既婚者と電話やメールをすることは不倫になるの?

既婚者と電話やメールをしていると、このやりとりが不倫になったりするのかな?と心配になることがありますよね。たとえ自分から連絡しなくても、既婚者から電話がくることもあるでしょう。既婚者と電話やメールをすることは不倫になるのか、また、トラブルが生じた場合の対処法を紹介します。

不倫(305)男女の事故・トラブル(1364)
目次

既婚者との電話やメールはやめるべき?

既婚者と電話やメールをしているうちに「もしかしてこれって不倫…?」と心配になることはありませんか?

そういいた心配な状況で既婚者が電話してくると、気もそぞろで落ち着かないですよね。

今回は既婚者との電話やメール、SNSなどのやりとりが不倫となるかどうかを解説します。

既婚者との電話やメールは不倫になる?

既婚者と頻繁に電話をしていると、不倫を疑われないか心配になりますよね。

実際に、電話やメールだけで不倫になるのかを見ていきましょう。

「不貞行為」は性交渉等を指す

不倫は法律的にいうと「不貞行為」という言葉になります。

「不貞行為」とは性交渉等を指すため、既婚者と電話などをするだけでは「不貞行為」にはなりません。

「不貞行為」は離婚や慰謝料請求の原因に

もしも不貞行為をしていた場合は、不倫相手の配偶者から慰謝料を請求される可能性があります。

また、不貞行為は離婚の原因(民法770条1項1号)になるため、相手の家庭を壊すことになりかねません。

既婚者との電話やメールだけでは「不貞行為」にあたらず法的問題はない

既婚者との電話やメールだけでは性交渉等がないため、不貞行為にはあたらず法的問題はありません。

そのため、既婚者が電話してくる場合でも安心して対応して大丈夫です。

既婚者と電話やメールが不貞行為の証拠の一つとなる可能性はある

もしも不貞行為をしていた場合、既婚者との電話やメールの履歴が証拠の一つとなる可能性はあります。

しかし、電話やメールだけで性交渉等があったことを証明するのは難しいため、通話履歴などの証拠力(証明力・証拠としての価値)は低いです。

そのため、不貞行為をしていたとしても、既婚者が電話してくる場合でも直接的には不倫の証拠にならないと考えてよいでしょう。

既婚者との電話やメール、やめるべき?

既婚者から電話があった場合や、自分から既婚者に電話をかける場合、やりとりをやめるべきなのか悩むこともありますよね。

では、既婚者との電話やメールをやめるべきなのはどのような場合なのでしょうか?

不貞行為があるならそもそも不貞行為を直ちにやめるべき

まず、不貞行為を続けている場合は、既婚者との電話よりも先にまず不貞行為をやめるべきです。

不貞行為は慰謝料請求をされる危険があるだけでなく、周囲にバレることで社会的信用や仕事を失う可能性もあるリスクの高い行動です。

また、電話やメールが証拠の一つになることは覆せない事実でもあります。

不貞行為に発展する可能性を感じたら早期にやめる

既婚者が電話してくる中で不貞行為に発展しそうな可能性を感じたら、早めに連絡をとるのをやめるのが適切です。

既婚者との電話はそれだけでは不貞行為にはなりませんが、頻繁に連絡を取り合ううちにお互いの心の距離が縮まってついうっかり…ということは少なくありません。

既婚者との電話やメールで法的なトラブルが発生したら

既婚者と電話やメールなどのやりとりをしているうちに、法的なトラブルが生じることがあります。

その場合、どうすればいいのでしょうか?

不貞行為をしてしまい慰謝料を請求されたら

不貞行為のせいで慰謝料を請求されてしまったら、まずは弁護士に相談しましょう。

始めのうちは示談で済みそうでも、話がこじれてくるうちに裁判などになる可能性があるためです。

問題を大きくせずに早く終わらせるためには、早期に弁護士に相談するのがおすすめです。

相談へ行く際は、既婚者と普段どんな電話やメールをしていたのかなど、相手の配偶者が証拠として手に入れそうなものがあれば、一緒に持って行くとスムーズです。

既婚者と電話やメールをすることは不倫になるの?のまとめ

既婚者が電話してくる場合や、既婚者に電話をかける場合、基本的には不倫にはなりません。

しかし、もしも相手と肉体関係があった場合は、既婚者との電話やメールのやりとりが不倫の証拠となる可能性があるため、注意が必要です。

不貞行為はしないことが一番。

でも、もしも不倫してしまって、慰謝料請求をされてしまったら、すみやかに弁護士に相談することをおすすめします

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部