カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
不倫 男女問題

不倫相手の奥さんから電話が来た時の対処法5選と脅迫された場合の対応法を解説

不倫相手の奥さんから電話が掛かってきたら、どのような対処法があるのでしょうか。不倫相手の奥さんからの電話でするべきこと、してはいけないことをレクチャーいたします。これから電話がかかってきそうな場合にも、妻の心理を考え自分に都合が悪くならないような対処法を知っておくことは大切となってきます。

不倫相手の奥さんから電話が来たときの対処法5選

浮気相手の奥さんから電話が掛かってきたときは、不倫関係が奥さんにバレたということ。
 
または相手が疑っていて、かまをかけている場合も考えられます。ヘタな言い訳は厳禁です。
 
突然の不倫相手の嫁からの電話にも慌てず正しい対処法がとれるよう落ち着いて行動しましょう。
 
不倫相手の妻からの電話でやっておくべきこと、やってはいけないことを5つご紹介します。

すぐに電話に出ず後で折り返す

電話が掛かってきた相手が不倫相手の嫁であるのが事前にわかったらその電話で解決しないことです。

慰謝料などの法律問題になる可能性もあり、弁護士に相談してからなど準備が整ってから電話をするべき。

奥さんには、後日自分から電話をする旨を伝えてその場をしのぎましょう。 

電話の内容をメモしたり録音する

携帯には録音できる機能がついているものもあります。

不倫相手の奥さんから電話が掛かってきたら、録音をしておくことをおすすめします。

録音できない場合は、すぐに奥さんと何を話したかメモをしておきます。

あとで弁護士に相談する場合にも役に立ちます。 

自分から話さない

不倫相手の奥さんがあなたに電話をかけてきたということは、慰謝料請求できるような証拠がない場合が考えられます。

あなたがついうっかり口を滑らせて不倫していると「白状する」ことを期待しているのです。

電話を録音されているという可能性も高いでしょう。

不倫相手の奥さんから電話が掛かってきて不倫を問い詰められたら言い訳をしたい気持ちはわかります。

しかし、そんなときの心理として気持ちが動転してしまって不利な内容や誤情報を自分から話してしまうことがあります。

奥さんから言われたことだけ冷静に返し、会った回数など事実関係は安易に言わないようにしましょう。

  • 奥さんが不倫を疑っているだけなのか
  • 旦那は不倫を認めているのか
  • 証拠をつかんでいるのか
  • 慰謝料請求をするつもりがあるのか

などという奥さんの意思を確認し、今の状況を見極めることが大切です。 

具体的な話は書面で行うようにする

不倫相手の奥さんからの電話には、きっぱりと「詳しい話は書面でおこないます」と伝えましょう。

特に慰謝料の金額や分割払いの方法などは、不倫相手の奥さんからの電話など口頭で伝えるのは後々のトラブルの原因となりますので、注意が必要です。

弁護士に相談する

弁護士に依頼するのが良いのは、不倫相手の奥さんからの電話に「あなたの代理人」として受け答えすることができることです。
 
弁護士は本人の代理人として相手方と交渉することができる唯一の職業です。
 
法的な手続きも本人の代わりに行うことができますので、今後のことも考えて早めに弁護士に相談することが大切です。
 
また、不倫を実際にしており、慰謝料請求をされた場合、慰謝料の支払い義務を免れることは難しいと考えられます。
 
ただし、不倫の慰謝料請求の場合は奥さんも感情的になっていたり、妻の心理として「こちらの方が絶対強い」と思っているため、法外な値段を請求されることも多いものです。
 
実際の不倫の状況によって、あなたの代理人として不倫相手の奥さんとの減額交渉を行ってくれます。
 

不倫相手の奥さんに電話で脅迫されたら

不倫をされた奥さんの心理として、こらしめてやろうという気持ちもあるでしょう。
 
電話で脅迫まがいのことをいわれることも考えられます。

そのような場合、犯罪として成立可能性があるため、まずは弁護士に相談しましょう。

不倫相手の妻に慰謝料を請求できるケースもありますし、自分のケースでは犯罪は成立するのか、慰謝料はどのくらい請求できるかなどを相談できます。

また、素人が慰謝料請求を行う際は慰謝料の相場が分からない場合が多いと思います。そんなとき、弁護士に相談すれば、知らずしらずのうちに相場より低い慰謝料で請求や同意をしてしまうリスクを回避することができます

損をせず、自分に有利に話を進められるよう、一度お気軽にご連絡ください。

具体的には、下記のような場合に弁護士相談することで、より良い解決策が見いだせる可能性があります。

会社にバラす等と脅された場合

不倫を脅迫の材料として危害を加える旨を告知することは、下記の刑法222条1項により、脅迫罪が成立し得ます。

刑法222条1項
生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

不倫は違法行為ですが、不倫が違法行為であることは脅迫罪の成否に関係がありません
 
自分が悪いのだからと妻からの嫌がらせにも泣き寝入りする必要はないので、諦めず、弁護士にご相談ください。

実際に会社などに不倫をバラされた場合

不倫相手の奥さんから電話で「あなたのしていることを公にします」といわれ、実行された場合、下記の刑法230条1項により、名誉毀損罪が成立する可能性があります

刑法230条1項
公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。

それがたとえSNSなどの匿名で書き込める場所であったとしても、「不倫をしていることをバラした」という不倫相手の嫁の行為自体に名誉毀損罪が成立する場合もあります。
 
さらに詳しく知りたい方は、「浮気を暴露すると犯罪になる?|SNSなどでの浮気の暴露も犯罪になる可能性があります」を御覧ください。

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

不倫についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

不倫相手の奥さんから電話が来た時の対処法4選と脅迫された場合の対応法を解説のまとめ

不倫相手の奥さんから電話が掛かってきた、電話が掛かってきそうだというときには、まず妻の心理を考えて感情を逆なでしないように冷静に対応することが必要です。
  • 余計なことを話さない
  • 大事な交渉はすぐに行わない
  • 危害を加える旨を告知されたら法的対処を行うことも検討する

このようなことが大切になってきます。

不倫相手の奥さんから電話が掛かってきたときに心がけたいのは、自分で話さず弁護士に相談して代理人として交渉してもらうことです。

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費