浮気 男女問題

飲み会で浮気する彼氏の特徴5つと浮気防止策5選を解説

彼氏が飲み会に行くことをどう思いますか?大好きな彼氏だからこそ、飲み会中に連絡が途絶えるとつい浮気を疑ってしまいますよね。今回は飲み会が多い彼氏を持つ女性のために、彼氏が浮気をしているのか見極める方法と浮気を防ぐ方法をまとめました。

探偵を見つけるにはコチラ

飲み会で浮気をする彼氏の特徴チェックリスト5選

 
彼氏が仕事や友人との飲み会が多い人だと、「飲み会の席で新しい出会いがあるのでは」「飲み会で浮気したらどうしよう」「飲み会は浮気の口実なのではないか」と気になることも多いのではないのでしょうか。
 
彼氏が頻繁に飲み会に行くようになったら、嘘をついて他の女性と浮気している可能性があります。
 
本当に飲み会なのかや、飲み会だとしてもその飲み会の中で浮気をしていないのかを確かめるためのチェックリストを用意しましたので、チェックしていきましょう。

飲み会の参加者に女性がいることが多い

飲み会のメンバーに女性がいることが多い場合、少し浮気を警戒する必要があるかもしれません。
 
というのも、普段から信用できる彼氏でも、お酒が入って気持ちが高揚することでハメを外して、女性と盛り上がってしまう危険性があるからです。
 
もし帰宅がいつも以上に遅かったり、朝帰りをするようであれば、その飲み会にいた女性と浮気している可能性もあります。
 
ただし、飲み会に女性が参加するかどうかを聞いても嘘をつく男性もいるので、彼氏の発言が本当かどうかも見極める必要があるでしょう。

解散時間や帰宅時間を教えない

彼氏に飲み会の解散時間や帰宅時間を聞いても頑なに「分からない」と言う場合、飲み会で浮気をしている可能性や浮気をする気がある可能性があります。
 
というのも、解散時間や帰宅時間を教えないことで、もしハメを外して女性と遅くまで過ごしてしまっても彼女から責められることはなくなるからです。
 
ただし、会社や上司との飲み会で本当に解散時間が分からないケースもあると思うので、浮気を疑うのは、あまりにも飲み会の解散時間を教えてくれなかった場合に限るのが良いでしょう。

飲み会にいく頻度が多い

今まで飲み会にほとんど参加しなかった彼が、ある時から急に参加するようになって、それが週に2~3回もあるという場合は少し浮気を疑った方が良いかもしれません。
 
というのも、当たり前ですが女性が参加している飲み会に高い頻度で参加している場合はその分出会いやお誘いが多くなる可能性がありますし、男しかいない飲み会だと説明を受けていても、あまりにも頻度が高い場合は、本当は女性が参加している可能性も考えられるからです。
 
単純に彼氏が飲み会や接待が多い職種に就いているかどうかを加味する必要もありますが、そうでない場合は浮気を疑うことも必要でしょう。

飲み会の場所を教えてくれない

彼氏が飲み会の場所を教えてくれない場合も、浮気を疑った方が良いかもしれません。
 
というのも、飲み会の場所を教えると彼女が確認しにくる場合があるため、浮気をしている場合は基本的に場所を教えない可能性が高いからです。
 
もし場所を確認した時に、「決まってない」「店の名前忘れた」などという返事が多いのであれば、飲み会ではなく浮気をしているのかもしれません。

飲み会の日程がイベントごとの日

飲み会の日程がどんな日なのかも、浮気かどうか見極めるポイントになります。
 
もしクリスマスやバレンタインデーなどのイベント日に飲み会が開催される場合は、浮気かどうか調べるべきです。
 
というのも、わざわざクリスマスなどのイベントごとの日に飲み会が企画されることはあまりありませんし、あったとしても合コンやパートナーがいない人達で開かれる飲み会くらいだと考えられるからです。
 
飲み会の日がわざわざイベントごとの日の場合は、なぜその日に開催されるのかを彼氏に確認してみましょう。

彼氏に飲み会で浮気させない5つの対策

もし彼氏の行動に浮気の兆候が見られるようでしたら、一刻も早く対処しなくてはいけません。
 
そこで彼氏の浮気の対策方法を5つご紹介します。

普段から彼氏の交友関係を知っておく

普段から彼氏の交友関係を知っておくと、彼氏の浮気を防げる可能性があります。
 
というのも、彼氏の交友関係を知っておくことでどんなメンバーのときにどんな飲み会が開かれるのか把握することができますし、共通の知り合いがいる飲み会でわざわざ浮気をする人はほとんどいないと考えられるからです。
 
彼女側としても、自分が知っている人と彼氏が飲み会をするのと、知らない人と飲み会をするのとでは、浮気への不安感は全く変わると思います。
 
しかし、彼氏の交友関係を制限するのはまた別の話です。その束縛のストレスから浮気に走ってしまう人もいるので、彼氏の交友関係を探るのも度が過ぎないように注意しましょう。

女性がいる場合は解散時に連絡をもらう

女性がいる飲み会の場合は、飲み会の解散時に彼氏から連絡をもらうのが浮気の防止策としておすすめです。
 
というのも、特に女性がいる飲み会では解散後に酔った勢いでそのまま女性と関係を持ってしまうという危険性がありますが、連絡を入れてもらうことで彼氏の自制心が働く可能性が高いからです。
 
普段から、自分が知らない女性がいる飲み会では解散した時に連絡を入れてもらうよう約束をするとスムーズかもしれません。

飲み会に行く頻度を可能な範囲で制限してもらう

飲み会といっても会社の付き合いや、接待など仕事の一環として飲みに行く人もいますが、飲み会に行く頻度を可能な範囲で彼氏に制限してもらうのも、飲み会での浮気を防止するひとつの方法です。

というのも、当然ですが飲み会の頻度が減れば人と出会う頻度が減り、浮気に発展する関係になる人と出会う可能性を減らすことができるからです。
 
仕事も含めて週の半分程飲み会に参加しているようであれば、それを週2回にしてもらうなど、できる範囲で減らしてもらうよう話し合ってみましょう。
 
ただし、制限する飲み会は彼氏の会社で開催されるもので自由参加のものや、仕事以外の飲み会を対象にするようにしてください。
 
特に取引先との接待など、断れない仕事の飲み会を制限してしまうと理解のない彼女だと思われてしまう可能性もあるので、快く送り出してあげた方が良いでしょう。

場所を事前に教えてもらう

彼氏の飲み会での浮気を防止するには、飲み会の場所を事前に教えてもらうのもひとつの手です。
 
というのも、彼氏側が「飲み会の場所に彼女が来る可能性が少しでもある」と意識すれば、浮気することをためらう可能性が高くなるからです。
 
ただし、お店が事前に決まっていないというパターンもありますので、その時はお店に着いた時点で一度連絡をくれるようお願いしてみて下さい。
 
これも程度をわきまえ、しつこくなりすぎない程度に飲み会の場所を教えてもらうようにしたほうが無難です。

時間を事前に教えてもらう

彼氏の飲み会での浮気を防止するには、飲み会の始まる時間と終わる時間を事前に聞いておくことも効果的です。
 
というのも、時間を事前に教えてもらうことで、飲み会が終わった頃に連絡をしても反応がなかった場合、後日連絡がない理由を軽く聞くことができますし、彼氏自身にも「この時間には帰らなきゃ」という自覚が芽生えるからです。
 
もし飲み会の時間を毎回確認しているのにもかかわらず連絡がつかないことが多い場合は、他の女性と一緒にいるからということも考えられます。
 
この5つ以外でもさらに彼氏の浮気を予防したい人は、浮気対策のためにできること10選!大切な人に浮気させないためにはをご覧ください。

彼氏の浮気ついてもっと知りたい人はこちらもおすすめ

飲み会で浮気する彼氏の特徴5つと浮気防止策5選を解説のまとめ

彼氏が飲み会に参加する度にモヤモヤしてしまいますが、飲み会を制限してしまうと重い女だと思われてしまうのでそれも避けたいですよね。
 
それでも快く送り出せないのは仕方がないことですし、連絡がないと浮気をしているのではないかと疑ってしまうことでストレスが溜まってしまいます。
 
浮気に発展するのを避けるためにも事前の対策が必要です。
 
飲み会の場所や時間を教えてもらうだけでも不安な気持ちは解消されますよね。
 
今後は事前に確認をするようにして彼氏と上手く付き合っていける方法を二人で考えてみて下さい。
 
万が一、浮気をしているかどうか証拠が欲しいという時には、探偵に依頼すると確実にわかるでしょう。
 
自分で証拠集めすることもできますが、証拠の収集方法が実は違法になってしまっていたり、収集中に相手にバレてしまうなどのリスクも多く存在します。
 
なので自分で探偵探しをするよりも、探偵事務所相談のタントくんの利用をおすすめします。
 
タントくんであれば、厳選された信頼できる探偵事務所を、あなたの条件に合わせていくつかピックアップしてくれます。
 
相談も無料なので、まずは相談だけして、どれくらいの費用がかかるのか、見積もりをしてもらいましょう。

探偵を見つけるにはコチラ

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費