カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

世界の離婚率ってどれくらい?世界と日本の離婚率を徹底比較!

世界の離婚率はどれくらいなのでしょうか。今回は世界の離婚率と日本の離婚率について、比較しながらみていきたいと思います。

世界の離婚率

離婚問題でお悩みではありませんか?

「離婚したいけど、相手が応じてくれない」
「パートナーに浮気されてしまい、できるだけたくさんの慰謝料を取りたい…」

そんな方は、弁護士にご相談いただくことで様々なメリットが得られます。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・そもそも離婚が認められるかや離婚の条件など、分からないことについてアドバイスをもらえる
・養育費や慰謝料など、自分にとって有利な条件で離婚できる
相手との交渉を代理で行ってくれる
離婚に必要な書類を不備なく作成できる

精神面のサポートもしてくれる

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

世界の離婚率ってどれくらいなの?

では、世界の離婚率はどのくらいなのでしょうか。
 
離婚率は人口1000人あたりで何組離婚をするかという形で求められます
 
日本の離婚率は、1000人あたり1.7組で、世界59位となっています。
 
昨今、日本の離婚率は高い位置で推移しています。そのため、世界でも比較的高い離婚率となってしまいました。
 
では、離婚率ランキングで日本の上に位置する国はどこなのでしょうか。世界の離婚率についてみていきましょう。

世界の離婚率

世界の離婚率
 
以下では9つの国の離婚率の詳細をみていきたいと思います。世界の離婚データに関する情報は、総務省統計局「世界の統計2018」をもとにしています。

離婚率と世界(1) アメリカの離婚率

アメリカの離婚率が高いことはよく知られているでしょう。
 
アメリカでは夫婦2組のうち1組が離婚するとまでいわれています。
 
そんなアメリカの離婚率は、1000人あたり2.5組です。

離婚率と世界(2) 英国の離婚率

紳士の国イギリスの離婚率は、1000人あたり1.9組です。
 
やはり日本よりも離婚率が高くなっています。
 
イギリスには伝統的に個人を尊重する個人主義の考え方が根付いています。
 
これが、個人の幸せを追求する気持ちとなり、合わない相手とはすぐに離婚することに繋がっているのかもしれません。

離婚率と世界(3) フランスの離婚率

華やかな文化で知られるフランスの離婚率は1000人あたり1.9組です。
 
恋に自由なイメージのあるフランスですが、離婚率は日本よりも少し高い程度にとどまっています。
 
ヨーロッパは女性の社会進出が進んでいるため、それらも離婚率の高さと関係しています。

離婚率と世界(4) ロシアの離婚率

広大なり領土を持つロシアの離婚率は1000人あたり4.7組です。
 
なんとロシアの離婚率はアメリカよりもかなり高いのです。
 
ロシアでは、ソ連の崩壊後、失業率が高い時代が続いており、それが高い離婚率に結び付いています。
 
失業状態を抜け出せず、アルコール依存症に陥るなどし、離婚する夫婦が多いのです。

離婚率と世界(5) 中国の離婚率

昨今、経済発展が著しい中国の離婚率は1000人あたり1.8組です。
 
経済発展に伴い、個人主義の考え方が強くなり、また、核家族化が進んだことが高い離婚率の原因です。
 
中国では、ここ数年で離婚率が実に3倍にまで伸びているのです。

離婚率と世界(6) 韓国の離婚率

韓国の離婚率は1000人あたり2.1組です。
 

韓国では2004年は1000人あたり2.9組も離婚していたのですが、2008年に「離婚熟慮制度」を導入しました。これは離婚届を出した夫婦に1〜3カ月の熟考期間を与える制度になります。

もともと離婚理由に喧嘩による衝動的な離婚が多かったため、離婚届を提出後も一定期間は猶予を与えるようにしました。これにより冷静になる時間を作れたことで、離婚率がぐんと下がったようです。

離婚率と世界(7) イスラエルの離婚率

中東の国であるイスラエルの離婚率は1000人あたり1.7組です。
 
イスラエルでは、ユダヤ教・イスラム教が広く信仰されていますが、日本とほとんど変わらずそれなりに高い離婚率となっています。

離婚率と世界(8) オーストラリアの離婚率

大きな島国であり、独自の生態系を持つオーストラリアの離婚率は1000人あたり2.0組です。
 
やはり先進国における離婚率は比較的高いという例から漏れておりません。

離婚率と世界(9) ドイツの離婚率

ドイツの離婚率は1000人あたり2.0組です。
 
工業等で知名度のあるドイツですが、離婚率は日本よりも高くなっています。
 
ヨーロッパは海外の中でも離婚率が高い位置で推移している国が多いのです。

世界の離婚率と日本の離婚率の比較

ここからは日本の離婚率と世界の離婚率を比較してみましょう。
 
特に著名な国との比較をすることで、日本の離婚率の高さについて考えるきっかけとなるでしょう。 

世界の離婚率と日本の離婚率の比較(1) 日本より高い国の例

日本は世界ランキングで59位であるため、離婚率は世界の中でも高い位置で推移している国といえます。
 
アメリカ、中国、フランス、ドイツ、イギリス等の著名な先進国はいずれも日本よりも高い離婚率です。
 
日本は先進国の中では離婚率は高いほうではありません。

世界の離婚率と日本の離婚率の比較(2) 日本よりも低い国

日本よりも離婚率が低い国としては、スペイン、シンガポール、トルコ、イスラエル、ブラジル等が挙げられます。
 
先進国になればなるほど、離婚率は高くなっていく傾向にあるといえます

離婚でお悩みなら?

日本において、もはや離婚は他人事ではありません
 
離婚でお悩みの方は、是非とも弁護士に相談してみてください。

弁護士に相談する

昨今は世界的に離婚が増えてきています。
 
そのため、離婚をお考えの方がいましたら、早い段階で一度弁護士に相談することをお勧めいたします。
 
そうすることで、慰謝料、財産分与、養育費の取り決め等の離婚に関する様々な点について、自分に有利な形で離婚をすることができます。

Point

カケコムが4,000件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。カケコムでご相談いただくことで、その他にも下記のようなメリットがあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。24時間予約も受けられる可能性があります。
オンライン相談が可能な弁護士も登録しています。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・弁護士費用は、分割払いや後払いが可能な場合もあります。
「弁護士経験10年以上」「メディア掲載歴・出演歴有」「実績豊富」等、安心して依頼できる弁護士が登録しています。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

離婚率や離婚事情に興味がある方は以下の記事もおすすめです

まとめ

以上のように、日本の離婚率は先進国の中では低い方ですが、世界的にみると高い位置で推移しています
 
今後、日本の離婚率はアメリカやロシアなどの海外の離婚率よりも高くなっていくかもしれません。
 
離婚はもはや誰にでも起こり得ることなのです。
 
離婚でお悩みの方は、早い段階で弁護士に相談し、有利な形での離婚を目指すことをお勧めいたします
 
現代においては、一人ひとりの幸せがあってこそ、夫婦の幸せがあるのです。
 

夫婦の幸せは、個人の幸せの上に成り立つものなのです。

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費