不倫 男女問題

不倫相手の嘘を見抜くには?常習犯がよく使う嘘5選と嘘をつく理由

不倫男性は嘘をつくことが多いです。もしかして相手の男性から「妻とは関係が冷めきっている」「離婚したら一緒になろう」そう言われた経験はありませんか?今回は不倫する男性がよくつく嘘と、なぜ嘘をつくのかについて解説していきます。

不倫相手の嘘の言葉に騙されてはいませんか?

不倫といえど、好きという気持ちに変わりがない女性からすると、男性からの甘い言葉は心地いいものです。
 
盲目になりすぎて不倫相手の嘘の言葉に騙されてはいませんか?男性からの言葉は本当ですか?
 
今回は不倫男が女性につく嘘とその心理についてご説明いたします。

嘘を見抜くには?不倫常習犯がよくつく嘘5選

不倫男がよくつく嘘とはどんな言葉なのでしょう。これを言う不倫相手には要注意!という文言をご紹介いたします。

不倫常習者がつく嘘(1) お前だけを愛している

不倫常習者は必ずと言っていいほど「お前だけを愛している」と言います。
 
そう言われた女性は、妻よりも自分の方が愛されていると思い込み、不倫男から離れられなくなってしまいます。
 
結果的に男性にとって都合の良い女性になってしまうのです。

不倫常習者がつく嘘(2) 妻とうまくいっていない

妻とうまくいっていない、というセリフも嘘の可能性が高いです。

というのも、本当に妻とうまくいっていないのならば不倫などせず、さっさと離婚しているはずだからです。

何か離婚できない理由がありそうです。­

不倫常習者がつく嘘(3) 妻とは離婚協議中

実際は家庭円満なのに、妻とは離婚協議中だと嘘をつく男もいます。

というのも、もうすぐ離婚が成立すると言っておけばあなたと関係を続けられると考えているからです。

離婚協議中と言われた場合は、詳細な内容を聞くなどし、怪しいかどうかを見抜く必要がありそうです。

不倫常習者がつく嘘(4) 早く一緒になりたい 

妻と離婚して、早く一緒になりたいという男性も要注意です。

というのも、さんざん女性をその気にさせておいて、妻と全く別れる気がない場合があるからです。

不倫関係が長く、その言葉が出てきた場合は真実味がありますが、不倫関係が始まったばかりの頃に言われた場合はあまり鵜呑みにしないほうが無難そうです。

不倫常習者がつく嘘(5) 本音を言えるのはお前しかいない

男性の弱い部分を見せられると女性は弱いものです。
 
妻にも見せられない弱さをみせてくれるほど自分を信頼してくれていると思い込んでしまう人もいるでしょう。

そんな女性の心理を利用して、「本音を言えるのはお前しかいない」と嘘を言ってくる不倫相手もいるのです。

そんなことを言われると女性は自分だけが特別、妻にも見せられない弱さをみせてくれるほど信頼してくれていると思い込んでしまいます。

このような甘い嘘を言われることで、より一層不倫から抜け出せことが難しくなってしまうかもしれませんが、熱くなっているときほど客観的に自分を見つめることが大切です。

この記事を読まれているということは現状に不安があることの裏付けかもしれません。
 
カケコムでは、自分の状況を文章にして弁護士に見てもらうことができます

弁護士から連絡が届けば実際に状況を診断してもらい、慰謝料の請求などに備えることもできますので、試しに一度相談してみることをおすすめします。

不倫常習犯が嘘をつく心理3選

ではなぜ不倫男は女性に対して嘘をつくのでしょうか。その心理について探っていきましょう。

不倫常習犯が嘘をつく心理(1) 不倫を少しでも長引かせたい

男性にとって不倫は結局遊びなのです。

というのも、不倫常習犯の多くが、家庭内や仕事のストレスを発散させるために不倫と言うスリルを味わっていることが考えられるからです。

そんな都合のよい女性との関係を少しでも長く続かせたいという思いから、女性をその気にさせるような嘘をつくのです。

不倫常習犯が嘘をつく心理(2) 自尊心を満たしたい 

不倫常習犯の中には、家庭や仕事での自分の扱いに不満があるため、自尊心を満たすために不倫相手に甘い言葉で嘘をつきます。

不倫相手が、「妻とはもうすぐ別れる」「愛しているのはお前だけだ」という言葉をくれるのは、あなたから愛され、自分の自尊心を満たしたいからです。
 
本心ではないので、真に受け取らないようにしましょう。

不倫常習犯が嘘をつく心理(3) 遊びだから嘘をつく罪悪感がない

上記2つの理由よりもっとひどい場合もあります。不倫なんてただの遊びだからという理由で、平気で嘘をつく人がいるのです。

相手の女性に対して大切にするという気持ちがないわけですから、嘘をついても罪悪感がないのです。

女性はそれを嘘と思わず、不倫男の言葉を全て信じ切ってどんどん深みにはまってしまいます。

自分がもし相手方の奥様に慰謝料を請求された場合、普段は愛を語る彼は助けてくれるでしょうか?

そのような選択を迫られたときに、自分の家族や社会的な信用を不倫相手ひとりのためにすっぱりと捨てられる人間はそう多くないと思います。

 

不倫に係る慰謝料の相場は200万円程にものぼります。決して少ないとは言えない額です。

そのため、彼に頼るよりもその道のスペシャリストにSOSを送るのが早道です。弁護士であれば、下記の2つの項目を含めたあらゆる疑問の解決が可能です。

・自分のケースが慰謝料請求されうるのか

・自分がどのくらい慰謝料請求されそうか

不倫が相手の奥さんにバレている、もしくはバレる可能性があるような状況の場合は、上記の点を確認、解決するために男女問題に強い弁護士の手を借りるべきかもしれません

 

不倫相手の奥さんに慰謝料請求されたら

不倫関係にハマっているうちに、不倫相手の奥さんに関係がバレ、万が一慰謝料を請求されてしまったら迷わず弁護士に相談しましょう。
 
というのも、実は、高額な慰謝料を請求されたとしても減額できる可能性があるからです。弁護士に頼る際は、下記項目について聞いてみましょう。

・どうすれば慰謝料減額ができるのか

・どの程度の慰謝料減額が可能なのか

また、弁護士は慰謝料減額できるかどうかの判断だけでなく、不倫相手の奥さんと交渉も専門知識を用いて全面的にサポートをしてくれます
 
一人では不安な方は、うまく弁護士を頼っていきましょう。

さらに、カケコムなら相談を入力するだけで弁護士から連絡が届きます。

「相談したいが電話する勇気が出ない」

「何を伝えればいいかわからない」

「文字にして状況をまとめたい」

「自分のペースで相談がしたい」

という方はぜひ相談を入力してみてください。

一人で抱え込むよりも最適な解決策を見つけられる可能性が高いです。

 

不倫相手の嘘を見抜くには?常習犯がよく使う嘘5選と嘘をつく理由のまとめ

ここまで不倫男が嘘をつく心理や騙されやすいセリフについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
 
不倫する男はほとんどの場合が遊びです。あなたと愛を深め合っていると思いきや、裏ではいい夫、いい父親の顔があるのです。
 
気持ちの良い嘘に惑わされず、しっかりと相手の本質を見抜いてください。
 
あなたのすべてを失ってしまう前に、なるべく早く不倫関係に終止符を打ちましょう。
 
不倫関係がもつれる・不倫男の奥さんに慰謝料を請求されたなどの問題が発生した場合、以下のボタンから簡単な質問に答えて弁護士に相談をしてみましょう。

不倫でお悩みの方はこちらの記事もおすすめ

Q&Aで弁護士に相談する
よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費