不倫の方法13選|不倫のテクニックを知って不倫対策を!

不倫の方法を知って不倫のしっぽをつかんでやりたいと思っていませんか?配偶者が不倫しているのではないかと疑うのはつらいことですよね。それもあって、なかなかしっぽがつかめない場合もあるのではないでしょうか。実は、不倫にはバレにくい方法やテクニックが存在します。不倫のテクニックと対処法をご紹介します。

不倫(306)男女の事故・トラブル(1316)
目次

不倫の方法にもテクニックがある?

「あれ、不倫されてる…?」

ちょっとしたときに違和感を覚えることはありませんか?

配偶者が不倫しているのではないかと疑うのはつらいことでしょう。

しかし、どうせなら不倫の方法を知って不倫のしっぽをつかんでやりたいですよね。

実は、不倫にはバレにくい方法やテクニックが存在します。

不倫のテクニックと対処法をご紹介します。

不倫の方法・テクニック13選

不倫がバレにくいように、不倫の方法やテクニックにはある程度類型があります。

あなたの配偶者が使いそうな方法はありますか?

不倫のテクニック(1) 連絡する媒体・アプリを普段と変える

不倫のテクニックとして、連絡する媒体・アプリを普段と変えるという方法があります。

普段のスマホとは別に携帯電話を持っていたり、仕事用に見えるチャットアプリを使って相手と連絡をとっている場合もあります。

少しチェックされただけでは不倫がバレにくいようにしているのです。

不倫のテクニック(2) 不倫相手には電話しか使わない

不倫のテクニックとして、不倫相手には電話しか使わないというものがあります。

加えて、電話帳の登録名が仕事関係者のような記載になっている場合も少なくありません。

電話しかされないと文章として証拠が残らず、不倫がバレにくいものになります。

不倫のテクニック(3) 現地集合・現地解散

不倫するときは現地集合・現地解散にするというテクニックがあります。

繁華街でのデートの場合、外で一緒にいるところをできるだけみられないようにするためです。

また、飲食店やホテルに直接呼ぶ、相手の家に直接行くなども良く使われる手法です。

不倫のテクニック(4) 配偶者と使った店や場所を避ける

不倫のテクニックとして配偶者と使った店や場所を避ける人は少なくありません。

店員やその店の常連などに不倫していることが知られることで、巡り巡って配偶者の耳に情報が入ることを防ぐ必要があるためです。

不倫のテクニック(5) 変装する

不倫のテクニックとして変装するというものがあります。

特に繁華街でデートする場合に目撃者が出ないようにする目的があります。

不倫のためのテクニックとして、帽子やマスク、メガネの着用・変更が多くなっています。

中には服の雰囲気をガラっと変えていたり、厚底靴などで身長を変えている場合もあり、不倫がバレにくい方法であるといえるでしょう。

不倫のテクニック(6) 共通の知り合いがいない相手を選ぶ

不倫のテクニックとして、共通の知り合いがいない相手を選ぶことも有名です。

不倫相手を探す方法として出会い系サイト・アプリなどがよく利用されます。

不倫のテクニック(7) 不倫相手に自分の友人を紹介しない

不倫のテクニックとして、不倫相手に自分の友人を紹介しないことが挙げられます。

人の口に戸はたてられない上、万が一共通の知り合いがいた場合に不倫がばれやすくなるためです。

逆に、誰にも相手が知られていない不倫はバレにくいといえるでしょう。

不倫のテクニック(8) 平日の夜に仕事・飲み会等を口実に会う

不倫のテクニックとして平日の夜に仕事・飲み会等を口実に会うというものがあります。

土日に外出をすると家族から不審に思われやすいためです。

また、土日に家族サービスをすることで不倫の疑いを遠ざけ、不倫をバレにくいようにする効果があります。

不倫のテクニック(9) 友人と口裏を合わせる

不倫のテクニックとして、友人と口裏を合わせるパターンもあります。

配偶者の友人を疑うのはなかなか難しいですよね。

特に、妻・夫との共通の友人と一緒にいることにしてもらうことでよりいっそう不倫がバレにくいものとなります。

不倫のテクニック(10) 遠出をする

不倫のテクニックとして遠出をするという方法があります。

出張などにかこつけて遠出し、不倫を現地でする方法を取られると、証拠をつかむのも一苦労です。

不倫のテクニック(11) レンタカー・カーシェアを使う

不倫のテクニックとしてレンタカー・カーシェアを使うという方法があります。

自家用車で不倫をしに行くと現地で車の目撃がされてしまったり、走行距離で疑われたり、相手の忘れ物が残されるなど危険が多いためです。

不倫のテクニック(12) 出費を抑える

不倫のテクニックとして出費を抑えるという方法があります。

お金を使いすぎると配偶者にばれやすくなるため、不倫の方法として、不倫相手の家をデート場所に選んだり、不倫相手にデート代を出させるなどの方法が取られます。

不倫のテクニック(13) 時間はしっかり守る

不倫のテクニックとして、時間はしっかり守るというテクニックがあります。

バレて困ることをしているからこそ、怪しまれないように逆に門限や約束の時間はしっかりと守るのです。

そのため配偶者が門限や約束の時間を守るからといって油断することはできません

不倫の方法に対して、どう見破れば良いのか?

配偶者が不倫がバレにくい方法を積極的に使っている場合、しっぽをつかむのは難しく思えますよね。

でも、不倫を見破るコツは存在します。

不倫の方法のチェックポイントを知って、できることから試してみましょう。

不倫の方法のチェックポイント(1) カードの明細に不明点・現金の引き下ろし額が増えた

不倫の方法のチェックポイントとして、

  • カードの明細に不明点があるか
  • 預金口座の引き下ろし額が増えたか

などをみる方法があります。

もっとも、普段から多めに現金を引き下ろしへそくりにしているなど、対策している場合もあるので単に引き出し額が同じだからといって油断することはできません。

不倫の方法のチェックポイント(2) 急に身だしなみに気を使うようになった

不倫方法のチェックポイントとして急に身だしなみに気を使うようになったという点があります。

これまでとは服のセンスが変わったという場合や、服、鞄、ネクタイやアクセサリーに見知らぬアイテムが増えていた場合にも注意が必要です。

不倫の方法のチェックポイント(3) 飲み会や残業が急に増えた

不倫の方法をチェックするとき、飲み会や残業が急に増えたかどうかを気にしてみましょう。

残業が増えたのに給料が増えていない場合や、飲み会が増えたわりに飲み会の趣旨がはっきりしていない場合などはかなり怪しいと思って良いでしょう。

不倫の方法のチェックポイント(4) 携帯電話・スマホを肌身離さない

不倫の方法のチェックポイントとして、携帯電話・スマホを肌身離さない場合があります。

この場合、携帯電話やスマホに不倫相手との連絡履歴が残っている可能性が高いといえます。

不倫の方法のチェックポイント(5) 何をしているかわからない時間がある

不倫の方法のチェックポイントとして、配偶者が何をしているかわからない時間があるというポイントがあります。

電話をかけても出なかったり、買い物にやたらと時間がかかっていたり、子供のお迎えの時間が不自然に遅れている場合などは怪しいといえるでしょう。

不倫の方法は巧妙!テクニックを見破れないときは

不倫を見破る方法にはいろいろとありますが、なかなか見破れないこともあるでしょう。

その場合はどうやって証拠を集めればよいのでしょうか?

証拠収集が重要

相手が不倫していることを認めない場合は証拠収集が重要です。

ただし、素人の証拠収集は違法行為になってしまうこともあります。

例えば、不倫の写真撮影の場合、証拠写真を撮るためにホテルの駐車場に入ることが建造物侵入となることなどが挙げられます。

探偵に調査を依頼する

不倫の証拠集めをする場合、不倫の方法が巧妙だと自力での証拠集めでは決定的な証拠が集められないだけでなく、証拠集めがバレればそれ以後の証拠集めもしづらくなります

そのため、安全で確実な証拠収集の方法として探偵に調査を依頼するのがおすすめです。

探偵は調査のプロとしてあなたのかわりに不倫現場の現地へ赴き証拠写真を撮ってきてくれたりします。

不倫で離婚を考えたら弁護士にご相談を!

配偶者の不倫で離婚を考える場合もあるでしょう。

離婚をするためには、財産分与・親権・養育費・慰謝料など決めるべきことが多くあります。

そこで頼れるのが離婚に伴う問題解決のプロである弁護士です。

法律の専門家である弁護士はあなたの代理人としてあなたに有利になるように交渉をしてくれます。

配偶者の不倫で離婚を考えたらなるべく早く弁護士に相談することをおすすめします。

不倫の方法でお悩みの方は以下の記事もおすすめです

不倫の方法13選|不倫のテクニックを知って不倫対策を!のまとめ

配偶者が不倫をしているかチェックする方法には様々な種類がありました。

あなたが使えそうなものはありましたか?

もしもあなたの力だけでは証拠が集められない場合には探偵に調査を依頼することが有用です。

そして、もしも相手の不倫が確定的となり、離婚をしようと考えた場合には、あなたにとって有利に話が進むように早めに弁護士に相談することが大切です。

探偵に相談する

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部