不倫 男女問題

不倫相手の奥さんにばれたときの緊急対処法!こんなときどうする?

不倫相手の奥さんに不倫がバレてしまったらどうすればよいのでしょう。既婚男性の甘い誘惑に乗ってしまい、いけないとわかっていながらも不倫関係になってしまった、という女性は少なくありません。会う頻度を減らす、別れる、奥さんに謝罪する、選択肢はたくさんありますが、なるべく穏便に済ませたいですよね。今回は不倫相手の奥さんに関係がバレてしまったときの対処法と、慰謝料を請求されたときの対処法をご紹介していきます。

弁護士からの連絡を待つ

不倫がばれた場合の対処法

既婚男性の大人な男性の魅力に取りつかれ、不倫してしまった独身女性にとって、不倫相手の奥さんに不倫がばれてしまうことは最大のピンチとも言えるかもしれません。
 
どうすればそのピンチを乗り越えられるでしょうか。
 
不倫という人を傷つける行為をしてしまったのですから、あなた自身ノーダメージで済むことはないと覚悟しておいた方がよいでしょう。
 
なぜなら、相手の奥さんには慰謝料を請求する権利などがあり、あなたに金銭的、社会的制裁を与えられる可能性があるからです。
 

不倫がばれたら不倫相手と別れた方が良い

不倫相手の奥さんに関係がばれたときの最も適切な対処法は、なるべく早く不倫相手と別れることです。
 
というのも、そのまま関係を続けることで不倫相手の奥さんに重大な証拠をつかまれ、数百万円の慰謝料を支払うことになる可能性もありますし、不倫相手に離婚して欲しいと伝えたとしても、離婚は社会的信用にも大きく影響するため、すぐに離婚をする男性は少ないと思われるからです。
 
それでは、万一、不倫相手の奥さんから慰謝料請求された場合はどうすれば良いのでしょうか。
 

不倫がばれて慰謝料請求される可能性はあるか

不倫相手の奥さんに不倫関係がばれ、別れた場合でも、不倫相手の奥さんに慰謝料を請求される可能性はあります。

不倫がばれた場合の慰謝料請求(1) 証拠があると慰謝料請求が通りやすい

相手方が法的に有効な不倫の証拠をすでに掴んでいる場合、慰謝料請求は通りやすくなります。法的に有効な証拠とは、ツーショット写真やLINEのやりとりです。
 
証拠がなかったり、少なかったりして不倫を証明できない場合は、相手方の慰謝料請求が通らず、和解で終わることもあります。
 
また、不倫がばれてすぐ別れたり、証拠となる写真ややりとりを消したとしても、相手の奥さんが探偵を雇ってすでに証拠を掴んでいる可能性もあります。
 
その場合、慰謝料請求してくる可能性も十分にあるので、その際は弁護士に相談してみるのがおすすめです。

不倫がばれた場合の慰謝料請求(2) 慰謝料の相場

不貞行為が認められた場合、慰謝料の相場は一般的に50万~200万円程度になるといわれています。
 
慰謝料がいくらになるかは、不倫によって夫婦関係が破綻し、離婚に至ったか否かが基準となります。
 
不倫がばれた後に不倫関係を解消し、相手方の夫婦関係が再構築できる状態ならば、50万円程度で収まるかもしれません。
 
しかし、不倫によって夫婦関係が破綻し、離婚に至ったと判断された場合は、より相手方に不利益を被ったと判断されるため、最大で200万円程度にもなることがあるのです。
 
Point

カケコムを選ぶべき理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で記入し、送るだけで、あなたのお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。
初回相談を無料で受け付けていたり、特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍しているので、費用や時間が不安な方にもご安心いただけます。
また、男性だけでなく、女性弁護士も在籍していますので、女性にしかできないご相談もお気軽にお申し付けください。「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、気負わずご相談ください!

不倫相手の奥さんに謝罪する場合

不倫がばれた場合、謝罪をして、不倫相手の奥さんの怒りを抑えることで慰謝料の請求を回避できるかもしれません。
 
ここではどのような方法で謝るのが適切かをご紹介します。

直接謝りに行く

まずは直接謝りに行くという方法ですが、これはあまりおすすめできません。
 
なぜなら、誠意は伝わるかもしれませんが、相手の奥さんが不倫相手の女性の顔を見たくなかった場合は火に油を注ぐことになる可能性があるからです。
 
また、不倫相手の奥さんから呼び出されるケースもあると思いますが、万一不倫の報復をされる可能性を考えて、二人きりにならない場所で会ったり、弁護士に同席してもらうなどの対応をした方が良いかもしれません。

電話で謝罪する

電話での謝罪は、直接謝りに行くよりはおすすめな方法です。
 
なぜなら、顔を合わせずに済むので、直接会うよりも比較的落ち着いて謝罪を伝えられるかもしれませんし、電話とはいえ直接話せるので、メールや手紙よりは気持ちが伝わりやすいと思われるからです。
 
電話越しに怒鳴られる可能性もありますが、そんな状況でも逃げずに電話を切るまで誠意を見せ続けることで、相手も諦めて許してくれるかもしれません。

メールや手紙で謝罪する

会うのも怖い、電話で声を聴くのも嫌、という方はメールや手紙で謝罪するとよいでしょう。
 
なぜなら、メールや手紙での謝罪は、直接会って話すより気持ちが伝わりにくいかもしれませんが、こちらの言いたいことを一気に伝えることができ、奥さんのお怒りの言葉を聞かずに済むからです。
 
ただし、メールや手紙はそのまま証拠として残ってしまうため、「今後一切会いません」と書いたにも関わらず不倫相手と逢瀬を重ねていた場合、メールや手紙が動かぬ証拠となり、慰謝料を請求されてしまうことになりかねません
 
そのため、メールで約束した内容は必ず守るようにしましょう。

不倫がばれたらすぐに対処しないと手遅れになるかも

不倫相手の奥さんに関係がばれたら、社会的制裁を与えられる可能性があるため、どうしようと悩んでいる暇はありません。
 
早く対処していかないと手遅れになってしまうかもしれないので、早めに行動に移しましょう。

不倫がばれたら弁護士に相談

不倫相手の奥さんが慰謝料請求の準備をしている可能性があります。
 
んな時は弁護士に相談するのがとてもおすすめです。
 
というのも、万が一、不倫相手の奥さんによる内容証明の送付や裁判所からの呼び出しがあったとしても、弁護士なら即座に対応してくれますし、相手方が弁護士を立てている場合でも太刀打ちすることができるからです。
 
また、弁護士は代理交渉も行ってくれるので、慰謝料請求があっても相手に証拠の不足があれば、それを指摘して慰謝料減額を要求できる可能性もあります。
 
これらを全て素人が対処するのは難しいと思いますので、相手の奥さんに不倫がばれたことがわかったら、まずは弁護士に相談し、なるべく自分に有利に進めていきましょう
 
Point

カケコムを選ぶべき理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で記入し、送るだけで、あなたのお悩みに合った弁護士からの連絡が届きます。
初回相談を無料で受け付けていたり、特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍しているので、費用や時間が不安な方にもご安心いただけます。
また、男性だけでなく、女性弁護士も在籍していますので、女性にしかできないご相談もお気軽にお申し付けください。「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、気負わずご相談ください!

不倫相手とうまくいくことはほとんどありません

既婚男性にどんな甘い言葉を言われて不倫関係に至ったかはわかりませんが、不倫関係から発展して結婚できるケースはほとんどありません。
 
むしろ既婚男性はただの遊びだとしか思っていない場合がほとんどです。
 
この記事を読んでいる人の中でまだ不倫がばれていないという人は、一刻も早く不倫相手との関係を終わらせることをおすすめします。

不倫相手の奥さんにばれたときの緊急対処法!こんなときどうする?のまとめ

 
不倫が奥さんにばれた場合、金銭的にも社会的にも制裁を与えられる可能性があります。
 
不倫をしてしまったことを悔やんでも遅いので、まだ奥さんにばれていない人は早めに別れを決意されることをおすすめします。
 
また、不倫が不倫相手の奥さんにばれた人は、慰謝料を請求されている、いないに関わらず、一度弁護士に相談しておくとよいでしょう。早めに手を打ったかかどうかが、その後の人生を左右するかもしれません。
 

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

不倫相手の奥さんのことでお悩みの方はこちらの記事もおすすめ

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費