「別れた旦那に会いたい」はちょっと待って!元旦那に会うリスクとは?

離婚したあと別れた元旦那に会いたいという気持ちが募ってしまうこともあります。別れた元旦那と会いたいと思ったとき、連絡をとってもよいものなのでしょうか。別れた旦那が忘れられない、会いたいという気持ちが募ったときは、本当に連絡しても大丈夫なのか一度冷静になって考えてみましょう。

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

別れた旦那に会いたいと思っても、会わない方がいい?

別れた旦那に会いたいと思ったとき、会ってもよいものなのでしょうか。
 
どうしても連絡を取らなければいけないような用事がある以外、離婚した元旦那との連絡はとりにくいものですね。
 
あなたが悩むように、別れた元旦那に会いたいと思う理由によっては会わないほうがよいこともあります。
 
会ってもよいとき、会わない方がよいとき、別れた元旦那と会いたいと思ったときの対処の仕方についてご紹介します。

別れた旦那に会いたいと思う心理

あなたはどうして別れた元旦那とそんなに会いたいと思ってしまうのでしょうか。
 
離婚した女性が別れた元旦那と会いたいと思う心理には3つの場合があります。

別れた旦那に会いたいと思う心理(1) まだ未練があり、復縁したいと考えている

別れた元旦那と会いたい。
 
女性がそう思う一番の心理は、別れた旦那への未練が断ち切れず、できるならもう一度やり直したい、復縁したいと考えているからです。
 
別れた元旦那と離婚したことに後悔を感じてしまっています。

別れた旦那に会いたいと思う心理(2) 相手は幸せになったのかどうかが気になる

元旦那と別れたあと、復縁までは考えなくてもどうしても相手がどうしているのか気になって会いたいときもあります。
 
元旦那は幸せにしているのだろうか、何か悩みを抱えていないだろうか、もしかしたら自分に助けて欲しいことがあるんじゃないか。
 
別れたあとでも元旦那に対してそんなことを考えてしまい、いてもたってもいられずそれを確認するために会いたいと思う女性もいます。

別れた旦那に会いたいと思う心理(3) 離婚時の取り決めについて話したいことがある

別れた元旦那と会いたい理由は、何も心情的な理由ばかりではありません。
 
財産分与や養育費など金銭に関することで話したい用件があれば、早めに連絡を取らなければと思うものです。
 
また、お金のことだけでなく子供との面会交流がうまくできいない場合はそのまま放置しておくわけにもいきません。
 
別れた元旦那に連絡を取らなくてはいけない理由があって、会いたいと思う人も少なくないのです。

別れた旦那に会いたいと思ってもちょっと待って!元旦那に会うデメリット

別れた旦那に会いたいという気持ちが何であれ、離婚して今では他人として暮らしている仲です。
 
会いたいからと別れた旦那にすぐに会いにいってしまうのは、今後のあなたの人生に対してデメリットとなる場合もあります。 

元旦那に会うリスク(1) 執拗に会おうとすると犯罪になってしまうことも

いくら元旦那とはいえ、会いたいからと付きまといや相手の家に勝手に侵入するなどという行為は、
  • ストーカー規制法や
  • 住居侵入罪

など犯罪になる可能性があります。

離婚時の取り決めの見直しや子供との面会や養育費の交渉などどうしても別れたあとから連絡して会う必要があったとしても、”適切な方法で”元旦那と会わなければ相手から訴えられてしまうことも。
 
いくら昔は家族としてひとつ屋根の下で暮らした仲であっても、今は他人であるということを忘れずに、会いたいからと安易に会うのは避けて別れた旦那とはきちんとした手順を踏んで会いましょう。

元旦那に会うリスク(2) 次の恋愛に進めないかも

「別れた元旦那のことが忘れられない。」

「元サヤに戻りたくてどうしても会いたい。」
 
そんな思いをいつまでも抱えていると、せっかく次の恋愛チャンスが訪れてもそれを活かすことができなくなります。
 
あなた自身も現在の恋愛に夢中になれませんし、相手も元旦那との未練が見え隠れしている女性に対して本気で付き合いたいという気持ちが起きないでしょう。
 
別れたあとに元旦那と復縁することは問題はありませんが、会いたいという気持ちだけで復縁するつもりがないのにいつまでも元旦那にこだわっていてもよいことはありません。

元旦那に会うリスク(3) 不倫になってしまうリスク

あなたと別れたあと、元旦那がすでに再婚している場合、あまりに頻繁に会っていると不倫になってしまうリスクも考えられます。
 
別れた元旦那と新しい奥さんとの離婚騒動に原因となり、慰謝料請求される場合もあるでしょう。
 
別れた旦那が忘れられない・会いたいという気持ちをぐっとこらえて、このまま続けてしまったらどんな悪いことが起こるのか現実に目を向けることも必要です。 

別れた旦那に会いたいと思ったら

別れた元旦那が忘れられない。
 
どうしても会いたいと思ったら、すぐに行動に移さずに冷静になってもう一度考えてみてください。

別れた旦那に会いたいと思ったら(1) 執拗に会おうとしすぎない

別れた元旦那とやり直したいと思ったとき、会いたいという気持ちが強いのはわかります。

しかし、あまり執拗に会おうとしすぎるとついつい度を越してしまって前述のようなストーカー規制法違反などになってしまうおそれがあるので注意が必要です。

それだけでなく、しつこく会うことを求めると相手の印象を悪くしてしまって、会いたいのに会ってもらえなくなってしまう可能性も高まります。

面会交流や養育費などどうしても会う必要がある場合を除いて、自分が我慢した方がよい場合もあります。

別れた旦那に会いたいと思ったら(2) 適切な手段で会う

財産分与や養育費、慰謝料・面会交流などの離婚時の取り決めに対してどうしても話し合いたいというときは、調停に申し立てて話し合いの場を設けることが有効です。

調停からの呼び出しなら相手も話し合いに応じるしかなくなりますし、調停委員が間にはいることで会いやすくなるでしょう。

会いたいと連絡しても、元旦那が話し合いを避けて逃げようとしている場合でも、しつこくすることは厳禁です。

しつこくして訴えられたりしないよう、調停という適切な手段で会うことを検討しましょう。

別れた旦那に会いたいと思ったら(3) 養育費・面会交流等で困ったら弁護士に相談を!

養育費・財産分与・慰謝料・面会交流など法律的な問題は、お互いの話し合いだけでは長引いてしまったなかなかスムーズに解決しないことも多いです。

別れた元旦那と「法律関係の話し合いをするのに会いたい」と思ったときには、早めに弁護士に相談しましょう。

弁護士ならあなたの代理人となって元旦那と交渉してもらうことも可能です。

あなたが会いたいといっても無視している元旦那でも、弁護士から呼び出されたり書面が送られてきたりすればそのまま放置しておくわけにはいかなくなります。

別れた旦那に会いたい人におすすめな記事 

「別れた旦那に会いたい」はちょっと待って!元旦那に会うリスクとは?のまとめ

忘れられない元旦那と会いたい。
 
そんな気持ちをもつことは問題はありません。
 
しかし、離婚したあとでは会いたいからといって自分の気持ちを押し付けすぎるとストーカー規制法などで犯罪になる可能性すらあります。
 
別れた元旦那と会いたいときには、適切な手続きをとって会うことが大切です。
 
そのほか、法律的な問題でもう一度話し合いたいときは、元旦那よりも先に法律の専門家である弁護士にまず連絡をとって相談しましょう。
 
あなたの代理人となって元旦那と交渉、話し合いをすすめてあなたが有利になるようにはからってくれます。
この記事の作成者

カケコム編集部