男女問題

ストーカー気質の男性特徴11選と対処法9選を解説

ちょっといいなと思う男性がストーカー気質がありそうで気になっていませんか?ストーカー気質の男性がとる行動の意味には実は共通点があるのです。ストーカー気質の男性の特徴とはどのようなものなのでしょうか?ストーカー気質のチェック方法と共にその対処法をご紹介します。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

ストーカー気質の男性の特徴11選

ストーカー気質の男性の特徴とはどのようなものがあるのでしょうか?

あなたの周りにいる男性があてはまるかどうか、ストーカー気質をチェックしてみましょう。

ストーカー気質の男性の特徴(1) 嫉妬深い

ストーカー気質の男性の特徴として、嫉妬深いということが挙げられます。

少し他の男性と話しただけで糾弾してくるタイプはかなり嫉妬深いといえるでしょう。

ストーカー気質の男性の特徴(2) 高嶺の花を狙いがち

ストーカー気質の男性の特徴として、高嶺の花を狙いがちだということが挙げられます。

自分に釣り合わない相手にもかかわらず、自分と対等な存在だと勘違いして熱烈なアピールを繰り返すパターンもあります。

ストーカー気質の男性の特徴(3) 運命的な出会いを信じている

ストーカー気質の男性の特徴として、運命的な出会いを信じていることがあります。

ストーカー気質の男性は漫画やゲームのような理想の女性との運命的な恋愛に憧れている場合があり、些細な偶然に意味を見出そうとするのです。

ストーカー気質の男性の特徴(4) 見栄っ張りで平気で嘘をつける

ストーカー気質の男性の特徴として、見栄っ張りで平気で嘘をつけるという特徴があります。

相手に自分を良く見せようとした結果、嘘に嘘を重ね、そのうち嘘に抵抗感がなくなってしまったタイプの人に少なくありません。

ストーカー気質の男性の特徴(5) 見返りを求める

ストーカー気質の男性の特徴として、見返りを求めるということが挙げられます。

「~してあげたんだから」「~してあげたのに」という口癖で見分けることができるでしょう。

見返りを得られないことに腹を立て、嫌がらせ行為をし始めることがあります。

ストーカー気質の男性の特徴(6) 友情関係が薄く広い

ストーカー気質の男性の特徴として、友情関係が薄く広いという特徴があります。

他者に対しまんべんなく接している人ほど、執着できる相手を見つけたときの行動力や熱量がすさまじいものとなるのです。

ストーカー気質の男性の特徴(7) 完璧主義者

ストーカー気質の男性の特徴として、完璧主義者の傾向があります。

自分にとっての「完璧」を他人に押し付けるせいで、相手の気持ちが思いやれず、相手が迷惑に思っていることに気づかないためです。

ストーカー気質の男性の特徴(8) 頑固

ストーカー気質の男性の特徴として、頑固であるという特徴があります。

頑固な人は自分が思ったことや信じたことを頑なに曲げない性格です。

女性を神格化して接した後に、女性が期待に背く行動をすると「裏切られた」といって嫌がらせをするタイプは少なくありません。

ストーカー気質の男性の特徴(9) 自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなる

ストーカー気質の男性の特徴として、自分の思い通りにならないと機嫌が悪くなる傾向があります。

自分がとった行動に対して女性は必ず喜んでくれると盲信し、期待が裏切られるとそのフラストレーションを復讐に向けてしまう結果、ストーカー行為に繋がるためです。

ストーカー気質の男性の特徴(10) 高価なプレゼントをすぐにあげる

ストーカー気質の男性の特徴として、高価なプレゼントをすぐにあげるという特徴があります。

このようなタイプは女性と関わり合うことに慣れていないことから、高価な物をあげれば喜んでもらえるだろうとだけ考え、相手の欲しいものや気持ちを推測しようとしない傾向にあります。

そのため、女性が嫌がっていることに気づかないのです。

ストーカー気質の男性の特徴(11) 過去のことを細かく覚えている

ストーカー気質の男性の特徴として、過去のことを細かく覚えているという特徴があります。

通常、相手に対する興味や執着がなければ、過去のことを詳しく覚えていることはできません。

そのため、過去のことを細かく覚えている時点で既にストーカーに結びつく執着は始まっているといえるでしょう。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

ストーカー気質の男性の対処法9選

ストーカー気質の男性への対処法とはどのようなものがあるのでしょうか?

可能な限り連絡先やSNSアカウントを教えない

ストーカー気質の男性に対しては

  • 連絡先を可能な限り教えない
  • SNSを公開しない

ようにするとよいでしょう。

連絡先を教えるとしつこく連絡が来たり、SNSにコメントを延々と送られることもあるためです。

言動に注意する

ストーカー気質の男性に対しては言動に注意するようにしましょう。

具体的には、相手を挑発するような言動を控えるのが有効です。

こちらにその気がなくてもプライドを逆なでする発言をしていることがあり、それが原因で相手に嫌がらせとしてのストーカー行為をされる可能性があるためです。

自分では対処できない場合、まずは周囲の友人に相談し、場合によっては警察に相談するようにすると良いでしょう。

LINEなどの返信を控える

ストーカー気質の男性への対処法として、LINEなどの返信を控えるということが挙げられます。

返信をすると「彼女は相手にしてくれる」と考えるようになるだけでなく、「返信してくれるということは自分に好意があるに違いない」と考える男性もいるためです。

物をもらわない

ストーカー気質の男性からは物をもらわないようにしましょう。

見返りを求められたり、お返しをしないことで嫌がらせに発展する場合があるためです。

また、ぬいぐるみや目覚まし時計などには盗聴器などが仕掛けられていることもあります。

接触の機会を減らす

ストーカー気質の男性とは接触の機会を減らすことが有効です。

相手に好意を持たれたり、関係がこじれる前に接触の機会を減らすことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

周囲の人に相談する

ストーカー気質の男性に困ったら周囲の人に相談すると良いでしょう。

男女間の揉め事は痴話げんかと思われて放置されがちです。

しかし自分は相手を好きではないと明言することで、トラブルになりかけたときに周りが助けに入ってくれる可能性が高まります。

嫌がらせの証拠を残しておく

ストーカー気質の男性の行動に困ったら、嫌がらせの証拠を残しておくことが大切です。

メールやLINEなどのバックアップを取っておいたり、着信履歴のスクリーンショットをとるのも有効です。

また、調査のプロである探偵に依頼をしてストーカー行為の証拠を集めてもらうのも良いでしょう。

警察に相談する場合や、トラブルになって事故や怪我に発展するなど慰謝料を請求しようとする場合にかなり有利になります。

早期に警察に相談する

ストーカー気質の男性の行動に困ったら早期に警察に相談するとよいでしょう。

可能な限り早く相談し、複数回相談実績を重ねることで、対応してくれるスピードが変わってきます。

また、ストーカー規制法に基づいて警告をしてくれたり、接近禁止命令を出せるよう動いてくれやすくなります。

弁護士に相談する

ストーカー気質の男性への対処法として、法的トラブル解決のプロである弁護士に相談する のもおすすめです。

特に、

  • プライバシーを侵害された
  • 精神的被害を受けた
  • 物を壊された
  • 怪我をさせられた
という場合には、相手に慰謝料や損害賠償の請求(民法709条)ができる可能性があります。

民法709条

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

男女問題に強い弁護士なら損害賠償を請求する手続きやそれに伴う交渉を代理で行ってくれることもありますし、ストーカーに対してどのように対応すると良いのか、適切な対処法をアドバイスしてくれたりします。

「ストーカーされているけれどどうすればわからない」というようなご相談でも構いませんので、ぜひ一度カケコム在籍弁護士にご相談ください。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

ストーカーについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

ストーカー気質の男性特徴11選と対処法9選を解説のまとめ

ストーカー気質の男性には共通した特徴があることがわかりました。

どんなに気を付けていても、ストーカーされることはありますよね。

まずは警察に相談することが大切ですが、証拠を集めてお金を請求するなどの反撃的な防衛の仕方もあります。

証拠を集める場合は調査のプロである探偵に相談し、お金を請求する場合には法律の専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。
 

「相談したいが電話する勇気が出ない」「何を伝えればいいかわからない」「文字にして状況をまとめたい」「自分のペースで相談がしたい」という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

\1分で相談内容を入力/
弁護士からの連絡を待つ

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費