不倫は重い女には向かない!リスクのある不倫をやめる方法は?

不倫は重い女には向かないんじゃないかと悩んでいませんか?彼から「浮気相手のくせに重い」といわれて落ち込む女性は少なくありません。浮気相手に選ぶ女は重くない方がいいという話を聞いたこともあるのではないでしょうか。不倫中に自分は重い女だと感じた場合の対処法をご紹介します。

不倫(300)男女の事故・トラブル(1443)
目次

自分が重い女という自覚があるなら不倫はやめるべき!

不倫してるけど、重い女には向かないかもなあ…」

彼から「浮気相手のくせに重い」といわれて落ち込む女性は少なくありません。

浮気相手に選ぶ女は重くない方がいいという話を聞いたこともあるのではないでしょうか?

不倫中に自分は重い女だと感じた場合の対処法をご紹介します。

重い女の特徴は?

不倫は重い女に向かないと感じても、どういう女が重いのかわかりづらい部分もありますよね。

そこで、浮気相手から重いと思われる女の特徴をご紹介します。

重い女の特徴(1) 嫉妬深い

不倫しているときの重い女の特徴として嫉妬深いということが挙げられます。

相手への行為が募るあまり、相手の奥さんに嫉妬心がわいてしまうのです。

重い女の特徴(2) 恋愛に依存する

不倫していて重い女だと思われるケースとして、恋愛に依存するケースがあります。

恋愛のちょっとしたことで一喜一憂して仕事が手につかない…ということはありませんか?

重い女の特徴(3) 寂しがり屋

不倫で重い女と思われがちなのが寂しがり屋の女性です。

少し連絡がないだけで「何かあったの?」「どうして連絡をくれないの?」と何度もメッセージを送ってしまった経験、ありませんか?

重い女の特徴(4) 自分に自信がない

不倫中に重い女と思われるケースとして、自分に自信がないケースがあります。

自分が愛されている実感がわかないせいで、頻繁に相手に「私のこと愛してる?」「私のこと大切に持ってる?」と確認してしまう人は少なくありません。

重い女の特徴(5) 独占欲が強く束縛する

不倫していて重い女となってしまう場合として、独占欲が強く束縛する場合があります。

既にパートナーがいる相手だとわかっていつつも、相手を自分のものだと思ってしまい、奥さんや家族サービスに彼の目が向くことに憤慨してしまうケースがこれにあたります。

不倫が重い女に向かない理由

重い女だと思われるパターンにはさまざまなものがありました。

では、不倫が重い女に向かない理由には何があるのでしょうか?

不倫が重い女に向かない理由(1) 不倫相手との結婚を望んでしまう

不倫が重い女に向かない理由として、不倫相手との結婚を望んでしまうということが挙げられます。

浮気相手に選ぶ女性には、後腐れのない相手を選ぶという男性が多いところ、その真逆をいってしまうためです。

不倫が重い女に向かない理由(2) 不倫相手はただの遊びだと思っていることが多い

不倫が重い女に向かないのは、不倫相手はただの遊びだと思っていることが多いということも理由の一つです。

浮気相手に本気になっても重いと思われてしまうだけ。

自分の気持ちはないがしろにされてしまう運命にあるのです。

不倫が重い女に向かない理由(3) 不倫相手に引かれてしまう可能性が高い

不倫が重い女に向かない理由として不倫相手に引かれて別れを切り出される可能性が高いということが挙げられます。

自分がどんなに相手を大事に思っても、男性にとってはその気持ちが過剰に思えてしまい、受け止められなくなってしまうのです。

不倫が重い女に向かない理由(4) 奥さんや家族が優先で後回しにされる

不倫が重い女に向かない理由には、奥さんや家族が優先で後回しにされるということも挙げられます。

浮気相手に選ぶ女性は、あくまでも二番手。

本命がいてこその浮気相手ですから、不倫関係にある以上、自分が優先してもらえないことは覚悟しなければならないのです。

不倫が重い女に向かない理由(5) 自由に連絡を取ったり会うことができないことが苦痛

不倫が重い女に向かない理由として、好きな時間に連絡を取ったり会うことができないことに耐えられないケースがあります。

浮気相手が重いと思われる場合のほとんどはお互いの望む連絡頻度にずれがあることが原因です。

自分の方が連絡をたくさん取りたいと思っているときほど、相手が全然連絡をくれないことにいらだってしまいますよね。

不倫のリスクにはどんなものがあるの?

不倫は重い女には向かないことがわかっていただけたでしょうか?

ではここで、不倫のもつリスクについても確認しておきましょう。

不倫のリスク(1) 婚期を逃す

不倫のリスクとして、婚期を逃すということが挙げられます。

浮気相手としては重い女であったとしても、本命彼女からの愛情なら嬉しいと思ってしまうのが男心。

それなのに将来の結婚相手に注ぐべき愛情を浮気相手に捧げていては、実るものも実りませんよね。

「浮気相手に選ぶ女」のままでいては、相手からないがしろにされるばかりで幸せから遠ざかってしまうという危険があるのです。

不倫のリスク(2) 社会的評価が下がる

不倫のリスクには社会的評価が下がるというものもあります。

特に職場内で不倫をしている場合、職場で噂が広まるといづらくなり退職に進むこともあるのです。

また、噂を聞いた親戚や友人との関係も悪くなる危険もあります。

不倫のリスク(3) 不倫相手の奥さんに慰謝料を請求されるリスクがある

不倫のリスクとして、不倫相手の奥さんに慰謝料を請求されるリスクもあります。

性交渉等をともなう不倫は、相手の奥さんに対する不法行為(民法709条、710条)になり、慰謝料請求の対象となります。

「ある日いきなり慰謝料を請求されて困ってしまった!」という女性は少なくありません。

不倫相手と別れるためには

先の見えない不倫相手と別れようかと悩むことはありませんか?

不倫相手とうまく別れるにはどうすればよいのでしょうか?

不倫相手と別れる(1) 出会いを増やし他に好きな人を作る

不倫相手と別れるために、出会いを増やし他に好きな人を作るのがおすすめです。

同じように自分が好きになれる相手でも、その人の一番になるか永遠の二番でいるかで幸せの度合いが変わってきますよね。

まずは誰かの一番になれる道をさがしてみましょう。

不倫相手と別れる(2) 不倫相手と距離を置く

不倫相手と別れるために、不倫相手と距離を置くのも良いでしょう。

最初は寂しいかもしれません。

でもだんだん「この人がいなくても平気」と思えてくるものです。

不倫相手と別れる(3) 不倫相手に「今すぐ奥さんと別れて」と迫ってみる

不倫相手と別れるために、不倫相手に「今すぐ奥さんと別れて」と迫ってみるのも良い方法です。

遊びなら理由をつけて後回しにしたり、めんどくさくなって別れを切り出してくることでしょう。

一方で相手があなたに本気であれば、これまでと違う未来に向けて動きがあるかもしれません。

不倫相手の奥さんに慰謝料請求されたら弁護士に相談を!

不倫相手の奥さんに慰謝料請求された場合はどうすれば良いのでしょうか?

不倫をしたことの慰謝料は、女性だけでなく不倫相手の男性も負担しなければならないものです。

もっとも、奥さんは不倫をした女性に全額請求することができるという仕組みになっています。

そのため、弁護士がつけば、男性の負担分も考慮して減額の交渉をしてもらえるなど、減額の可能性が高まります。

また、相手が既婚者であることを知らなかったり、夫婦関係がすでに破たんしていたような場合には慰謝料の支払いを免れることができる可能性もあります。

こういった対応には法的知識が必要となるため、弁護士に相談することがおすすめです。

不倫は重い女には向かない!リスクのある不倫をやめる方法は?のまとめ

不倫を続けることは重い女でいる限りつらく大変なものです。

でも、よく考えてみてください。

一途で、愛情にあふれているということが、不倫関係にあるというだけで「重い」と思われてしまうのはもったいないと思いませんか?

まずはあなたの愛情を無駄だと思う相手ではなく、あなたの愛情をきちんと受け止めてくれる相手を探してみましょう

そして、もしも不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されてしまった場合は、弁護士に相談してお金の問題を解決することがおすすめです。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部