カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
犯罪・刑事事件
浮気 男女問題

不倫・浮気を発見したらどう対応すべき?絶対にやってはいけないこととやるべきことを解説

不倫や浮気を発見したとき、一体どのような行動をとるが正しいのかを分かりやすく解説します。不倫や浮気を発見する方法から、浮気を発見してもやってはいけないこと、正しい対応までチェックしてみましょう。

配偶者が不倫していることを知ってしまった
配偶者や配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したい

そんなお悩みをお持ちの方は、弁護士に相談することで下記のようなさまざまなメリットを得られる可能性があります。

Point

弁護士に相談・依頼するメリット
不倫をきっかけに離婚を切り出すことを考えている場合、あなたの意思を伺った上でどのように対応すべきかアドバイスをくれる
相手が提示している慰謝料が適正な金額なのか確認してくれる。適正な金額でなかった場合、増額交渉を行ってくれる。
離婚や慰謝料等に関する些細なお悩みについても、丁寧に回答してくれる。

カケコムでは、あなたにあった弁護士を見つけるサービスを提供しています。
地域や相談方法など細かい条件を選択し、自分に合った弁護士を探したい方は、下記の青いボタンから弁護士検索、ひとまず弁護士に無料相談したいという方は、下記の赤いボタンから1分程度の簡単入力で弁護士からの連絡が届く一括相談をご利用ください。

不倫・浮気を発見したときの正しい対応〜確信したらどうする?〜

 
 
不倫・浮気を発見したときの正しい対応をご紹介します。浮気を確信したら、一体どうするべき?

不倫・浮気を発見したら(1) 発見したことは言わずに証拠を集める

浮気を発見したら怒りがこみ上げ、すぐにでも問い詰めたくなりますが少し我慢しましょう。

発見したことは黙っておき、こっそり証拠を集めます

浮気は証拠がないと、法的に裁くことが困難です

浮気を発見したら、慰謝料請求や裁判となったとき有効になる証拠集めをまずは優先させましょう。

不倫・浮気を発見したら(2) 探偵事務所に調査を依頼する

浮気を発見したら、探偵事務所に調査を依頼しましょう。

自分で調査をするよりもバレにくく、明確な証拠を手に入れることができます。

また自分で調査をすると、つい感情的に行動してしまいがちなので、それを避けるためにも探偵事務所に依頼するのがおすすめです。

浮気調査はプロに任せ、法的にも有効な証拠を確保するようにしてください。

探偵に相談する

探偵事務所に依頼する際には金額に注意

あなたが相手の不倫の証拠を集め、相手を訴えることや不倫を認めさせることだけが目的なら満足のいく結果を得られるまで探偵に調査してもらうのも良いと思いますが、「慰謝料を獲得して離婚後の生活を少しでも楽にしたい」等の考えがあるのなら、調査費用がどのくらいかかるのかによく注意して確認しましょう。

慰謝料には相場があります。不倫の場合、だいたい100~300万程度と言われており、状況によってその額は大きく異なります。

もしあなたの場合の慰謝料相場が100万円だった場合、調査費用に100万円以上かけてしまったらあなたの取り分がなくなってしまうことになります。

そのため、「自分の場合はどの程度慰謝料をもらえそうなのか」を知った上で、「今後の生活も考えていくら調査費用をかけられそうか」を決め、探偵に調査を依頼するのがおすすめです。

もし慰謝料の相場が分からない場合は、法の専門家である弁護士へ相談されるのがおすすめです。

弁護士なら離婚に関するサポート等も行ってくれますので、不安なことがあればあわせて相談してみると良いでしょう。初回の相談を無料で受け付けている弁護士も登録しています。

不倫・浮気を発見したら(3) 証拠を手に入れてからその後の対応を決める

浮気を発見した後、どう対応しておくかは証拠を手に入れてからにしましょう。

浮気を問い詰めたり、慰謝料を請求するのなら、浮気を立証できる明確な証拠は絶対に必要です

相手に否定されたりアリバイを言われてしまっては、せっかく浮気を発見してもあったものとはみなされません。

証拠を手に入れてから、じっくりその後の対応を考えてみてください。

不倫・浮気を発見したら(4) パートナーと今後どうなりたいか考える

パートナーと今後どうしたいのか考えることも重要です。

不倫を黙認して結婚生活を続ける、問い詰めて離婚をする、パートナーに不倫相手と別れるよう説得して結婚生活を続ける等、いくつか選択肢があります。

まずはあなたがどうしたいのか、意見をまとめてみましょう。

不倫・浮気を発見したら(5) 慰謝料を請求するか検討する

不倫や浮気を発見した場合、慰謝料の請求が頭に浮かぶ人も多いと思います。

有効な証拠があれば慰謝料の請求ができる可能性がありますので、パートナーと離婚をして慰謝料を請求するのかや、離婚をせず不倫相手にのみ慰謝料を請求するのか、もしくは慰謝料自体請求しないのか、検討しておきましょう。

不倫や浮気を発見しても絶対にやってはいけないこと

例え浮気を発見したとしても、絶対にやってはいけないことがあります。予め心得ておいてください。

浮気を発見してもやってはいけないこと(1) 証拠がないのに問い詰める

浮気を発見するとついつい追求したくなりますが、それは明確な証拠を揃えてからにしましょう。

言い訳されてしまう可能性が高いですし、証拠の隠滅やアリバイ工作をされてしまうかもしれません。

浮気を発見したとしても、証拠がないのに問い詰めるのは後々損になることも多いので注意してください。

慰謝料請求や裁判になると、不利になってしまう可能性もあります。

浮気を発見してもやってはいけないこと(2) 当事者に暴力を振るう

浮気の現場に遭遇したり、浮気相手が判明すると多くの人が怒りを覚えることでしょう。

しかし、感情的なまま当事者に暴力を振るうことは絶対にしてはいけません

浮気は法で裁かれますが、同じように暴力も法で裁かれてしまいます

自分は被害者ですが、決して暴力を振るわないよう、心得ておきましょう。

浮気を発見してもやってはいけないこと(3) 違法な浮気調査をする

浮気を発見するときや、浮気の証拠を掴もうとし、違法な浮気調査をすることも絶対にしないでください。

実は違法になってしまう行為は数多くあります。

  • 不正に携帯のパスワードを入手する
  • アプリを勝手にインストールする
  • 外出先での盗撮・盗聴
  • 暴力を振るう
  • 浮気相手の家に許可なく侵入する

これらの行為は例え浮気調査の名目であったとしても、違法性が問われる可能性が大きいです。くれぐれも気をつけるようにしてください。

違法な浮気調査をして逆に自分が先に訴えられないよう、無理な調査はしないように。

不倫・浮気を発見してもパートナーと関係を続けたい場合

不倫や浮気を発見しても、まだパートナーに愛情があって別れたくなかったり、子供がいる都合上別れられない場合もあると思います。

そのようなときは、どう対応していくと良いのでしょうか?

パートナーとしっかり話し合う

不倫や浮気をしても婚姻関係を続けたいなら、パートナーとしっかり話し合い、わだかまりをなくしていくことが重要です。

不倫や浮気をした理由は何だったのか等を、話し合いの中で聞いてみましょう。

原因が分かれば、今後お互いにどう努力していけばもっと良い関係が築けるのかわかるかもしれません。

また、あなたの気持ちをしっかりと伝えることも大切です。

傷ついた気持ちや不倫相手と別れてほしいこと等を相手に話し、理解してもらうことで、相手が不倫を続けることや、また不倫することが防げるかもしれません。

パートナーとの関係を割り切る

もし子供のためだけに離婚や別居をしない選択肢を取るのなら、パートナーとの関係を愛がある夫婦関係ではなく、子供を一緒に育てるために協力するだけの関係と割り切るのも一つの手でしょう。

「子供が成人するまで」というように期限を決めて関係を続けると良いかもしれません。

ただし、子供にとってはたった一人の母親と父親であり、たった一つの家族なので、そのような割り切った関係になることを決めても子供にはさとられないように努力する必要があるでしょう。

不倫・浮気を発見してパートナーと離婚したいと考えた場合

不倫や浮気を発見し、パートナーへの気持ちが冷めてしまった方もいるでしょう。相手と離婚したいと考えている場合は、どのように対処していけば良いのでしょうか?

離婚に必要な準備・知識を知っておく

まずは離婚にどんな準備が必要なのかや、どんな手順を追って手続きが進んでいくのか、費用はどのくらいかかるのか等の知識を知っておくことが重要です。

詳しくは下記の記事で解説していますので、ご一読ください。

関連記事はこちら

一度別居してみるのも一つの手

もし感情的になって「離婚したい」と考えているなら、一度冷静になって後悔のない結論を出すためにも短期間の別居をしてみるのも一つの手です。

しかし、別居期間が長くなってしまうと夫婦関係が破綻していると見なされ、そのまま離婚が成立してしまう可能性があるため、注意しましょう。

有利な条件で離婚したいなら弁護士へ相談

もし有利な条件で離婚したいと考えているなら、弁護士へ相談するのがおすすめです。

離婚問題に強い弁護士なら、「どのように交渉すればあなたの希望に近い条件で離婚できるか」や、「相手が提示している財産分与の割合や慰謝料が妥当な金額なのか」等を的確に判断し、サポートしてくれます。

初回の相談を無料で受け付けていたり、弁護士費用を分割払いで支払える事務所もありますので、お気軽にご相談ください。

不倫・浮気を発見して慰謝料を請求したい場合

 
浮気の慰謝料について解説します。浮気の慰謝料の相場や、不倫相手へ請求する方法を前もって知っておきましょう。

慰謝料の金額・相場

不倫や浮気があった場合、請求する慰謝料の相場は100万円~300万円と言われています。

前述したように、慰謝料の相場は浮気発見後の状況によって異なります。

ただし浮気の慰謝料は財産の有無や子どもの有無、浮気のよる精神的苦痛の度合いなどにより、場合によっては相場以上の金額になることもあります。

不倫相手にも慰謝料請求できる? 

不倫相手にも慰謝料を請求できるのは、

既婚者だと知っていて同意の上で関係を持った不倫であれば、慰謝料はほとんどの場合請求できるでしょう。

また、夫婦関係は元々良好であったのに、浮気がきっかけで破綻したなどの場合に慰謝料を請求できます。

浮気によって精神的苦痛を受け、治療が必要となったときにも慰謝料の請求が認められます。

慰謝料を請求できない場合

不倫相手が既婚者だと知らなかった・独身だと言われていた場合には、慰謝料を請求することが難しいでしょう。

他にも浮気を立証できなかったり、時間が経過している場合にも慰謝料請求ができない可能性があります。

夫婦関係が元々不仲な状態での不倫も、慰謝料の請求が難しくなります。

別居をしていると夫婦関係は破綻していると判断されるので、予め確認しておいてください。

慰謝料を確実に請求したいときは弁護士へ相談を

不倫相手に慰謝料を確実に請求したいときは、弁護士に相談をしましょう。

慰謝料の請求に関しては自分で請求するのは正直なところよく分からないことだらけだと思います。

弁護士に相談することで、十分な証拠は揃っているのかや、相手の過失を細かくチェックしてくれます。

請求できる慰謝料の増額も期待できる可能性があります。一度自分の置かれている状況を相談してみてはいかがでしょうか?

不倫・浮気を発見したいなら?

 
そもそも、浮気を発見するにはどうすればいいのでしょうか?チェックするべきポイントを知っておきましょう。

不倫・浮気を発見するための方法(1) お金の動きを見る

浮気をするには多少なりともお金がかかります。

通常とは違うお金の動きが見られるのなら、浮気をしている可能性大。

貯金通帳やクレジットカードの履歴などを見て、不自然なお金の動きがないかどうかチェックしてみましょう。

見覚えのないお金を引き落としていたり、知らないレストラン・馴染みがない場所のコンビニレシートなどからも浮気を発見することができます。

不倫・浮気を発見するための方法(2) 携帯・スマホをチェックする

携帯電話やスマホには、浮気の証拠がたくさん入っています。

通話履歴はもちろん、メール履歴、画像など、細かくチェックしていくと浮気を発見できるでしょう。

携帯やスマホを見るのはリスクが高いですが、浮気が発見されることが多いので、バレないという自信があるのならこっそりチェックしてみるのもひとつの手段。

ただし、後にも説明していますが、度を超えた携帯の調査は法に触れる可能性があるので注意してください。

不倫・浮気を発見するための方法(3) 生活習慣で変わったことがないかチェックする

浮気を発見するには、パートナーの生活習慣で変わったことがないかをチェックしてみてください。

例えば朝の出勤時間が早くなったり、急に容姿を気にしたり、ジムに通うようになったら要注意です。

ちょっとした変化が浮気の証拠として表れている可能性もあります。

細かい変化にも気付けるよう、普段から生活習慣をチェックしておきましょう。

浮気を発見する方法と発見してもやってはいけないこと&やるべきことのまとめ

浮気を発見したら、まずは慌てずに証拠集めを実行しましょう。

感情的になってしまい、不倫を発見した後に問い詰めたり暴力を振るうのは自分にとって不利になるだけです。

その後の対応を有利に進めるためにも、黙って確実な証拠を取り、対応を決めてください。

慰謝料を請求する際には不倫相手へも請求できるのかを調べ、弁護士に相談を。

浮気発見した後は一人で悩まず、専門家の力を借りてなるべくあなたにとって良い形で解決しましょう。

浮気を発見時の対応について知りたい人はこちらの記事もオススメ

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 不動産・建築 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 債権回収 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 犯罪・刑事事件 男女問題 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 遺産相続 離婚 養育費