カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
浮気 男女問題

旦那にキスマークがあったら浮気確定?見つけたときの対処法とは

旦那にキスマークがついていた!?浮気相手からの挑戦状なのか、自分の勘違いなのか、あれこれ考えてしまいますよね。キスマークを見つけたときのベストな対応とは何か?浮気かどうかを見極める方法を紹介します。

無料の電話相談で自分に合った探偵を探す

なんでキスマークが?どういう意味?浮気?誰と?そんな悩みを解決します!

 キスマークといっても、浮気相手からセフレ、飲み会でのノリでついたものなど、色々な原因が考えられます。
 
意味深なものもあれば、軽い気持ちでつけられたものまで。
 
これまでの夫婦関係を考えて、そのキスマークにどんな意味があるのかおおよその見当がつくのではないでしょうか。
 
キスマークに気付いたらその意味を考えて対応すべきで、「何それ?」と問い詰めるか、わざと気付かぬフリをして旦那さんを泳がせて証拠をつかむかなどの方法があります。
 
離婚を考えているなら水面下での調査が必要になることがあるので、探偵事務所などに依頼してプランを練っていきましょう。

なぜ浮気相手は旦那にキスマークをつけたのか?キスマークをつける意味とは?

キスマークをつけるには色々な意味があります。
 
心理戦に持ち込む不倫相手の意図を感じたり、何らかのアピールをしている場合もあります。
 
その意味を読み解くことができれば、奥さん側も戦略を練って対応できるはず! 

キスマークをつけた浮気相手の心理(1) 旦那は自分のものという態度

よくあるパターンですが、不倫相手がわざと旦那さんにキスマークをつけるというもの。
 
すでに夫婦関係が破たんしていることに気付いていて、離婚を勧めるという意図があります。
 
または、旦那さんを取りあっている恋敵としてのアピールで、奥さんの自尊心を傷つけるような行為としての意味があります。
 
キスマークをつけて奥さんに気付かせるのは、勝利宣言か、積極的な恋愛へのアピールといえます。

キスマークをつけた浮気相手の心理(2) 旦那を略奪できるという自信がある

旦那さんを奪えるという自信をあえてアピールすることで、奥さんのプライドを傷つける行為としての意味があります。
 
この意味のキスマークは、旦那さんと不倫相手のあいだで深く夫婦関係について話がなされているような状態といえるでしょう。
 
不倫相手は奥さんの存在をよく聞いているため、自分の方が女性としての魅力が勝っていることを訴えています。
 
このキスマークから発展する不倫は、のちに奥さんの心理を長期的に混乱させるため、ダメージが大きいかもしれません。

キスマークをつけた浮気相手の心理(3) 旦那を困らせたかった

 旦那さんとの間で不倫関係にありながら、本人がハッキリしない態度に対してキスマークをつけているかもしれません。
 
不倫相手をとるか、家庭をとるかの選択を迫る場合に、相手がキスマークをつけるのでしょう。
 
当然、奥さんが気付くとわかっていての行為なので、離婚か復縁か、旦那さんは決断を迫られます。

キスマークをつけた浮気相手の心理(4) 妻に気づかせたい

キスマークをつける場所にも不倫相手の意図が表れるでしょう。
 
首筋など、ハッキリわかる場所につけるなら奥さんに不倫をしていることを気付かせるための意思があるのかもしれません。
 
服の中であれば気付いたときのショックを与えるためと、心理的なダメージの与え方を考えている場合があります。

キスマークをつけた浮気相手の心理(5) 旦那に頼まれてつけた

キスマークをつけるのは旦那さんと不倫相手、双方の意図があってのこともあるでしょう。
 
離婚したい心理を訴えるためにキスマークをつけさせて、奥さんに気付かせて離婚話を切り出す。
 
奥さんが怒りで「離婚する!」と印を押してしまえば、まさに旦那さんと不倫相手の思うツボです。
 
キスマークを見つけたら、その意味をよく考えて冷静に対処するのがベストな方法です。

浮気相手にキスマークをつけられた旦那は何を考えてるの?

キスマークに気付かない場合もあれば、気付いたときの旦那さんの心理は3つに分かれるでしょう。

そもそもキスマークに気づいていない

そもそも気付いていない場合は、不倫を隠しているか、ひっそりと浮気を楽しんでいるかでしょう。
 
相手との肉体関係があれば、責任を問われるのは当然ですから、それをわかっているのにキスマークがついているということは、キスマークに気付いていない証ともいえます。
 
不倫は隠しているからバレていないという心理があるため、気付かないのでしょう。

「バレるかもしれない」というスリルを楽しんでいる

 浮気の頻度が高くなると、最初は警戒心をもっていても、そのうち意識が薄くなって日常的になっていきます。
 
バレない期間が続けば続くほど、周囲の目など不倫のスリルを楽しむ余裕が出てきます。

そうなると、バレるかもしれないキスマークなどをあえて残すことによって、そのスリルを味わっているのかもしれませんね。

妻にわざとバレるようにしている

奥さんにバレるようにわざとキスマークを残すのは、旦那が離婚をしたいと思っているが、離婚を切り出す勇気がない場合もあります。

そのため、わざとキスマークを見せることで、妻に離婚を切り出させたいという心理があります。

なんとも卑怯な心理ですが、この場合、夫婦関係の修復は難しいかもしれません。

旦那の体にキスマークを見つけて浮気を疑ったときの対処法

キスマークから浮気を疑ったら、感情的にならずに落ち着いて対応し、相手の意図にはまらないことが大切!

旦那の体にキスマークがあっても浮気とは限らない?まずはチェックしてみよう

キスマークに気付いたらまずは異性との肉体関係を疑うでしょう。

でも、実際にはキスマークがついてしまうことはあることで、飲み会でのノリでつけられた、罰ゲームでつけられたなど、軽い気持ちでついたものもあります。

場所によってはどこかにぶつけた場合のあざの可能性もあります。

キスマークはもちろん、それまでの夫婦関係を考えれば、不倫相手がいるのかいないのか、だいたいの見当は付くのではないでしょうか。

そのうえで給与明細やクレジットカード、スマホのメールやカーナビの履歴など、不倫につながるその他の具体的な証拠を探しましょう。

しばらく様子を見てみるのもあり

離婚や慰謝料請求を考えているならば、時間をかけて調査を行い、証拠を集める必要があります。
 
わかりやすくいえば、2人がラブホテルその他の宿泊施設や相手方の居宅に泊まったなどの情報を得る必要があるのです。
 
そのためには、気付かないフリをして水面下で調査を行い、しっかりと証拠を確保しましょう。
 
整った段階ですべてを相手方につきつけ、法的な手段で解決するというのが望ましいでしょう。

キスマークで浮気を疑っている時にやってはいけないこと

こちらでは、キスマークで浮気を疑っている時にやってはいけないことを紹介します。

  1. 証拠もないのに問い詰める
  2. 暴言を吐く・暴力をふるう
  3. スマホを勝手に見る

それぞれ解説します。

1.証拠も無いのに問い詰める

証拠もないのに浮気を問い詰めるのは、得策ではありません。

口論が発生すると、さらに関係性が悪化する可能性が高いです。また明確な証拠が無いので、相手に強く言われても反論ができないですよね。

そのまま勢いに任せて逃げようとする可能性もあるので、問い詰めるのは不倫相手と接触している物的証拠や確証、何らかの情報を得てからです。そこで夫婦間の対応を考えましょう。

慰謝料を請求したり、離婚の条件をつきつけるには、確たる証拠が必要ですから、それがとれるまでは旦那さんに強く問い詰めるのは避けましょう。

2.暴言を吐く・暴力をふるう

暴言を吐いたり、暴力をふるったるのもNGです。

こちらが暴力を振ってしまうと、相手が悪いにもかかわらずこちらが罪に問われる可能性がありえます。

罪とはならなくても、離婚時の慰謝料などに響くことは十分にあり得るでしょう。

あくまでも冷静に対応して、暴力などは避けてください。

3.スマホを勝手に見る

スマホを勝手に見るのもやってはいけません。最悪罪に問われますし、相手の怒りを買ってしまう恐れがあります。

証拠集めは探偵などに任せて、自分は何もせずに冷静になっておくことが、最終的に相手を一番苦しめることになるでしょう。

4.不当な証拠探しをする

不当な証拠探しをすることもやめてください。

内容によりますが、罪に問われてしまう可能性があります。たとえば相手の居住地に侵入すれば不法侵入罪となりますよね。

他にもスマートフォンを勝手に操作したり、アプリを入れたりすることも罪に問われやすいです。

不当な証拠探しは避けて、探偵の調査結果を待ってください。

旦那の体にキスマークを見つけて浮気を疑ったら…探偵事務所に相談を

キスマークは怒り爆発しそうな証拠ですが、見つけて浮気を疑ったらすぐ問い詰めずに探偵事務所に相談するのがオススメです。

自分で行う浮気調査の難しさ

キスマークから不倫相手をつきとめようと、自分で浮気調査をしても限界があります。
 
仕事を持っている方は特に、旦那さんと不倫相手がいる現場に時間を割いて尾行や張り込みを行うのは難しいでしょう。
 
車両や特殊機材、冷静な判断が必要になり、自分でリスクを背負って調査するのは禁物。

さらに、一般の方が尾行や聞き込み、旦那の携帯を勝手に操作するということは犯罪になりかねないので注意しましょう。
 
浮気調査で離婚理由にあたる証拠をとって初めて相手方に請求できるのであって、キスマークや自力での調査、憶測や推測だけで判断して問い詰めてはいけません。 

それでも確実な証拠を得るためにはどうしたらいいの?

不貞行為の証拠を得るためには、探偵に依頼することが必要になってきます。

理由としては、
  • 浮気調査のプロであること
  • 裁判でも使えるような信頼できる証拠が手に入ること
  • 調査の負担が大幅に減ること
  • 自分が法に触れることはないこと

などが挙げられます。

また、探偵に少しでも不安を持っている方は、直接探偵に行くのではなく、タントくんを利用するのがおすすめです。

タントくんであれば、熟練のアドバイザーが探偵について手取り足取り教えてくれ、あなたの不安を解消してから探偵に依頼することができるはずです。

タントくんは相談から探偵の紹介まで全て無料でご利用いただけるので、相談だけでもしてみましょう。

確実な不貞行為の証拠をゲットした後は?

 不倫関係を立証するためには、不貞行為の実態を証拠として押さえる必要があります。
 
離婚や慰謝料請求を考えているならば、写真や動画などを証拠データとして押さえた上で、不倫相手に慰謝料を請求したり、旦那さんに離婚条件をつきつけていきます。
 
復縁するにしても、次に不倫関係が発覚した場合は条件を受け容れる旨の書面を作成させればOK。
  
時間が経つほどに約束はないがしろにされることが多々あるので、これを防ぐためにもきちんとした調査で証拠とることが大切です。

旦那の浮気相手からのキスマークに悩んでいる人はこちらもおすすめです!

旦那にキスマークがあったら浮気確定?見つけたときの対処法とはのまとめ

浮気相手のキスマークがついた旦那さんは、気付いていない場合もあれば、何らかの意図があって残している場合もあります。
 
いずれにしても、キスマークに気付けば感情的になりやすいですが、いきなり問い詰めず、浮気を疑ったらその他の周辺状況を見て証拠を集めていきましょう。
 
スマホ、カーナビ、給与明細からのお金の動き、クレジットカード、普段の会話などが証拠になります。
 
浮気が本当だとしたら、それを裏付ける証拠をとる必要があり、証拠があって初めて旦那さんや不倫相手に責任を追及していけます。
 
その調査はプロである探偵に任せるのが一番。
 
確実な証拠をとって、離婚または復縁に向けてのプランを練り、今後の対応を決めていくべきです。
 
下部ボタンからでしたら、無料の電話相談にてご自身に合った探偵を探すことが可能です↓

無料の電話相談で自分に合った探偵を探す

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費