社内不倫を噂されてしまった場合の適切な対処法は?

今回は、社内不倫を噂され始めた人がどのように行動すればよいかを紹介します。社内不倫の噂については、本当に社内不倫をしている場合と、実際に社内不倫をしていないのに噂が立っている場合があります。そこで、社内不倫が噂された際の対処方法を具体的に紹介します。 

不倫(290)男女の事故・トラブル(1376)
目次

職場での社内不倫の噂の対処法は?

職場で社内不倫の噂が立たないに越したことはありません。
 
ただ、気をつけなければ知らず知らずのうちに職場で社内不倫の噂が立っていたということになりかねません。
 
そこで、社内不倫の噂が立たないために有効な対処法を紹介します。

社内不倫が噂される人の特徴

誰でも社内不倫が噂されるのではなく、社内不倫が噂される人には特徴があります。
 
そこで、社内不倫が噂される人の特徴を紹介します。

社内不倫が噂される人の特徴(1) 既婚者に気軽にスキンシップをとる

既婚者に気軽にスキンシップをとる人は社内不倫が噂されやすい人といえます。
 
気軽にスキンシップをとるということは仲がよいと判断される要因となります。
 
会社内で既婚者に気軽にスキンシップをとることは、社内不倫の噂をされたくないのであれば、避けた方が無難といえます。

社内不倫が噂される人の特徴(2) 常にオシャレに気を配っている

常にオシャレに気を配っている人は、社内不倫が噂されやすい人といえます。
 
常にオシャレに気を配っている人は、会社内で良く思われたいと思っていると判断される要因となります。
 
オシャレに気を配るのはよいことですが、会社内でやると社内不倫が噂されやすいということに注意する必要があります。

社内不倫が噂される人の特徴(3) 上司部下の関係で仲が良すぎる

上司部下の関係で仲が良すぎるのも、社内不倫が噂されやすい人といえます。
 
一般的に上司と部下であれば一定の距離感があるものです。
 
その距離感がないと会社以外で付き合いがあるのではないかと推認される要因となってしまいますので注意が必要です。

社内不倫が噂される人の特徴(4) お互いの容姿が良い

お互いの容姿がよい場合も、 社内不倫が噂されやすい人の特徴といえます。
 
お互いの容姿がよいと、魅力に溢れる二人といえますので、不倫に発展しやすいと会社内ではみられる可能性があります。
 
また、お互いの容姿がよいと、職場内の”嫉妬”からあらぬ噂を立てられることもあります。

社内不倫が噂される人の特徴(5) 同じ時間に出社・退社する

同じ時間に出社・退社する場合も、社内不倫が噂されやすい場合といえます。

同じ時間に出社する場合には、同じ時間に会社に向かっているのではないかと推測されます。

退社の時間が一緒だと会社帰りに二人でどこか出かけるのではないかと推測されてしまいます。

社内不倫を噂されてしまった場合の対処法

社内不倫の噂を立たせないための対処法について紹介しました。
 
気をつけていても社内不倫の噂が立ってしまった場合には、どのように対処すればよいのでしょうか。
 
そこで、社内不倫の噂が立ってしまった場合の対処法を紹介します。

社内不倫の噂が間違っている場合の対処法(1) 堂々と素知らぬ振る舞いをする

社内不倫に身に覚えがなければ、変に動揺する必要はありません。
 
潔白である以上、堂々と見知らぬ振る舞いをするようにしましょう。
 
堂々と見知らぬ振る舞いをしていれば、勝手に社内不倫の噂がなくなることもあります。

社内不倫の噂が間違っている場合の対処法(2) 弁明をする

社内不倫をしていないのであれば、弁明をするというのも一つの方法です。
 
社内不倫があるかどうかが分からず会社内で憶測が飛び交うために噂が立つので、自ら弁明し、身の潔白を証明するという方法も有効な対処法であるといえます。

社内不倫の噂が間違っている場合の対処法(3) 職場で変に相手との態度を変えない

職場で変に相手との態度を変えないことも重要です。
 
変に態度を変えるとやっぱり不倫をしていたのだと判断される可能性があるので、相手への態度に注意する必要があります。

社内不倫の噂が間違っている場合の対処法(4) 信頼できる仲間を作る

会社内で信頼できる仲間を作れば、その仲間が自分の代わりに弁明をしてくれるかもしれません。

そこで、信頼できる仲間を作るという方法も、社内不倫の噂が立ってしまった場合の対処法といえます。

社内不倫の噂が間違っている場合の対処法(5) 信頼できる上司に相談する

発言に影響力があるのは上司ですので、信頼できる上司に社内不倫の噂が立ち困っている旨を相談するのも社内不倫の噂が立ってしまった場合の対処法といえます。

自分ではなく、上司が協力してくれた場合には、会社内の同僚への弁明に説得力が生まれます。 

社内不倫のリスクとは?!

社内不倫を実際に行っている人は、あまりリスクを意識せずに行っている場合も多いです。
 
社内不倫には、以下に紹介するような多くのリスクがありますので、もし本当にしている場合には直ちにやめるべきといえます。

社内不倫のリスク(1) 離婚や慰謝料請求される可能性も

社内不倫をすると離婚や慰謝料請求がされる可能性があります。
 
社内不倫の相手が既婚者であると、相手の配偶者からも慰謝料請求をされることがありますので、悲惨な結末にならないようにすぐにやめることをおすすめします。

社内不倫のリスク(2) 社内での信頼がなくなる

社内不倫をしていると私生活が乱れていることから、会社内の信頼を失うことにつながります。
 
信頼がなくなると重要な仕事が任されなくなり、出世に響いてしまうというリスクもあります。

社内不倫のリスク(3) 異動・左遷・懲戒

社内不倫は、コンプライアンス的にも問題のある行為です。コンプライアンス的に問題がある以上、異動・左遷・懲戒というリスクもあります。
 
最近では、コンプライアンスを重視している会社も多いので、コンプライアンス的に問題があると判断されると異動・左遷・懲戒は免れないでしょう。
 
このように、社内のコンプライアンスに反するというリスクもあります。

社内不倫を噂されてしまった場合の適切な対処法は?のまとめ

以上のように、社内不倫にはさまざまなリスクや問題があります。社内不倫によって以下の状況が発生してしまった場合には、すぐに専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

  • 社内不倫で離婚・慰謝料請求された
  • 社内不倫(の噂)で懲戒処分を受けた
  • 社内不倫されたから離婚・慰謝料請求したい

また、例えば、配偶者が社内不倫をしているのではないかと疑われる場合には、浮気調査の専門家である探偵へ相談をするようにしてください。

探偵に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部