カテゴリー
男女問題
債務整理
労働問題
トラブル
ニュース
婚約破棄 男女問題

婚約したら別れられない?婚約者と別れるリスクとは?

婚約相手と別れることはできるのでしょうか?結婚していないのだから当然別れられるだろう、と思っている方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。婚約が成立している場合、別れるためには正当事由が必要であるうえに、正当事由なき一方的な婚約破棄であるとなれば慰謝料の支払い義務も発生してしまいます。今回は、具体的にどのような場合に婚約者と別れることができるのか、また、婚約者と別れることの法的リスクを紹介します。

婚約者と別れたい…別れられる?

婚約者と別れることはできるのでしょうか。
 
婚約しても婚約解消ってよくあることだと考えている人も多いのではありませんか。
 
しかし、婚約者と別れるということは、違法行為であり慰謝料の請求をされてしまいます。
 
リスクを負わずに婚約者と別れるのはとてもむずかしいのです。
 
できるだけリスクの少ない婚約者との別れ方を考えていきましょう。

婚約者と別れると慰謝料請求のリスクがある

婚約は結婚はしていないけれど、それに近い男女の結婚の約束です。
 
一方的に婚約者と別れることは違法行為となり慰謝料を請求されてしまいます。

不当な婚約破棄は慰謝料請求の対象になる

恋人同士とは違い、婚約は契約となります。

契約であることから別れる場合には債務不履行に基づく損害賠償請求権が発生します。

精神的損害の賠償請求権として、慰謝料請求権も発生します。

正当事由があれば慰謝料請求されない

いくら契約をしていたからといっても、婚約者に問題がある場合は婚約者と別れても慰謝料請求をされることはありません。

  • 不貞行為
  • 暴力
  • 侮辱行為
  • 失業

など、経済的な事情の変化も一方的な婚約破棄とされませんので、それが理由で婚約者と別れたとしても慰謝料請求の対象とならない場合があります。

結婚を強制されるわけではない

婚約者と別れるには慰謝料請求が必要だとしても、婚約者との結婚を強制されるわけではありません。
 
見方を変えれば、実際上、慰謝料を払えば、婚約者と別れることができるともいえるのです。

婚約者と別れても慰謝料を支払わなくてよい場合

婚約破棄しても慰謝料請求されないケースは以下のような場合です。
 

そもそも婚約が成立していない場合

そもそも婚約が成立していなければ、婚約破棄にもなりません。
 
婚約破棄ではないので慰謝料請求もされる理由がありません。

婚約は「ただ同棲している」というだけで認められるわけではありません。

明確な婚姻意思の合致が必要になります。
 
詳しくは婚約破棄と慰謝料|不当な婚約破棄をされたら慰謝料請求で反撃を!をご覧ください。

正当事由がある場合

婚約者と別れる場合の正当事由は上記にも記したとおりいくつかあります。

  • 不貞行為
  • 暴力
  • 侮辱行為
  • 失業

などの事情がある場合は、別れたとしても慰謝料請求の対象とはなりません。

相手が請求しない場合

相手から請求されない場合には支払う義務もありません。
 
婚約者に別れを告げ、相手も同意、その後慰謝料請求されなければあなたから支払う必要はありません。

相殺の合意ができる場合

別れる前に婚約者との間に結納など結婚準備のために支払ったお金があれば、慰謝料を相殺することができます。
 
結婚のために支払ったお金の返還請求権と慰謝料請求権なども相殺の対象となる場合があります。
 
ただ、お互いの合意がなければ相殺はできないので注意しましょう。

どの範囲で総裁が認められるのかについては、法律の専門家である弁護士に相談することをお勧めします。 

時効が成立している場合

婚約破棄の慰謝料請求にも時効があります。
 
婚約破棄の時効は、不法行為に基づく損害賠償請求権としては、婚約破棄から3年が経過すれば時効により消滅します。
 
一方、債務不履行に基づく損害賠償請求権の時効としては婚約破棄から10年が経過すれば時効により消滅します。
 
別れたあと3年または10年の時効が成立していれば、時効中断事由がない限り、婚約者と別れた慰謝料請求を回避できます。

時効中断の有無などについては弁護士に相談しましょう。

法的トラブルになったら

婚約者との別れは不法行為に当たる重大な問題です。
 
一方的に婚約破棄をしてしまったら慰謝料のリスクを負ってしまいます。 

弁護士に相談を

婚約者と別れるときには 次のような法的問題が発生することも少なくありません。 
  • 婚約破棄したい
  • 婚約破棄したら慰謝料を請求された
  • 結婚準備のために支払ったお金を取り戻したい
  • 婚約破棄された
  • 婚約中に浮気された

婚約者と別れる法的問題は、まずは弁護士に相談しましょう。

リスクを少しでも回避するため、請求できる慰謝料をしっかり受け取るため法律の専門家に交渉を依頼するのがおすすめです。

婚約者との別れについて興味のある人はこちらの記事もおすすめ

婚約したら別れられない?婚約者と別れるリスクとは?のまとめ

婚約者と別れたいと思ったとき、正当な理由があれば婚約破棄も可能です。
 
しかし、婚約者と別れる理由によっては相手から慰謝料請求されてしまうこともあります。
 
婚約者と別れて慰謝料請求をされそうになったら、できるだけ早めに弁護士に相談しましょう。
 
慰謝料請求に対する交渉は弁護士に交渉してもらうことで、慰謝料を払う義務の有無、慰謝料の減額が期待できるでしょう。

弁護士に相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インターネット インタビュー クーリングオフ トラブル ニュース モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 親権 財産分与 近隣トラブル 過払い金 離婚 養育費