婚約破棄は借金が原因になる?

婚約者に内緒で借金をしている人もいると思います。借金があることを伝え、返済への協力が得られればよいですが、最悪の場合、婚約を破棄されてしまうという状況も考えられます。そこで、本記事では、借金がある人が、相手から婚約破棄されてしまうことがありえるのかということについて紹介をします。

婚約破棄(58)男女の事故・トラブル(1298)
目次

簡単な質問に答えて弁護士に相談する

借金が婚約破棄の原因に?

婚約者に内緒で借金をしている、婚約者に借金があることが発覚したという人も多いと思います。

ただ、悪いこととは認識していても、婚約破棄事由になるかどうかまで理解している人は少ないと思います。

そこで、今借金がある人が、婚約者から婚約破棄されることはありうるのかについて、紹介をします。

婚約中に借金がバレるパターン

婚約者に内緒で借金をしている場合、婚約破棄されることはあるのでしょうか

ここでは、借金がある場合の婚約者との関係について紹介します。

借金がバレるパターン(1) 督促の書類でバレる

結婚をすると、当然ともに生活をすることになります。

そうすると、借金の関係の書類を見られてしまう可能性が高まりますので、結婚前に借金を返済しないとバレる可能性があります。

借金がバレるパターン(2) 通帳でバレる

結婚前であれば、自分のお金は自由に使えるかもしれません。

ただ、結婚後に、お小遣い制になったり、相手にお金の管理を任せたりしますと、通帳等から借金がバレる可能性があります。

借金がバレるパターン(3) 勘でバレる

婚約中に同棲していると、言動などから、「勘」でバレてしまうこともあります。

結婚をすると借金が相手にバレる可能性が高いので、後々トラブルになるくらいであれば、自分から相手に伝えることも考えた方がよいです。

結婚までに借金を返済できなければ正直に相手に相談するようにしましょう。

婚約破棄の原因は借金!その心理5選

借金で婚約破棄されることはありえます。そこで、婚約破棄にいたる心理5選を紹介します。

婚約破棄の原因は借金!その心理(1) 経済面が不安

当然のことながら、借金があるということは経済的に豊かとはいえません。

相手としては、経済面を不安に思うことは当然です。そのため、婚約破棄の心理として経済面が不安ということが多いです。

婚約破棄の原因は借金!その心理(2) 自己管理ができない人だと思われている

それなりの収入があったとしても借金がある人もいます。

普通にお金を使っていれば借金はしないのにという状況で借金を作ってしまうと、自己管理ができない人だと思われて、婚約破棄にいたることも考えられます。

婚約破棄の原因は借金!その心理(3) 大事なことを隠す人だと思われている

生活をするにはお金が必要ですので、お金の関係は非常に大事なことだといえます。

借金を隠していると、大事なことを隠す人だと思われて、相手の信頼を失うことが考えられます。その結果、婚約破棄にいたる場合も多いです。

婚約破棄の原因は借金!その心理(4) 結婚後の浪費を心配している

結婚後に変われる人もいると思いますが、借金を隠していると、結婚後も結婚前と同じように浪費をするのではないかと思われてしまいます。

結婚後の浪費を心配して婚約破棄にいたる場合も多いです。

婚約破棄の原因は借金!その理由(5) 過去に大きなトラブルがあったと疑う

借金にいたる理由には様々考えられますが、小さなトラブルでなかなか返済ができない大きな借金を作ることは少ないと考えられます。

そのため。借金があると過去に大きなトラブルがあったと疑われ、婚約破棄につながることが考えられます。

婚約破棄の理由に借金は認められるのか

確かに借金があるがそれだけで婚約破棄は不当ではないかと思う人もいるはずです。

そこで、婚約破棄の理由に借金は認められるのかということについて紹介します。

借金で婚約破棄できる?(1) 自己の資産以上の借金の場合は認められる

自己の資産以内の借金であれば、自己の資産で借金の返済が可能であることから大きな問題は生じません。

ただ、自己の資産以上の金額の借金がある場合には、返済がなかなか難しいと考えられます。

そのため、婚約破棄事由になりやすいでしょう。

借金で婚約破棄できる?(2) 払える金額なら問題にならない

借金があっても、金額が小さく払える範囲の金額であれば問題とはなりません

婚約破棄をされる前に、なるべく借金の額を減らすようにしましょう

借金で婚約破棄できる?(3) 借金を隠していた場合

借金を隠していただけでは婚約破棄の正当な理由にはならないことが多いと考えらえます

婚約破棄の事由になるか否かを判断する際に重要なことは借金の金額ですので、いくらぐらいの借金が残っているかを意識するようにしましょう。

婚約破棄されないか不安!借金がある人がすべきこと3選

借金がある場合、婚約破棄されないために何をすればよいでしょうか。

ここでは、借金がある人がすべきこと3選を紹介します。

婚約破棄されそうな借金がある人がすべきこと(1) 返済計画を立てる

借金がなくなれば、借金を理由に婚約破棄をされることもなくなります。

ただ、借金を返済するといっても、簡単に返済できるものではありません。そこで、しっかり返済計画を立てるようにしましょう。

婚約破棄されそうな借金がある人がすべきこと(2) 婚約者に正直に言う

借金を返済しようと努めてもなかなか返済ができないことも考えられます。

そこで、思い切って婚約者に正直に言うと方法として考えられます。

ただ、婚約者に正直に言う場合には、伝え方に注意しましょう。

婚約破棄されそうな借金がある人がすべきこと(3) 債務整理をお願いしてみる

もし、どうしても自力での返済に無理を感じたら、弁護士に債務整理をお願いするのも一つの手です。

債務整理をすれば、借金の返済が楽になることも十分考えられますので、一度、債務整理を弁護士にお願いすることを検討してみましょう。

婚約破棄の理由があなたの借金の場合

婚約破棄の理由があなたの借金の場合、様々なトラブルに発展する可能性があります。

そこで、考えられるトラブルを紹介します。

借金で婚約破棄されたら(1) 慰謝料請求される場合も

婚約も当事者間の契約です。

契約である以上、借金による婚約破棄が”正当な場合”、契約違反として慰謝料請求をされることも考えられます。

※借金の額が小さいなど、正当な理由がない場合には、慰謝料請求はされないので注意してください(逆に不当破棄として慰謝料請求できます)。

不法行為として損害賠償請求をされる可能性もあります。

借金で婚約破棄されたら(2) 結婚準備金を返金請求される場合も

婚約をしていれば、結婚準備金を受け取っていることも考えられます。

婚約破棄となってしまい、しかもその婚約破棄が借金を”正当な”理由としていれば、結婚準備金を返還請求されることも考えられます。

借金で婚約破棄されたら(3) 世間体が悪くなる場合も

借金をしていることに対して社会的な評価が下がることはあっても上がることはないと考えられます。

借金が原因で婚約破棄になってしまったなどの噂が広がってしまうと、世間体が悪くなる可能性があります。

借金がある人がすべきこと5選

婚約破棄をされそうでも、されないとしても、借金は返さなければならないものです。

借金がある人がすべきことを紹介します。

婚約破棄されなくても借金がある人がすべきこと(1) 相手のご両親に報告

借金があることが相手のご両親に伝わると、相手のご両親との関係が悪くなる可能性があります

そのような状況になることを未然に防ぐために、借金があることを相手のご両親に報告しておくことも考えるようにしましょう。

婚約破棄されなくても借金がある人がすべきこと(2) 借金を減らす方法を何としてでも考え出す

借金が返済できない状態は、間違ってもよい状況とはいえません。

借金を返済するため、自己の収入と支出のバランスをしっかり見直すようにしてください。

また、自力での解決が難しいようであれば、弁護士への相談も視野に入れるようにしましょう。

婚約破棄されなくても借金がある人がすべきこと(3) 人生計画を立てる

人生のイベントにはお金が必要となることが多いです。

そこで、結婚式、マイホーム、子供の関係など、大きなイベントをどうするか決めておくことが大切です。

来るべきイベントに備えて人生計画を立てるようにしましょう。

婚約破棄されなくても借金がある人がすべきこと(4) 節約して誠意を見せる

借金があるにもかかわらず、浪費をしていると、借金を返済できないどころか借金を軽く考えているととられかねません。

そこで、節約をして借金を返済する誠意があるというところを見せるようにしましょう。

婚約破棄されなくても借金がある人がすべきこと(5) 仕事に打ち込む

借金の返済がなかなかできな場合には、仕事に打ち込むようにしましょう。

仕事に打ち込めば、借金もそれだけ早く返せるようになります。

また、仕事に熱中することで他の無駄な支出を減らすことができます。

婚約破棄の原因が借金の場合は弁護士にご相談を!

婚約破棄の原因の場合、様々な法的トラブルが想定されます。

そのため、なるべく早い段階で弁護士に相談をするようにしましょう。

不当な婚約破棄の場合があり、専門家に相談する必要がある

借金が原因で婚約破棄されたとしても、全ての婚約破棄が正当なものとは限りません。

不当な婚約破棄の場合もありますので、婚約破棄をされたら専門家に相談をする必要があるといえます。

こちらの記事もおすすめ

婚約破棄の理由に借金は多い?借金があるならすべきこと7選のまとめ

 
以上、借金が原因の婚約破棄について紹介をしました。
 
借金は作らないのが一番ですが、作ってしまったら早めに返済を完了するようにしましょう。
 
ただ、法律的な問題が生じてくると、自分での解決は困難ですので、弁護士に相談をするようにしましょう。

簡単な質問に答えて弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部