結婚しても孤独感を感じる理由は?|結婚後の孤独の解消方法とは

結婚しても孤独感を感じたり、旦那といても寂しいと感じる既婚女性が増えています。どうして結婚したのに逆に孤独感を感じてしまうのでしょうか。結婚生活に孤独を感じる理由とその対処方法を考えていきましょう。結婚しても孤独を感じている、旦那といても寂しい女性必見です。

男女の事故・トラブル(1193)離婚(553)
目次

結婚したのに孤独…なぜ寂しい?

結婚生活に孤独を感じる女性が離婚するケースが増えています。
 
楽しくなることを願って結婚したはずなのに、なぜ結婚しても孤独を感じてしまうのでしょうか。
 
旦那といても寂しい理由はどこにあるのでしょうか。
 
今回は結婚と女性の感じる孤独感について考えてみたいと思います。
 
結婚生活に孤独を感じている人はぜひ参考にしてみてください。

結婚しても孤独感を感じる理由

結婚しても孤独を感じるのはどのような理由からなのでしょうか。
 
結婚しているのに感じる孤独感は多くの妻が体験しますが、その理由は様々です。

結婚しても孤独な理由(1) 旦那からの連絡が少ない

女性が思っているよりも男性は連絡を面倒と感じるようです。
 
妻にしてみれば帰宅した夫への愛情表現として連絡を送りますが、その返事が来ないときもあるでしょう。
 
結婚前はしっかり連絡をくれた夫でも、結婚した途端に連絡が少なくなって孤独感を感じる妻は多いようです。 

結婚しても孤独な理由(2) 旦那が忙しい・生活リズムが合わない

結婚に感じる孤独感の理由には、生活パターンが合わないこともあげられます。
 
夫の仕事が忙しく残業続きで帰ってくるのは深夜であったり、飲み会や出張、休日出勤などどうしても仕事上必要な用事で家にいないことが多い夫もいるでしょう。
 
最近は妻も仕事をしている人も多いので、夫の生活リズムに合わせると妻の仕事に支障をきたす場合もあります。
 
このように、結婚してもなかなか夫と会話する時間もなく孤独感を感じる妻も増えています。

結婚しても孤独な理由(3) 交友関係が狭まる

結婚語の孤独感は、何も全て夫が原因とは限りません。
 
結婚してしまうと家事と仕事で忙しくなり自分のプライベートを犠牲にせざるを得ません。
 
そんな理由で友人関係が疎遠になってしまい、話す相手が減ってしまうことも孤独の理由となります。

結婚しても孤独な理由(4) 旦那が家事や育児を手伝わない

結婚して家族になれば「大変なことも幸せも半分こ」それが夫婦のあり方です。
 
しかし、仕事が忙しいなどの理由をつけてなかなか子育てや家事を手伝ってくれない夫に対する不満を漏らす妻は少なくありません。
 
「夫が家事に非協力的である」「子供が出来てから夫の間に距離が生まれた」と孤独感を感じる妻は多いようです。

結婚しても孤独な理由(5) セックスレス

結婚年数に関わらず、結婚したら少なからずセックスレスになる夫婦は多くなっています。
 
  • 子供ができてから妻を女として見られなくなった
  • 家を支えるために仕事を増やして体力が続かない

夫がいうセックスレスの理由は色々ありますが、理由はどうあれセックスレスが妻の孤独感を増長させてしまいます。 

結婚後の孤独の解消方法

旦那といても寂しい、そんな孤独感を解消するにはどうしたらいいのでしょうか。
 
結婚しても孤独なときに試してみたい7つの方法をご紹介します。

結婚後の孤独感をなくす方法(1) 孤独を感じていることを伝えてみる

男性と女性の考え方には大きなズレがある場合も少なくありません。

妻が感じている「旦那といても寂しい」というその孤独感を夫は全く気づいていない可能性もあります。

まずは夫に自分が結婚生活に孤独を感じていることを伝えてみましょう。

夫が妻の気持ちに気づいていなかった場合は、今後配慮してもらえるかもしれません。

結婚後の孤独感をなくす方法(2) 電話やLINEのルールを作る

男女間の考え方の違いにより妻が結婚していても孤独なときに具体的に何をしたらいいのかわからない夫も少なくありません。

しっかり話し合って夫婦のルールを作ってみてはいかがでしょうか。

遅くなるときは必ず電話やLINEで連絡をいれるよう約束すると意外と守ってくれる旦那は多いものです。

中には何といっていいのか考えるのが面倒という男性もいます。

そんな時はLINEスタンプを積極的に利用することで「夫も内容に困らないので連絡しやすくなる」「スタンプで妻の心も癒やされる」と良い効果が期待できます。

結婚後の孤独感をなくす方法(3) 旦那と過ごす時間を決めておく

男性は仕事の付き合いも大切ですし、夫本人の息抜きのためのプライベートの時間も必要です。

結婚したからと全ての時間を妻と一緒に過ごそうとすると夫の負担も大きくなってしまって続きにくいでしょう。

そんな時には「ご飯を食べる時間だけは一緒に過ごそう」などと一緒にいる時間を決めておきましょう。

毎日でなくても夫婦の空き時間に合わせて3日に1度や週末だけはなどと前もって決めておき、それは必ず守ることが重要です。

そこだけ守ればいいと思うと夫も気が楽になりますし、妻も連絡がこなくてもその時に話せばいいと大きな気持ちで過ごすことができます。

結婚後の孤独感をなくす方法(4) デートや旅行の頻度を増やす

妻の孤独感をなくすには、時には「この人と結婚してよかった」と思えるようなイベントを作るのも大切です。

夫婦二人で休みを合わせて「月に1度はデートをする」「帰省は年末にしてお盆休みは夫婦で旅行をする」と決めておくのも良いでしょう。

非日常を一緒に過ごすことで、妻が結婚に感じる孤独感が和らぎます。 

結婚後の孤独感をなくす方法(5) プレゼントを贈り合う

イベントといえばプレゼントを贈り合うのも楽しみのひとつでしょう。

プレゼントは何が良いか考え、用意するというところからワクワクする女性も多いでしょう。

プレゼントを贈り合うことで夫婦の一体感を感じることもできます。

結婚後の孤独感をなくす方法(6) 家族計画を立てる

夫婦のセックスレス問題で悩んでいるなら、一度夫婦で家族計画について話し合ってみてはいかがでしょうか。

子供はいつ作るのか、何人くらい作るのか、将来どのように育てようなど妻の関心が夫だけではなく子供に向くことでも孤独感が和らぎます。 

結婚後の孤独感をなくす方法(7) 趣味や仕事に集中してみる

夫婦間に問題はないけれど、1から6で妻の孤独感が解消できない場合もあります。

そんなときは夫婦の忙しさに差があることが考えられます。

一般的には男性の方が仕事や趣味に忙しいことが多いので、女性も趣味や仕事に集中してみてはいかがでしょうか。

同じような状況になることで夫の気持ちもわかるようになり、お互いのことを考えあえる夫婦になれるでしょう。

結婚後の孤独感が続き離婚したいと考えたら

それでもどうしても妻の結婚生活の孤独感がぬぐえない場合、最終的には離婚も考えてしまうでしょう。
 
そんなときにまず考えたいことをご紹介します。

結婚後の孤独感で離婚したいと考えたら(1) 離婚のメリットとデメリットを比較する

孤独から離婚しても一人になってさらに孤独感を感じるということもあります。
 
離婚が本当に孤独感をなくす方法なのでしょうか。
 
離婚することのメリットとデメリットを考えてみましょう。

わからない場合は弁護士に具体的なことを相談してみるのもよいです。

結婚後の孤独感で離婚したいと考えたら(2) 調停を申し立てる

離婚調停は離婚を決意していなくても利用することができます。

調停委員を介して離婚するか、どのように離婚するかについて話し合うことができるでしょう。
 
調停委員という第三者を入れて話し合い、調停委員の意見を聞くことで本当に自分の孤独は癒されるのか見えてくることもあります。

結婚後の孤独感で離婚したいと考えたら(3) 弁護士に相談を!

離婚するときには、財産分与・親権・養育費・慰謝料など決めなければならないことが多くあります。
 
法律の専門家である弁護士は、あなたの代理人となることで、離婚についてあなたに有利になるように交渉してくれます。
 
結婚しても孤独で離婚を考えたら、なるべく早く弁護士に相談することをお勧めします。

結婚しても孤独感を感じる理由は?|結婚後の孤独の解消方法とはのまとめ

結婚しているのに孤独を感じる理由やその対処法などをご紹介してきました。
 
結婚生活の中に孤独を感じる部分は人それぞれあり、夫婦で話し合い解決していかなければならない問題点です。
 
しかし、どうしても孤独が辛い、離婚したいと考えたらまずは弁護士に相談しましょう。
 
離婚するときの慰謝料や財産分与、子供がいれば親権や養育費など面倒な話し合いをあなたの代理人としておこなってくれます。
 

カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

結婚の孤独をスッキリ解消する近道になるでしょう。

この記事の作成者

カケコム編集部