男女問題 離婚

離婚を迷う人が決断した5つの理由・後悔した5つのこと

離婚するか迷うことは新婚でも、熟年のご夫婦でも1度は訪れる問題です。では、実際に離婚した人たちは、どのような理由で離婚を決断したのか、そして離婚をして後悔したことはどんなことなのでしょうか。ここでは、離婚に迷うことを経験しながらも、離婚した人々の決断理由と後悔の詳細についてご紹介します。

探偵を見つけるにはコチラ

 

離婚しようか迷っている方、意外と多いのでは

 
生活の中のすれ違い、思いやりのない言動、価値観の違い、ギャンブルやお酒への依存、不倫や暴力、暴言など、離婚を考えるきっかけはさまざまでしょう。
 
結婚は、それぞれ異なる環境で育った二人で新たな文化を築き上げるという大変な営みです。
 
それが困難だからこそ、多くの人が離婚に迷うのではないでしょうか。
 
では、離婚を迷う過程を越えて、実際に離婚した人は、離婚をどのような理由で決断したのでしょうか。

離婚を迷う夫婦が離婚を決断した理由

 
離婚に迷う夫婦が、最終的に離婚という決断を下す背景には、以下のような理由があるようです。

離婚を決断した理由(1) 夫(妻)のDVが激しかった

離婚を決断した理由は、配偶者による暴力にあることが多いようです。
 
自分だけならまだ何とか我慢できていても、子どもにまで暴力の手が及んだその時、離婚を迷うことなく決断する方は少なくありません。

離婚を決断した理由(2) 大きな借金があった

配偶者が隠れて巨額の借金をしていた場合、それが発覚した時が離婚の決断の時のようです。
 

借金をしていたこと自体も許せませんが、その事実を隠していたことがなにより許せないのでしょう。

離婚を決断した理由(3) 相手の浮気や不倫

離婚を迷うのは、配偶者に対して愛情が捨てきれていないからかもしれません。
 
しかし、相手の不倫が明らかになった場合、100年の恋も冷め、迷うことなく離婚を決断するようです。

離婚を決断した理由(4) 性格が合わず、喧嘩ばかりしていた

価値観や性格の不一致という離婚理由は非常によく見聞きしますが、性格や価値観が合わないと、喧嘩になったり、挙句の果てに家庭内別居からの離婚というケースもあります。
 

喧嘩も毎日であればかなりのストレスですから、迷うことなく離婚を決断できるのでしょう。

離婚を決断した理由(5) 子供のことを考えた結果

  • 配偶者との間の険悪な雰囲気で子どもを育てたくない
  • 配偶者と教育観が合わない
  • 配偶者が子どもに対して暴言を吐く 
このように、子どもへの影響を考えた結果、離婚を決断する方もいらっしゃいます。
 
また、上記のように離婚を決断する理由があったとしても、協議で相手が離婚に同意しないか、裁判で離婚理由として適切ではないと判断された場合、離婚することができません
 
そのため、そもそも自分の離婚理由で離婚できるのかが気になる方は、一度弁護士に相談してみると良いかもしれません。
 
初回相談が無料の弁護士もいるので、この機会をうまく利用してみましょう。\無料相談受付中!/
1分簡単入力で弁護士相談
 
Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

離婚を後悔している人の意見も参考にしましょう

 
離婚を決断したことを後悔している方もいるようです。

離婚を後悔している理由(1) 自分の理想が高すぎた

離婚を決断して、実際に離婚したのはいいものの、一人になって自分自身と向き合い、結婚に対する自分の理想が高すぎたことに気がついて、離婚を後悔する方もいます。

離婚を後悔している理由(2) 経済状況が厳しくなった

結婚してから専業主婦になった方の中には、離婚を経て財産分与をしたとしても、路頭に迷うまでいかなくとも、ひとりで生活を維持することが難しくなって、離婚を後悔する方もいます。

生活水準を上げるのは簡単ですが、一度上がった生活水準を下げることには、大きな苦痛や屈辱が伴うでしょう。

離婚を後悔している理由(3) 離婚の時に決めていたことが守られていない

慰謝料や養育費、子供との面会などについて、離婚時の決定条件を書面に残していないと、離婚条件が守られなかった時に強制執行することができません。つまり、損してしまうのです。
 
そのリスクを回避する方法は、公正証書を作成しておくことです。
 
公正証書とは、離婚条件を記録した文書のことで、離婚条件が守られなかった時に相手の財産を強制的に差し押さえることなどができます。
 
例えば、養育費が月5万円支払われる取り決めをしたのに、離婚後に支払いが滞ったとした場合、公正証書があれば相手の給料などを強制的に差し押さえることができるのです。
 
また、自分で公正証書を作るのが難しい場合は、弁護士に頼れば代理で公正証書を作成してくれるので、不安がある方はぜひ弁護士に相談してみてください。

離婚を後悔している理由(4) 一人でいることに孤独を感じる

離婚を決断し、実際に離婚したのはよいものの、子どももいなくて、パートナーもおらず、まったくの一人暮らしになった場合、孤独感から離婚を決断したことを後悔する方もいます。
 

離婚を迷っている人が離婚するかを決定するためにすること

 
離婚に迷う方は、離婚を決断するその前に、後悔しないための対策をする必要があります。

離婚をするかしないはこう決める(1) なぜ離婚をしたいのか紙に書き出して考えてみる

まずは、そもそもなぜ離婚をしたいのか、その理由を紙に書き出してみることをおすすめします。
 
普段、漠然と感じている不満を紙に書き出してみると、それほどでもないことだったり、何か対策を講じることができるものだったりします。
 
「離婚かするか迷う」と頭の中がネガティブな感情で占められている時ほど有効な手段です。

離婚をするかしないはこう決める(2) その理由が解決不可能かどうか考える

紙に書き出してみて、その理由が本当にどの角度から見ても解決不可能かどうかを考えてみましょう。
 
離婚に迷うこということは、迷うなりの理由がある、つまり、離婚を思いとどまる理由があるはずです。
 
離婚を思いとどまる気持ちも含めて、その理由が解決不可能かどうかをよく考えましょう。

離婚をするかしないかはこう決める(3) 解消不可能だったら、離婚が最善なのか考える

紙に書き出してみても、問題解決することが不可能であれば、本当に離婚が最善の策なのか、もう一度考えましょう。
 
たとえば一緒に暮らさなければ問題が生じないのなら、別居と言う方法もあるでしょう。
 
離婚を決断するしかないのかどうか、再考してみる必要があります。

離婚をするかしないかはこう決める(4) 離婚したらどうなるのかも知っておきましょう

離婚を決断した後に後悔しないためにも、離婚後に何が待っているのかを知っていれば、後悔することを防げるばかりでなく、心と環境の準備ができるはずです。
 
離婚することによって何が変わるのかについては、離婚について最低限知っておくべき基礎知識!も参考にしてください!

より有利な条件で離婚したいなら弁護士がおすすめ

離婚に迷う段階を乗り越えて、離婚を決断した場合、お金や住み家について後悔しないためにも、弁護士に相談することをおすすめします。
 
というのも、弁護士は豊富な法律知識と多くの相談を解決してきた経験があるため、より有利な条件で離婚できるノウハウを持っているからです。
 
また、初めて離婚する夫婦が話し合いのみで決定した離婚条件には、抜け漏れがある可能性が高いです
 
例えば、養育費の月額は決めたものの、子供が何歳になるまで支払うのかを明確にしていないなどのケースです。
 
養育費をもらう側は、「当然成人になるまで支払ってくれるはず」と思っていたとしても、養育費を支払う側は「子供が小学校を卒業するまで支払えばいい」と思っていて、その認識の相違から、後々支払い期間に関するトラブルが発生することも考えられます。
 
このような抜け漏れやトラブルは、弁護士にサポートしてもらうことで防げます。
 
もちろん、法的な手続きについてのサポートや代理対応も行ってくれるので安心です。
 
離婚を自分に有利に進め、新たな人生のスタートを迷うことなく気持ちよく始めるためにも、まずは弁護士に相談してみましょう。
Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

 

離婚を迷う人が決断した理由5つと後悔した理由5つを紹介します!のまとめ

 
離婚に迷う方は、きっと離婚を迷うだけの理由があるでしょう。配偶者への不満、環境への不満、義実家への不満…。離婚に迷うということは、そのような不満もあるけれど、思いとどまる理由もあるということです。
 
あなたが離婚に迷う時、離婚したい理由と、離婚を思いとどまる理由を整理してみましょう。
 
どうしても離婚に迷う時には、思考回路がネガティブになりがちです。時には友人や親に相談してみて、第三者の意見をきいてみるのもよいでしょう。
 
そして、後悔のない離婚をするためには、自分だけで迷うのではなく、弁護士に相談するという手もあることを忘れないでください。あなたの離婚の決断について、法的な観点から客観的にアドバイスしてくれるでしょう。
 
カケコムなら、相談内容を1分で入力していただくだけで、弁護士からの連絡が届きます。
ぜひこの機会に、一度お試しください。

 
Point

カケコムが1年半で2,500件以上ものご相談先に選ばれた理由
カケコムなら、相談したい内容を1分で簡単入力し、送るだけで、その人のお悩みに合った弁護士からの連絡が届くからです。その他にも、カケコムで相談する多くのメリットがあります。
・相談自体は30分5000円から、初回相談であれば無料で受け付けている場合もあります。
・特例的に土日祝や平日夜間の相談を受け付けている弁護士も在籍中です。
女性弁護士も在籍中です。何でもお気軽にお話しください。
「何を伝えればいいかわからない」という状態でも、お話の整理から一緒に行っていきましょう。お気軽にご相談ください!

離婚を迷っている方はこちらの記事も参考にしてください!

離婚に関連する他の記事も読む

日本人の離婚率はどれくらい?離婚統計から見る離婚率の推移とは?

離婚する夫婦の特徴12選〜どんな夫婦が離婚する?〜

離婚を考えるときは男性と女性でこんなにも違う!?夫婦が離婚を決意する10の瞬間!

不倫中の男性が離婚を決意する理由とは?

離婚した友達にかける言葉は?〜あなたが友達のためにできること〜

離婚したい夫が発するサインとは?離婚の方法と離婚に関する問題

子供が三人いる夫婦の離婚マニュアル!養育費は?親権は?

【離婚届受理証明書とは?】様々な場面で必要になる大切な公的文書

離婚する人にはある特徴があった!離婚する人・離婚しやすい夫婦の特徴とは?

離婚を迷う人が決断した理由5つと後悔した理由5つを紹介します!

離婚に関するその他の記事

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費