カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

離婚日記が裁判で役立つ?離婚で有利になる証拠について弁護士が解説

「離婚日記」をご存じですか?離婚する際、話し合いがスムーズに進めば良いけれど、そうはいかないケースも多くあります。離婚日記を含め、そのような場合に役に立つ証拠について解説していきます。

離婚問題でお悩みの方は、一度弁護士に相談してみませんか?
男女問題に強い弁護士に相談することで、さまざまなメリットがあります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
そもそも離婚が認められるかや離婚の条件などのアドバイスをもらえる
・養育費や慰謝料など、自分にとって有利な条件で離婚できる
相手との交渉を代理で行ってくれたり、法的に有効な証拠を調査してくれる
離婚に必要な書類を不備なく作成できる

精神面のサポートもしてくれる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

離婚日記は裁判で証拠になる? 

日記が証拠になるの?そう思われた方もいらっしゃると思います。

実はなるのです。

また、もし離婚裁判になった時に、あなたは何の緊張もなく記憶を整理しながら調停員や裁判官の質問に答える事ができますか?「それはちょっと難しい…」という方が多いはずです。

離婚裁判をする際には、事前に簡単な日記を書いておくことで、時系列の整理などにも役立ちます。

離婚日記の書き方は?

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

「離婚日記」といっても、難しく考える事はありません。

自分の思った事はもちろん、あった事をありのままに書けばよいのです。

その日にあったことを記録する

いきなりありのままにと言われても戸惑いますね。

でしたら、こんな風にメモのように書くのも良いかもしれません。

◯月◯日 また、夫が私を殴った。それもお酒を飲んで暴れるなんて許せない!

✕月✕日 また「飲んでて寝てしまった」と言う嘘をつかれた!絶対にどこかに泊まってくる場所があるはず!

簡単なメモだと思えば、書けそうな気がしますよね。

どんなに記憶力に自信のある人でも、日常で起きる些細な事はいきなり話を振られても答えられるものではないのです。そんなとき、簡単なメモでも、その日にあった出来事を書いた記録があれば、役に立つはずです。

離婚調停は非公開なので、好きなように書いてOK

こんな事まで書いたら皆に笑われるのではないか? 

そういえば、あんな事も、こんな事も許せないけど恥ずかしくてとても公表できない!と思うかもしれませんが、そんな心配はいりません。

なぜなら離婚調停は非公開だからです。

また、仮に離婚裁判に至ったとしても、日記が誰でも閲覧できる状態になるわけではありません。

特に性の問題では心理的にもブレーキがかかってしまい、なかなか真実を話す事が出来ない事も日記やメモに書きだしていく事で調停員や裁判官に、理解してもらいやすくなります。

ですから、心配せずに本当の事を詳しくか書きだす事が大切になります。

嘘のない事実はあなたを守る最大の武器となる事でしょう。

離婚裁判で役立つ日記以外の証拠

日記やメモの他にもあると強力な証拠になるものがありますので、有利に運ぶためにも忘れないようにしましょう。

暴力行為があった場合

わざとの場合はもちろん、もし夫にそんな気はなかったとしても、暴力行為があった時は医師に診断書の作成をお願いしましょう。

殴られただけではなく、言葉の暴力(モラハラ)の時も精神科を受診しましょう。

相手からの言葉の暴力で、これだけ自分は精神的に苦しんでいるのだと言う事を証明してもらうのです。

言葉の暴力による心の傷でも診断書が取れる事を覚えておいてくださいね。

特に暴力や暴言が原因で離婚したい方にとっては診断書と前述した日記、メモのセットがあれば強力な証拠になります。

金銭的な問題がある場合

夫が生活費を入れてくれない、何度話し合っても借金や浪費がひどいなどの、金銭的な事が理由でしたら通帳のコピーや借金の請求書、もちろん借用書のコピーも提出しましょう。

意外に思われるかもしれませんが、コツコツつけていた家計簿も役に立ちます。

あなたが立て替えた借用書のないお金でもメモを残すだけで証拠として残ります。

この金銭的問題で生活が立ち行かなくなっていると言う事を、調停委員や裁判官に理解してもらうことが大切だからです。

浮気があった場合

度重なる浮気で離婚を決断したというケースであれば、浮気を証明する写真や相手からの手紙が強力な証拠になります。

俗にいう不貞慰謝料を取るためには、配偶者が他の人と性行為をしたことを証明しなければなりません。

なかなかそれが難しいことも事実です。

探偵を雇うなどをしても確実とはいえず、ただのデートだと逃れられてしまうかもしれません。

もし写真がなくても相手の不審な行動を徹底的にメモすることで、相手が原因で結婚生活そのものが破たんしていることやあなたが苦しんでいることを証明することができるのです。

相手の浮気が原因でこじれると必要最低限以外は口も利かないし、顔も見たくないという人の方が多いと思います。

モラハラについて、日記やメモを残していなくても、相手からのメールや電話でのやりとりを録音するという方法が有効です。

その中に暴力的なニュアンスや言葉があれば、それも立派な証拠の1つになるので注意しておいて損はありません。

親権の獲得にも役立つ?

離婚裁判にまで発展してしまう多くの原因が、どちらが親権を取るか?というものだと思います。

もし、何があっても親権は手放さない!というのであれば、調停委員や裁判官に理解してもらわねばなりません。

そのためにも今までお伝えしてきた、上記の証拠があると良いですね。

基本的には子供が幼い場合、母親の親権が認められることが多いです。

離婚に関する関連記事はこちら

>>【関連記事】離婚について弁護士に相談するメリット・デメリット

>>【関連記事】離婚したくないなら弁護士に相談を!弁護士に相談するべき理由とは?

>>【関連記事】離婚手続きはどのように行うのか?その際の注意点は?現役弁護士が解説

まとめ

誰もが離婚裁判の証拠集めなどできるならしたくはないですがもしそうなってしまったときのために少しでも知識があるのとないのとではその後の人生が大きく変わってしまうかもしれません。

また、困った際は早めに離婚問題に強い弁護士に相談するのが吉といえるでしょう。

あなたやあなたの大切な人をこれ以上傷つけ、苦しめないためにほんの少しでもこの記事がお役に立てたらそれほどうれしいことはありません。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。

女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費