係の深さなど個別の事情によって結納金を返してもらえるかが変わります。

これは一方的に婚約破棄をされた場合の慰謝料の額も同じで、二人の関係性などによって額が変わってきます。

慰謝料請求を弁護士に頼むメリット

 

慰謝料請求を弁護士に頼むメリットとしては何があげられるでしょうか?

弁護士に依頼するメリット(1) 自分で請求するより手間がかからない

弁護士に慰謝料請求を依頼することで、自分で請求するより手間がかからないというメリットがあります。

自分で文章を作ったり、相手に内容証明を送るのは面倒ですが、そういう面倒事はすべて弁護士に任せることができるのです。

弁護士に依頼するメリット(2) 正当な金額を計算してくれる

弁護士に相談することで、慰謝料の正当な金額を計算してくれるというメリットがあります。

自分が思っているよりも高い金額が正当な場合、自分一人で対処してしまったら貰えるはずのお金をもらえないことになってしまいます。

弁護士に依頼することで、そういった不利益を弁護士に依頼することで防止できるのです。

婚約破棄、性格の不一致は理由としてOK?慰謝料請求はできる?のまとめ

性格の不一致というだけで婚約破棄をされてしまっては、たまったものではないですよね。

しかし、「仕方ないか」と諦めてしまっていませんか?

法的に正当な理由のない一方的な婚約破棄は、相手に非があるため慰謝料などのお金を請求できる可能性があります。性格の不一致を理由に婚約破棄をされて慰謝料請求を考えたら早めに弁護士に相談することがおすすめです。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ セックスレス トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 企業法務 企業法務 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費