カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 男女問題

不倫の誓約書を作るとき覚えておきたいポイントを解説します

パートナーの不倫が発覚したときに、作っておきたいのが誓約書です。では、不倫の誓約書は一体どのようにして作れば良いのでしょうか。知っておきたいポイントについて解説していきたいと思います。

不倫が一度でも発覚したら必ず誓約書を


信じていたパートナーの不倫が発覚したら非常にショックだと思いますが、そんなときこそ冷静に対処して不倫の誓約書を作るようにしましょう。

口だけの約束では簡単に信じることができませんので、約束したことを書面にして残すことで、言い訳することをできなくさせる効果があります。

不倫の誓約書を作るときのポイントを解説するので、参考にしてみてください。

不倫の誓約書の種類


口約束だけは、後でいくらでも言い訳することがえきます。そのため、例え夫婦の間でも不倫の誓約書を作っておけば記録を残すことができます。

不倫の誓約書にもいろいろな種類があるので見ていきましょう。

不倫の誓約書(1) 夫婦間の誓約書

 不倫など夫婦の間で何か問題が起きたときに、問題行為が繰り返されないように、問題が再発することを予防するために、夫婦の間で約束を行うことがあります。

その際に、口約束だけでは後からトラブルになりかねないので、 夫婦間で誓約書を作成することになります。

誓約書などの書面を作成することで、後から言い訳をすることができなくなるので、不倫などがあった場合は離婚しないという場合でも誓約書を作成することをおすすめします。

不倫の誓約書(2) 不倫相手との間の誓約書

不倫されて悩んでいるという場合、夫婦の間だけでなく配偶者の不倫相手との間でも誓約書を作成するようにしましょう。

不倫が発覚して別れると口で約束しても、結局その後も連絡を取り続けていた…なんてことも少なくありません。

そういったことを阻止するためにも、不倫相手との間でも誓約書を作成することが大切になります。 

不倫|浮気相手からも誓約書を取得する

不倫が発覚したあとに、不倫・浮気相手と2度と接触させないためにも、浮気相手からも誓約書を取得するようにしてください。

話し合いで「もう2度と会わないし、連絡も取らない」と約束したとしても、何度も言うように関係が完全に解消されるケースはとても少ないです。

完全に男女関係を解消させるためにも、浮気相手から「2度と接触しない」というようなことが書かれている旨の誓約書を求めるようにしましょう。

不倫の誓約書を作成するメリット

不倫の誓約書を作成する1番のメリットは、約束を文書にしてきちんと残しておくことができるということでしょう。

いくら反省しているような態度を見せられても、実際のところは分かりません。

ですが、誓約書があれば簡単に約束を破ることはできなくなります。

不倫相手ともう会わないと約束させるためだけのものではなく、離婚する際の慰謝料や財産分与、養育費などの誓約事項を広げることができるのも不倫の誓約書を作成する大きなメリットです。

不倫の誓約書に記載する内容


不倫の誓約書を作成するときは、どのうな内容を書いたら良いのか知らない人も多いのではないでしょうか。

記載しておきたい内容について見ていきましょう。

不倫の誓約書に記載する内容(1) 不倫相手の情報

不倫や浮気を繰り返すパートナーに誓約書を書かせる時に記載させたいことの1つに「不倫相手の情報」があります。

あなたが何を求めているかによって記載する内容も違ってきますが、婚姻関係を続けるにしても離婚するにしても、相手を特定する名前や住所などの情報は記載させるようにしましょう。

相手の情報が分かっていれば、関係をやめさすにしても慰謝料を請求するにしてもスムーズに話しをすすめることが出来ます。

不倫の誓約書に記載する内容(2) 不倫の事実関係

不倫の証拠があるのであれば別ですが、不貞の証拠を残すのというのは思っているより難しいことです。

ですから、不倫の誓約書を書くときは、不倫の事実関係があったことを書かせるようにしましょう。

パートナーと相手との間で不貞があったという事実をできるだけ明確に記載するようにするのです。
 
不倫の事実関係が記載されていれば、それが不貞の証拠となり得ます。

不倫の誓約書に記載する内容(3) 請求する内容

これは人によって違ってきますが、不倫の誓約書にはあなが請求する内容も記載するようにしてください。

例えば

  • 今後一切、電話などの連絡をしない
  • 今後不貞行為を一切しない
  • 不貞行為によって離婚することになった場合、慰謝料として○○円支払う
  • 職場不倫の場合、業務以外の個人的な接触は一切持たないようにする

といったように、あなたが請求する内容も忘れずに記載するようにしましょう。
慰謝料の支払いがもし滞った場合、差し押さえを行うというようなことを請求することもあります。

不倫の誓約書を作成する際のポイント


契約書は、二度と不倫をさせないためにぜひ作成しておきたい書面になりますが、不倫の誓約書を作成するときのポイントを知っておいてください。

不倫の誓約書を作成する際のポイント(1) 強制執行可能な公正証書に

不倫の誓約書を作成するといっても、誓約書にもいろいろな種類があります。

中でも強い効果がありおすすめなのが「公正証書」です。

公正証書というのは、公証役場で公証人という法律の専門家が作成してくれる公文書になります。

プロが作成してくれる誓約書なので、法的に効果があるものを作成することが出来るという大きなメリットがあります。

公正証書に書かれたことは絶対ですので、約束をやぶったら、給料を差し押さえて支払いをさせることも可能です。

不倫の誓約書を作成する際のポイント(2) 慰謝料の金額は具体的に

不倫による離婚の慰謝料に決まりがあるわけではありません。

夫婦の間で話し合って決めることですが、ある程度の相場があり一般的には50~300万円ほどであるといえます。

あくまでこれは相場ですので、不倫によって精神的に受けた苦痛が大きいのであれば相場以上の慰謝料を請求することも可能です。

不倫の誓約書を作成するときは、夫婦で話し合って合意した慰謝料の金額を具体的に記載するようにしましょう。

不倫の誓約書を作成する際のポイント(3) 専門家に相談の上作成する

不倫の誓約書を夫婦の間だけで作成することも不可能ではありませんが、本当に効果がある誓約書を作成したいのであれば専門家に相談した上で作成した方が良いでしょう。

弁護士に相談した上で作成した誓約書であれば、法的に効果がある間違いのないものを作成することができます。

請求内容、不倫による慰謝料などの条件も、専門家がチェックしてきちんと作成してくれるので、後からトラブルが起こるというようなことがあります。

不倫の誓約書を作るとき覚えておきたいポイントを解説しますのまとめ


不倫の誓約書を作るときに知っておきたいポイントについて紹介してきました。

離婚する、しない関係なしに不倫によって不安な思いをするのであれば、不倫の誓約書を作成してきちんと書面に残すことで問題に対処することができます。

誓約書はこれからの生活を円満にするためのものでもあると言えますので、不倫が発覚したら「どうでも良い」と投げやりにならずに誓約書を作成するようにしましょう。

信じていたパートナーの不倫が発覚すれば、辛い思いをするのは当然だと思いますが、不倫の誓約書を残してきちんと対処することが大切です。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費