カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
男女問題 離婚

離婚寸前の夫婦の特徴5選|離婚秒読み夫婦ができることとは?

離婚寸前の夫婦には特徴があることを知っていますか?離婚秒読みの夫婦関係につらい思いをしている人は少なくありません。しかし、いったい離婚の前兆はいつから現れていたのでしょうか?離婚寸前の夫婦の特徴をご紹介するとともに、離婚回避の方法を解説します。

「最近夫婦仲が悪く、離婚しそうな気がする」
「相手の不倫が発覚して離婚を考えている」
そんなお悩みを抱えている方は、離婚・男女問題に強い弁護士にご相談ください。
弁護士にご相談いただくことで、さまざまなメリットが得られます。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
・離婚をするメリットやデメリット、あなたの場合に取れる手段等についてアドバイスをくれる。
・証拠を集める必要があったり、慰謝料を請求する場合は弁護士が代理で行ってくれる
精神的なサポートもしてくれるため、安心できる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。

地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

離婚寸前の夫婦の特徴5選|離婚秒読み夫婦?

離婚寸前の夫婦にはどのような特徴があるのでしょうか?

離婚の前兆を妻が感じるときや妻から感じるときをご紹介します。

離婚寸前の夫婦の特徴5選(1) どちらかの浮気が原因

離婚寸前の夫婦の特徴として、どちらかの浮気が原因で関係がぎくしゃくしているという場合があります。

浮気は相手への裏切り行為です。

とうてい許せるものではありません。

離婚寸前の夫婦の特徴5選(2) あまりにも平穏すぎた夫婦生活

離婚寸前の夫婦の特徴として、あまりにも平穏すぎた夫婦生活が挙げられます。

戦争で辛さや苦しみを分かち合った家族や戦友の絆は深い…そういった映画や小説は多くあります。

また大変な逆境を共に乗り越えた同僚なども同様のことが言えるのではないでしょうか。

平和で穏やかな生活を共にしてきただけでは、男女の絆も深まりにくいことが考えられます。

離婚寸前の夫婦の特徴5選(3) 互いに自分のことばかりを考える毎日

離婚寸前の夫婦の特徴として、互いに自分のことばかりを考える毎日が挙げられます。

自分はこんなに頑張ってるのに、といつの間にか相手に正当に評価してもらえないことを嘆き、相手を責めてしまっていませんか?

離婚寸前の夫婦の特徴5選(4) 夫婦なんだから言わなくても伝わるだろうという押し付け

離婚寸前の夫婦の特徴として「夫婦なんだから言わなくても伝わるだろう」という押し付けが挙げられます。

長年連れ添った夫婦だとしても、所詮は他人にすぎませんし、育った環境は違うはずです。

それなのに「夫婦なんだからこれくらい言われなくてもやってよ」という考え方をしてしまうことで、行き違いの連鎖に陥るのではないでしょうか。

離婚寸前の夫婦の特徴5選(5) 気づけば互いに無関心に

離婚寸前の夫婦の特徴として、気づけば互いに無関心になっている場合があります。

相手との関係をよりよくしようとすら考えずに夫婦仲が時間と共に冷え切っていくパターンです。

離婚寸前の夫婦の特徴|離婚の前兆は相手のサインに注意?

離婚寸前の夫婦の特徴には一定の傾向がありました。

では、離婚秒読み夫婦にありがちな兆候にはなにがあるのでしょうか?

離婚の前兆は妻・夫のサインに注意?(1) 連絡事項しか話さない

離婚の前兆サインとして妻・夫が出すものとして、連絡事項しか話さないというものがあります。

女性は男性に比べて会話でストレス発散を発散する傾向にあります

それなのに連絡事項しか話してこないのは離婚寸前の夫婦の特徴にあたるといえるでしょう。

離婚の前兆は妻・夫のサインに注意?(2) ちょっとした愚痴が口論に

離婚寸前の夫婦の特徴として、ちょっとした愚痴が口論になって止まらないときは、離婚の前兆サインを妻・夫が出していると考えられます。

すぐに応戦してしまうのは、相手を思いやれていない・もしくは思いやる余裕がない・思いやるつもりがないことの現れです。

もともと短気な人であっても、あなたにとっては大事な人ですし、子供ではないので自分を守るために攻撃的な態度をとってしまうのは少し変だといえます。

離婚の前兆は妻・夫のサインに注意?(3) スキンシップや接触がNG

離婚寸前の夫婦にある特徴としてスキンシップというか接触がNGというものがあります。

「生理的に無理」な状態になっているかと思われ、非常に危機的です。

これは特に女性から男性に対して多く、離婚秒読み夫婦に特に顕著に現れます。

離婚寸前の夫婦がすべき対処法7選

離婚寸前の夫婦の特徴に当てはまってしまった場合、離婚回避のためにどのように対処すればよいのでしょうか?

離婚寸前夫婦がすべき対処法(1) 人生の優先順位は趣味か仕事か家族か

離婚寸前の夫婦の特徴にあてはまる場合、人生の優先順位は趣味か仕事か家族かを考えてみましょう

かの「7つの習慣」の著者コヴィー氏は仕事に追われていても家族、特に娘との時間は何にかえても優先したそうです。

家族を守るのは確かにあなたの仕事と収入かもしれませんが、それはあとで巻き返しが効きます。

対して、支えてくれる家族との時間は帰ってきません

どれを優先するのか決め、必ず優先順位を守って暮らせば後になって後悔することは減るでしょう。

離婚寸前夫婦がすべき対処法(2) どっちも取ろうとしない、はっきり断る

離婚寸前になった場合は、仕事と家庭、自分の時間と家族の時間、どっちも取ろうとしないで、はっきり断るようにしましょう。

人間誰しも嫌われたくはありません。

ですが決断を迫られたときに両方にいい顔をすると、あとでどちらにも嫌われてしまいます。

断ることでそのときはムッとされるかもしれませんが、なんでも安請負しない人間というプレミア感を発揮することができます。

離婚寸前夫婦がすべき対処法(3) 環境を変える

離婚の前兆を妻・夫から感じたら、環境を変えるのもおすすめです。

家族を優先したくても自分の現在の環境(例えば職場)によって家族を優先できないのであれば、転職をするのも一つの方法でしょう。

離婚寸前夫婦がすべき対処法(4) 相手にも譲歩をお願いする

離婚寸前の場合は相手にも譲歩をお願いすることも大切です。

先述した転職などは収入が減ることも考えられます。

しかし、より時間に余裕のある職場に行けば「時間」というお金よりも代替不可能な資産を手に入れることができます。

現在の生活水準を維持するのは難しくなるかもしれませんが「それでも家族と一緒に豊かな人生を送りたいんだ!我慢できる?」という話し合いが必要になります。

離婚寸前夫婦がすべき対処法(5) 何が気に入らないのか、はっきり言語化してもらう

離婚寸前のときは何が気に入らないのか、はっきり言語化してもらうとよいでしょう。

一度は一緒になろうと誓い合ったもの同士、よくわからないまま、なんとなく気に入らないからというふわっとした理由で別れるのは大変悲しく、もったいないですよね。

上記の他の方法を考え実行できることは行い、その上で腹を割って関係の修復を目指してはいかがでしょうか。

手紙に書いてもらうのも気持ちの整理ができるのでおすすめです。

離婚寸前夫婦がすべき対処法(6) 昔に戻ろうとするのは間違い

離婚寸前夫婦は昔に戻ろうとするのは間違いだと知ることも大切です。

問題は、「今」より「未来」がよくなることです。

昔と同じ状態は時が経っているので全くの同じ状態に戻すのは無理があります。

それでも、昔とは違ったより良い夫婦関係というのもあるのではないでしょうか。

今のお互いの状況や心情を活かした未来を築けるように頑張りましょう。

離婚寸前夫婦がすべき対処法(7) 周囲が押し付ける幸せは関係ありません

離婚寸前夫婦だからこそ思い出してほしいのが、周囲が押し付ける幸せは関係ないということです。

昨今はSNSが急速に発達し、「インスタ映え」などのSNS専門の流行り言葉がある時代にあり、常に周囲へ「幸せアピール」をしないと不安に駆られる人も多いのではないでしょうか。

何もお金持ちだけが幸せではないし、夫婦独自の幸せな時間があっても良いはずです。

既成概念に縛られないようにしましょう。

離婚寸前の夫婦の特徴が改善しない|離婚しそうなときは

離婚の前兆を妻・夫から感じ、改善に向かって動き始めた人もいるでしょう。

しかし、なかなか状況が変わらず焦っている人も中にはいるのではないでしょうか?

状況が改善しない場合のポイントをご紹介します。

すぐには関係は改善しません。長期的に焦らず。

まず、離婚寸前までいった夫婦の関係はすぐには改善しないことを頭に入れておきましょう。

長い時間をかけて離婚へと向かってきた以上、時間をかけて状況を変えていくしかないのです。

長期的に焦らず動きましょう。

離婚寸前の原因が不貞行為の場合は

もしも離婚寸前となった原因が相手の浮気(不貞行為)の場合は、探偵に依頼して調査をしてもらうと良いでしょう。

たとえば、パートナーが誰とどれくらいの頻度で会っているのかや、どんなふうに浮気をしているかを知ることで、今後再構築をするのか、それとも離婚を決断するのかを考えることができるようになります。

離婚を決意・離婚について専門家に聞きたいときは弁護士へ

もしも離婚を決意したり、相手から離婚を求められた場合は早めに弁護士に相談することがおすすめです。

もしも離婚をするとなると、財産分与や慰謝料、養育費といったお金の問題や、親権や面会交流といった子供に関する問題などたくさんのことを決めなければいけません。

弁護士は法的問題解決のプロとして、離婚問題についてもあなたにできるだけ有利になるようにサポートしてくれます。

たとえば相手から理由もなく離婚を求められている場合は、その離婚の要求は通らないことを代わりに話してくれますし、自分から離婚したい場合には離婚の条件を相手と交渉してくれるのです。

離婚寸前の夫婦の特徴5選|離婚秒読み夫婦ができることとは?のまとめ

離婚寸前に至る場合、それまでの行動や環境による蓄積が原因であることが少なくありません。

そこで、ゆっくりと時間をかけて状況を改善していくことが大切になってきます。

しかし、関係改善に疲れてしまうこともありますよね。

もしも離婚を考えたり、相手から離婚を求められた場合は早めに弁護士に相談することがおすすめです。

弁護士は離婚により更なるトラブルが起きないよう予防してくれたり、あなたにとって有利になるようにサポートをしてくれます。

離婚寸前の夫婦についてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめ

関連記事はこちら

>>【関連記事】離婚したい夫が発するサインとは!?【危険度別】離婚したい夫の9個のサインを一挙紹介!

>>【関連記事】夫が自分に無関心…無関心夫と離婚できる?離婚を回避する方法は?

>>【関連記事】旦那に愛情がないなら離婚するべき?

こちらの記事もおすすめ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費