風俗は浮気になる?|夫の風俗通いをやめさせる方法5選と最終手段

風俗は浮気になるのでしょうか?夫が風俗店に通っていた!それを知ってしまったら、妻であるあなたはどうしますか?もちろん辞めさせたいと思いますし、場合によっては「離婚」も選択肢の一つとして考えるかもしれません。どうすれば夫の風俗が通いをとめられるでしょう?

不倫(292)浮気(278)男女の事故・トラブル(1201)
目次

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

風俗は浮気になる?妻がいるのに風俗ってどういうこと?

A子さん(28)が、ダンナさんの風俗通いに気づいたのは、たまたま、そういうお店のポイントカードを見つけてしまったことから。

「結婚してるし、私だって子どもだっているのに、どういうこと!?」と、激しく問い詰めましたが、当のご主人は「不倫したり、愛人がいるわけじゃないんだから。浮気とかじゃなくて、ちょっとした遊びなんだよ。許してよ」と、あまり深刻に捉えているようには見えないんだそうです。

実は結構多いんです、こういうケース。

果たして、風俗店に行くのは浮気にはならないのでしょうか?

風俗は浮気になるの?

「風俗に行くくらいなら浮気にならない」と思っている男性は一定数います。
 
法律では、風俗に行くことは浮気になるのでしょうか?

【風俗は浮気になる】そもそも浮気とは?

辞書によれば浮気とは、「他の異性に心を移すこと(『広辞苑』)」「配偶者・婚約者などがありながら、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと(『大辞泉』)」とされています。

一般女性であろうが、風俗であろうが、気持ちや心が惹かれたのであれば、それは浮気なんですね。

でも、男性の中には「好きだとかじゃなくて、単なる自慰行為の延長だよ」という人もいるみたいですがこの場合はどうなるのでしょう?

【風俗は浮気になる】性行為があれば法律的にも浮気になります(不貞行為) 

 夫婦のどちらかが配偶者以外の異性との性交渉、あるいはそれに類似する行為を行った場合、民法ではこれを「不貞な行為」とみなし、された側は離婚を提訴できることになっています(民法770条1項1号)。

注目すべきは、いわゆる本番行為に限らず、「それに類似する行為」も不貞行為に含まれるということです。

ですから、どう言い訳をしたところで、風俗も立派な浮気なのです。 

風俗は浮気になるから…夫の風俗通いをやめさせる方法5選 

「不倫しているわけじゃないし」「単なる気分転換なんだよ」と言われても、されたほうは相当ショックなはず。

どうにかして辞めさせる方法を考えてみましょう。

【風俗通いをやめさせる方法】(1)風俗に行く理由を知り向き合ってみる

旦那さんの風俗通いが発覚したら、まずは「どうしてそういうところに行くの?」ということを、冷静に聞いてあげましょう。

「妻が拒むから」「子どもができてから、妻とはできなくなった」「仕事のストレスから」…など、いろいろ理由を口にするでしょう。

ただ否定するのではなく、まずはあなたがその理由を受け入れて、しっかり向き合ってみてください。 

【風俗通いをやめさせる方法】(2)はっきり「やめて」と言う

その気持ちを受け入れたとしても、正直、旦那さんが見知らぬ女と肌を重ねているという事実は、生理的にも精神的にも耐えがたいでしょう。

風俗であっても不貞行為です。

「どうしても許せない。やめて欲しい」と、旦那さんに、はっきりと意思表示をしましょう。

いかに自分が傷ついているか、自分の気持ちを素直に伝えましょう。

【風俗通いをやめさせる方法】(3)自分磨きをする

「夫が風俗に通うのは、もう自分には女としての魅力がないからだ」と考えてしまう女性も多いでしょう。

でも、ここ数年、旦那さんに対してちゃんと「女」をやっていましたか?

あれだけ愛し合って一緒になったのに、仕事や子育て、家事に追われて、「女」をさぼっていませんでしたか?

わが身を振り返ってみてください。もう一度、自分磨きを、自分のために始めてみましょう。

【風俗通いをやめさせる方法】(4)性病に敏感なことをアピールする

「まぁ、遊びくらいいいか」という寛容な奥さまも中にはいるかもしれません。

でも、たとえお金を払って遊んでいるとはいえ、不特定の相手と接触するわけですから、性感染症の不安はあります。

ましてや夫婦ですから、今後妊娠することもありますね。

当事者同士だけでなく、子どもに感染する可能性だってあるのです。

その怖さを自ら学んで、相手に伝えることも大切です。

【風俗通いをやめさせる方法】(5)離婚をちらつかせることも 

「仕方がないと思ってある程度大目に見る」「見なかったことにしてただ耐える」という人もいるかもしれませんが、「どうしても辞めさせたい」という場合、先に書いた通り、風俗でも不貞行為とみなされるのですから、十分離婚の理由になること、慰謝料請求も可能であることを伝えた上で、「今後のことを考えたらそういう選択肢もあるよね」と切り出すのも効果があるかもしれません。

風俗は浮気とわかっていても….それでも風俗通いをやめないときの最終手段

旦那の気持ちもわかった。奥さまの気持ちも伝えた。風俗も浮気になることも自覚した。

それでもやめない、やめられないという場合は第三者の力を借りる必要もあるかもしれません。

【最終手段】(1)離婚も視野に弁護士へ相談する

浮気は「不貞行為」であり、風俗も浮気ですから、正当な離婚の理由になります。

そこで強い味方になってくれるのが弁護士です。

特に離婚訴訟や調停が得意な弁護士や弁護士事務所もたくさんあります。

初回相談は無料や、30分5000円くらいの相談料で話をきいてくれるところもあるので、まずは悩み相談のつもりで行ってみるのもいいでしょう。旦那の風俗で使うお金よりよっぽど安いです。

【最終手段】(2)慰謝料を請求する 

風俗に行くにもお金がかかります。行けばそれなりの出費になりますから、その資金を絶つことための最終手段が慰謝料を請求することです。

相手の風俗嬢に対する請求は難しいと考えられますが、証拠があれば旦那には不貞行為を理由に慰謝料を請求できます。

この場合もやはり、弁護士に相談しましょう。もちろん慰謝料には弁護士費用を上乗せして。

風俗通いが不貞行為と認められにくい理由とは?

とはいえ、ただ風俗店に行ったからといって、それが不貞行為だと認められないこともあります。

それは店側も、性行為が行われたことを認めないからです。

これを奥さま一人で証明するのは難しいでしょう。

風俗と浮気について知りたい人は合わせてこちらも読んでみてください

風俗は浮気になる?|夫の風俗通いをやめさせる方法5選と最終手段のまとめ

状況はどうであれ、配偶者以外との性交渉、性的類似行為は不貞行為であり、浮気です。

「遊びだから」といって風俗通いを続ける夫をやめさせたいというのは当然のことです。

行きたい理由、やめて欲しい気持ちをお互いきちんと話し合って、夫婦もう一度しっかり向き合う機会にしましょう。

それでも改善できなければ、弁護士など、第三者の力を借りる方法もあります。

 
くれぐれも一人だけで悩んだり、我慢しないでくださいね。
この記事の作成者

カケコム編集部