離婚後の喪失感の原因とは?喪失感から立ち直る方法5つ

離婚してから喪失感を感じていませんか?離婚をすると無気力になったりと後々までダメージを受けますよね。離婚から立ち直るにはどうすればよいのでしょうか?離婚による喪失感の原因と克服方法をご紹介します。

男女の事故・トラブル(1315)離婚(575)
目次

離婚後の喪失感と孤独で心に穴が空いたよう

離婚後に訪れる喪失感と無気力に悩んでいませんか?

離婚から立ち直ることができず、なんだかだるいし力が出ない……という人は少なくありません。

離婚による喪失感の原因には実は共通点がありました。

その喪失感の原因と克服方法をご紹介します。

離婚後の喪失感の原因とは?

離婚による喪失感には実は共通する原因がありました。

あなたにあてはまるものはありますか?

離婚後の喪失感の原因(1) 家族がいなくなったから

離婚による喪失感の原因として、家族がいなくなったからという原因があります。

これまで一緒に暮らしていた家族がいなくなれば、さみしく感じることも不自然ではありません。

離婚後の喪失感の原因(2) お金を失ったから

離婚後の喪失感に悩む場合、お金を失ったからであることもあります。

家財道具や財産や貯金を分けたり、場合によっては慰謝料や養育費などを払うことで一気に懐が寂しくなり、離婚後に無気力になってしまう人も少なくありません。

離婚後の喪失感の原因(3) 未練があるから

離婚後の喪失感は相手に未練があることで生じる場合もあります。

好きだった相手や情がわいていた相手が目の前からいなくなることで、相手と過ごした日々がかけがえのないものであったと感じることで喪失感を感じるのです。

離婚後の喪失感を克服して立ち直る方法

離婚による喪失感や無気力はつらいですよね。

離婚後のつらい状況から立ち直る方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

離婚の喪失感から立ち直る方法(1) 時間の経過を待つ

離婚による喪失感は時間の経過を待つことでやわらぐ傾向にあります。

離婚後すぐは無気力になってしまうとしても、時間と共に気力が復活する経験をする人は少なくありません。

離婚の喪失感から立ち直る方法(2) 持ち物や住む家を変える

離婚後の喪失感や無気力から立ち直るために、持ち物や住む家を変えるのも有効です。

環境を変えることで行動が変わり、それによって状況が変化することで気分が変わっていくことでしょう。

離婚の喪失感から立ち直る方法(3) 友人に相談する

離婚による喪失感を克服するために、友人に相談するのもいいでしょう。

気の置けない友人と話すことで気がまぎれるだけでなく、自分が隠そうとしていた悲しみなどに向き合うことができるかもしれません。

離婚の喪失感から立ち直る方法(4) カウンセリングを受ける

離婚後に喪失感がつらい場合はカウンセリングを受けるのもいいでしょう。

特に離婚で無気力状態が続くときなどはカウンセリングや薬の処方を受けることで大幅な改善が見込めます。

離婚の喪失感から立ち直る方法(5) 子どもと面会交流をする

離婚の喪失感が強い場合は子どもと面会交流をすることを検討してみましょう。

子どもの顔を見れば「頑張らなくちゃ」と離婚から立ち直る気持ちがわいてくるのではないでしょうか?

面会交流ができない場合は家庭裁判所に場合には面会交流調停を申し立てることで、面会権を得ることができるかもしれません。

離婚の喪失感から立ち直る方法(6) 慰謝料や養育費などお金の問題を整理する

離婚の喪失感から立ち直るために、慰謝料や養育費などお金の問題を整理するのも効果的です。

客観的にわかりやすい問題を整理することは、精神的な問題から離れることに繋がります。

とりあえず離婚することで精一杯だった場合におすすめです。

離婚の喪失感から立ち直る方法(7) 新しい出会いを探す

離婚の喪失感を克服するために、新しい出会いを探すのもいいでしょう。

世の中にはたくさんの人がいます。

その中にはあなたの理想に合う人や、性格や趣味の合う人もきっといます。

離婚の喪失感から立ち直るために、弁護士に相談を

離婚による喪失感だけでなく、お金や子どもとの面会でトラブルになった場合はどうすればいいのでしょうか?

面会交渉や慰謝料請求をするときは弁護士に相談しましょう

離婚には財産分与や慰謝料などお金の問題だけでなく、子どもとの面会交渉権など、法的事柄が多くかかわってきます。

そこでおすすめなのが法律の専門家であり法的問題解決のプロである弁護士に相談することです。

離婚関係に強い弁護士に相談する ば、面会交流や養育費等の交渉をサポートをしてくれます。

離婚後の喪失感の原因とは?喪失感から立ち直る方法5つのまとめ

離婚後の喪失感の原因は様々で、克服には自分だけではいかんともしがたい場合があることがわかりました。

喪失感の原因がお金や子どもに関するトラブルの場合は、特に一人で処理しようとすると話がこじれて問題が大きくなることが少なくありません。

慰謝料や面会交渉の問題が生じた場合は早めに弁護士に相談することで、迅速な解決につながります。

弁護士に相談する

この記事の作成者

カケコム編集部