不倫 男女問題

不倫をしてしまった時にあなたがするべきこと3選

不倫をしたらどうなるか考えたことありますか?自分が不倫をしてしまうなんて。してはいけないと思っていたのにもう戻れなくてどうしたらいいか分からなくなっていませんか?ここではそんなあなたの力になれる情報をまとめてみました。

なんで不倫したんだろう…後悔していませんか?

不倫であっても人を好きになってしまう気持ちは誰にも止められません。
 
自分が既婚であっても、相手が既婚であっても、素敵だなと思ったら好きになってしまうものです。
 
しかし不倫はしてはいけないことです。場合によっては法的に裁かれる可能性もあります。
 
では、不倫をしてしまったときには何をすればよいのでしょう。 
 
不倫をしてしまってこれからどうすればいいか悩んでいる人、不倫をしてしまったときに何をすればいいか知りたい人は必見です!

そもそも「不倫した」とはどんな状態か

夫婦関係にある者同士はお互いに貞操義務があり、それを犯して第三者と肉体関係を持つことを、法律では「不貞行為」と言います。
 
不貞行為は違法であり、不倫相手との肉体関係を持つ回数が多ければ多いほど問われる責任も重くなります
 
世間でいう「不倫」とはキスやデートなど行為が含まれていたりし、個々の感覚によるところが大きいですが、民法上の不倫とは、ほとんどの場合、不貞行為があった場合を指すのです。
 
また、不倫した既婚者と不倫相手は、共同不法行為者だと見なされ、慰謝料を請求される可能性があります。

共同不法行為とは

共同不法行為とは、例えば夫側が不倫していた場合、妻がいながら不倫をした夫と、相手を既婚者と知りながら不倫した不倫相手の両者は、共同で妻である女性の権利を侵害したとするものです。
 
そのため、この不倫が発覚した場合、妻である女性は夫にも不倫相手の女性にも慰謝料請求をすることができます
 
基本的には、夫と不倫相手に肉体関係がある場合に慰謝料請求が認められます。なぜなら、肉体関係がある場合は妻への精神的負担が大きいと見なされるからです。
 
一方で、夫と不倫相手がキスなどの性交類似行為をしていたり、デートをしていた事実があっても、それは妻への精神的負担が大きいとは見なされないため、慰謝料を請求するのは難しいです。
 
ただし、性交類似行為やデートの事実があり、それが悪質だと判断された場合は慰謝料請求できることもあります。
 
自分のケースが慰謝料請求される可能性があるのかどうかを判断したい場合は、弁護士に相談するのが確実です。
 

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

不倫したときのリスク

一般的に違法とされる不倫ですが、どのようなリスクが存在するでしょうか。

不倫したときのリスク(1) 配偶者から高額な慰謝料を請求される

不倫した場合、前述したように、自分の配偶者から慰謝料の請求をされる可能性があります。
 
慰謝料の額は不倫の回数や、配偶者との婚姻期間の長さや子供の有無など、侵害された利益の大きさで変わりますが、だいたい50万~300万が相場と言われています。
 
例えば、不倫相手が自分との子供を妊娠している場合は、配偶者は侵害された利益が特に大きいと判断されるため、慰謝料額は300万円程度になることも珍しくありません。
 
しかし、慰謝料請求に関しては弁護士に頼ることで減額できる可能性があります。詳しくは後ほど説明します。

不倫したときのリスク(2) 社会的信用や職を失う

日本において、不倫に対する目は大変厳しいものです。
 
というのも、不倫相手や配偶者が自分の職場に不倫のことを話した場合、最悪、会社に左遷や解雇をされる可能性があるからです。
 
また離婚する場合、自分の両親にも離婚の原因を話さないとなりません。
 
自分の子供が不倫で離婚をしたとなると、両親でさえ許してくれず親子の縁を切られた、なんていう話も珍しくありません。 

不倫したときのリスク(3) 不倫相手と配偶者の両方から捨てられる可能性がある

不倫は火遊びのつもりであっても、配偶者にばれてしまい、離婚を言い渡される可能性は十分にあります。
 
こちらが全面的に悪いため、何をどう言い繕っても謝ってももう遅いのです。
 
さらに、不倫相手も慰謝料を請求されるなどの面倒ごとに巻き込まれるのを恐れて、別れを告げてくる可能性もあります。
 
その結果、不倫の末、孤独になる人も多いのです。
 

不倫した場合、今からできる対処法

不倫相手との証拠隠しや関係の清算をする

不倫は一時の気の迷いで、今の配偶者との婚姻関係をこのまま続けたいのなら、証拠を残さないよう細心の注意を払うことや、引き際をわきまえることが肝心です。
 
というのも、 証拠があると配偶者から離婚請求をされたときに請求が通りやすくなってしまいますし、不倫は期間が長いほど責任が重くなるからです。
 
離婚請求をされたときに有効となる証拠は、不倫相手とのツーショット写真やLINEのやりとりなどです。
 
もしこのような証拠が残っているのであれば、削除しておくことも一つの対処法になり得ます。

不倫したことを配偶者に誠心誠意打ち明ける

不倫したことを配偶者に打ち明ける=不貞行為を認めるということになります。
 
自分の立場を悪くし、離婚請求や慰謝料請求されるリスクを高める行為です。
 
もしも不倫相手と結婚したいと思っていても、正直に話さずに離婚に持って行くことも不可能ではありません。
 
しかし、自分の行為への責任を持ちたい、償いたい気持ちがあるなら正直に打ち明けて誠意を見せるのも良いでしょう。

両親に相談して今後を決める

もしも両親が健在であれば、恥を忍んで相談してみるのも一手です。人生の先輩としてアドバイスをもらえるかもしれません。
 
相談する場合は、反省し、不倫したことを悔やんでいる姿勢を忘れないようにしましょう。

ただし、両親と言えども理解してもらえない可能性は大いにあります。

慰謝料請求されたときの対策を練る

不倫につきものなのが慰謝料請求です。
 
自分が既婚であれば自分の配偶者から、不倫相手が既婚者であれば不倫相手の配偶者からも慰謝料請求される可能性があります。
 
特に請求主に証拠を握られている場合、「不倫をしていない」と言い逃れをするのは難しいので、素直に不倫したことを認めて減額のお願いをするのが賢明です。
 
慰謝料の減額をする方法や、有利に話を進める方法については、弁護士に相談してみるのが一番です。
 
というのも、弁護士は豊富な法的知識と相談解決実績を持っていますし、代理交渉も行ってくれるからです。
 
初回相談を無料で受け付けている弁護士もいるので、下のボタンからお気軽にご相談ください。
 

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

不倫問題が泥沼化しそうなら…早いうちに弁護士へ相談がおすすめ

 
配偶者から高額な慰謝料を請求されること以外でも、配偶者と離婚したいのに請求を棄却されたり、逆に配偶者から離婚請求されているが離婚したくない場合があると思います。
 
特に配偶者と離婚したい場合に関しては、不貞行為を行った有責配偶者からの離婚は基本的に認められていないため、かなり難しいです。
 
このように、自分だけの力ではどうにもできなくなった場合は、取り返しがつかなくならないうちに弁護士に相談してみましょう。
 
離婚を避けるための交渉調停のサポートそして離婚訴訟にまで発展した場合も早い段階から相談しておけば精神的にも安心できます。
 
まずは法律相談をしてアドバイスをもらうことからはじめましょう。

不倫をしてしまった時にあなたがするべきこと3選のまとめ

不倫は誰にでもしてしまう可能性があります。問題はしてしまった後です。
 
自分がこの先どうしたいのかを見定めて、行動に移すことが大事になります。あなたの役に立てれば幸いです。
 
もし、男女問題で何かトラブルを抱えていれば、男女問題に強い弁護士に相談することをオススメします。
 
専門家に話してアドバイスをもらうだけでも精神的な安心に期待ができるでしょう。

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

 

不倫についてさらに詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

 

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費