働かない妻と離婚したい!働かない妻との離婚は認められる?

最近は共働き夫婦が多くなっていますが、中には働かない妻と離婚したい、と考える男性もいるでしょう。妻が専業主婦で働いて欲しいのに働かないという場合、それを理由に離婚することはできるのでしょうか?妻は働かない理由や、働かない妻と離婚したいという状況を回避する方法など、詳しく見てみましょう。 

男女の事故・トラブル(1201)離婚(548)
目次

働かない妻と離婚を考えているけど離婚はできる?

「妻が専業主婦で働かない」「妻も働かないと生活できない」など、様々な理由で働かない妻に対して離婚を考えていませんか?
 
妻が働かないことを理由に、離婚することは可能なのか、知りたいですよね。
 
そもそも、どうして妻は働かないのか?離婚以外の方法はないのか?
 
今回は働かない妻との離婚について、真剣に考えてみましょう。

働かない妻の心理とは?

働かない妻と離婚したい…その前に、どうして妻は働こうとしないのか。そこから考えてみます。

働かない妻の心理(1) 家事・育児との両立ができない

子供がまだ小さい、家が広いなど、家事・育児との両立ができないと思い、働かないという女性は多いでしょう。
 
働かない妻と離婚したいと思っても、子供の世話や家事で忙しくしているうちは、なかなかこちらを向いてくれないかもしれません。

働かない妻の心理(2) 周りの奥さんも働いていない

妻だけでなく、周りにも専業主婦が多くて、働かないという状況だということも考えられます。
 
普段付き合う主婦が専業主婦ばかりなら、働かないと思うのは当然かもしれません。
 

働かない妻の心理(3) 子供と一緒にいたい

働かない妻と離婚したいという場合、奥さんはまだ子供と一緒の時間を過ごしたいと思っているのかもしれません。
 
妻は専業主婦だから働かないのではなく、子供との貴重な時間を有意義に過ごしたいと考えている可能性もあるでしょう。

働かない妻の心理(4) 就職先を選びすぎている

 働く気はあるものの、妻が就職先を選び過ぎていては、なかなか仕事は見つからないでしょう。
 
探す条件が厳しすぎたり、ある特定の職場にこだわっているなどの場合には、希望の場所で採用になるまで時間がかかるのは当然です。

働かない妻の心理(5) 働かなくても生活できる

妻は専業主婦でも、生活ができるから働かないのかもしれません。
 
妻が働かないと生活できないという状況に陥っていなければ、わざわざ自分は働く必要はないだろうと考えている可能性もあります。

働かない妻との離婚は認められる?

働かない妻だというだけの理由で、離婚したいという思いは認められる? 

お互いの合意があれば離婚可能

働かない妻と離婚をしたい場合、夫婦双方の合意があれば、協議離婚として離婚は可能です。
 
働かない妻と協議離婚をするためには、妻が同意をすることが必要です。 

合意がなくても離婚事由があれば離婚できる場合がある

働かない妻と離婚したいと思っても、相手の合意がない…。
 
そんな場合でも、以下のような離婚事由があれば離婚できる可能性はあります。
 
働かない妻に離婚を請求しても断られた、と諦めず、離婚事由をまずは確認してみましょう。
民法770条
  1. 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
    一 配偶者に不貞な行為があったとき。
    二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
    三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
    四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
    五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

夫婦の協力義務違反といえれば離婚できる可能性が高い

働かない妻と離婚をする場合、夫婦の協力義務に違反している、といえれば離婚できることがあります。
 
例えば、
  • 仕事だけでなく家事も育児もしない
  • 働かないだけでなく浪費癖がある

このような条件があるのなら、離婚できる可能性が高いでしょう。

妻が専業主婦で働かない、そんな妻と離婚したい場合には、夫婦の協力義務違反を主張するのが有効です。

働かない妻との離婚を避けるために

働かない妻と離婚を考える前に、本当に離婚をする必要があるのでしょうか?
 
一度立ち止まってみてはどうでしょうか。

働かない妻との離婚を避ける対処法(1) 正直に気持ちを伝える

 働かない妻と離婚を避けるには、働いてほしい気持ちを正直に伝えることも大切です。
 
働かないことに対して苛立ち、妻と離婚を考えていたとしても、妻本人は気付いていなかった、ということも少なくありません。 

働かない妻との離婚を避ける対処法(2) できそうな仕事を探してあげる

働かない妻と離婚をする前に、自分からできそうな仕事を探してあげても良いでしょう。
 
妻は専業主婦が長くなると、もう一度社会に出るのが怖くなり、働かないのかもしれません。
 
条件の良い仕事があれば、妻も乗り気になるかもしれませんよ。

働かない妻との離婚を避ける対処法(3) 家事や育児に専念してもらう

働かない妻との離婚を避けるには、妻には家事や育児に専念してもらい、自分が仕事に専念できる環境を作ってもらうのも有効です。
 
妻が働かないと生活できないのであれば、自分の収入を増やすために、家事育児は妻に全てを任せるのも良い方法です。

働かない妻との離婚を避ける対処法(4) 渡すお金を制限する

働かない妻との離婚を避けるのなら、妻に渡すお金を制限するのもおすすめ。
 
妻が働かないと生活できないのであれば、食費や生活費を制限するのはやむを得ません
 
ただし、極端な減らし過ぎは逆に夫婦の協力義務違反として違法となるので注意しましょう。

働かない妻との離婚を避ける対処法(5) 節約する

働かない妻と離婚を避けるなら、節約するのも良い方法です。
 
妻が働かないと生活できないのなら、節約をし、妻が働かなくても生活できるようにする必要があります。
 
妻が専業主婦で働かないのなら、食費などを極力節約するよう求めてみましょう。

働かない妻との離婚を考えたら

働かない妻との離婚、やっぱり避けることはできない。働かない妻と離婚したいと本気で考えているのなら、何からするべきでしょうか?

離婚のメリットとデメリットを比較する

働かない妻との離婚を考えている場合、離婚のメリットとデメリットを比較してみましょう。

離婚のメリットは、

  • 妻の浪費に悩まされない
  • 生活レベルが上がる可能性がある
  • 仕事のできる女性との再婚を考えられる

などが考えられます。

反対にデメリットは、

  • 家事や育児の負担が増える可能性がある
  • 心の支えがなくなる可能性

などがあるでしょう。

調停を申し立てる

働かない妻と離婚の話が当事者間で決まらない場合は、調停を申し立てましょう。

家庭裁判所で調停委員を介して、離婚するか、どのように離婚するかを話し合うことができます。

離婚を考えたら弁護士に相談を!

働かない妻との離婚を考えたなら、弁護士に相談するのが一番です。
 
法律の専門家である弁護士は、あなたの代理人としてあなたに有利になるように、交渉をしてくれます。
 
妻が働かないことで離婚を考えたら、なるべく早く弁護士に相談することをおすすめします。

働かない妻と離婚を考えている人にはこちらもおすすめです

働かない妻と離婚したい!働かない妻との離婚は認められる?のまとめ

働かない妻と離婚したいなら、まずは妻側の気持ちも考え、働かない妻との離婚を回避する方法も探ってみると良いでしょう。
 
色々と考えても、やはり働かない妻と離婚したいのなら、専門家である弁護士に相談することをおすすめします。
 
妻が専業主婦で働かないなどの相談にも乗ってくれますし、いざ離婚する際の手続きもスムーズに行えるでしょう。
この記事の作成者

カケコム編集部