男女問題 離婚

男が離婚を決意するとき12選!夫に離婚を切り出されたら…

男が離婚を決意するときは、様々な理由があっての決断だといえるでしょう。夫婦間の仲が悪かったり、不倫相手との結婚を決意したときなど様々な理由があるため、それに向かって行動するときの行動力は凄まじいといえます。もちろん離婚したことで後悔することもあるかもしれませんが、理由によっては良い結果に繋がることもあるのではないでしょうか。

弁護士に相談する

男が離婚する決意をするのはどんなとき?

はたして男が離婚を決意するときとはどんなときなのでしょうか?
 
離婚には様々な理由があるとはいえ、余程のことがない限り離婚を決意するのは相当な覚悟が必要ですし、余程の理由があってこその行動だといえるでしょう。
 
もちろん離婚したことで後悔することがある一方で、離婚して良かったと思うこともあるかもしれません。

男が離婚を決意するとき7選

男が離婚を決意するのは、基本的に夫婦間の仲が悪いなど妻との関係性にあるのではないでしょうか。
 
妻との生活に支障が出るほどの理由であれば離婚を決意するのも頷けますし、なるべく早く離婚した方が良いときもあるでしょう。
 
家にいたくない、妻の態度がいつも悪いなど離婚を決意するほどの理由とはどんな理由なのでしょうか。

男が離婚を決意するとき(1) 妻の機嫌がいつも悪い

家に帰ってきても妻の機嫌がいつまでも悪いと、こんな家にいてもつまらないと考えるのも無理はありません。

男性は家庭にこそ癒しを求めているのに、妻の癒しもなければ気遣ってもくれない様子がいつまでも続いていると離婚する決意に繋がるでしょう。

男が離婚を決意するとき(2) 妻にモラハラやDVを受けたとき

もしも妻から日常的にモラハラやDVを受けているようであれば、これは立派な離婚の理由として挙げられるでしょう。

このままでは精神的にも肉体的にも疲弊しきってしまいますし、妻から逃れるためにも早急に離婚した方が良いかもしれません。

男が離婚を決意するとき(3) 妻の金遣いが気になる

隠れて借金をしていた勝手に夫のクレジットカードを使っていたなど明らかな金遣いの荒さが目立っているのは離婚理由の一つになります。

このままでは夫婦生活に支障が出るのも時間の問題ですし、何より自分が稼いだお金を勝手に使われるのは我慢ならないでしょう。

男が離婚を決意するとき(4) 妻の不倫に気づいたとき

妻が自分に黙って他の男性とこっそり不倫をしていることに気づいたとき、こちらもこっそりと離婚の準備を進めるようです。

自分以外の男性と不倫関係にあるのであれば夫婦関係を続ける意味は既になくなっていますし、万全の状態にする時間もあるでしょう。

男が離婚を決意するとき(5) 夫婦関係がなくなったとき

お互いの関係が既に夫婦関係と呼べるような状態ではなかったとき、このまま生活していても意味がないので離婚するのが得策でしょう。

夫婦関係がなくなった状態では何をしても虚しいだけですし、早めに離婚して新しい生活を始めた方が良いのではないでしょうか。

男が離婚を決意するとき(6) すれ違いが増えたとき

性格の不一致など様々なすれ違いが頻繁に起こるようであれば、離婚を決意して別れた方がお互いのためになるでしょう。

最初は上手くいっていても後からすれ違うケースは珍しくありませんし、このまま生活していても元には戻りにくいです。

男が離婚を決意するとき(7) 好きな人ができたとき

もしも妻より好きな人ができたとき、妻と一刻も早く別れて新しい生活をスタートしたいと考えるのでしょう。

離婚してから関係を持てば不倫ではなくなりますし、余計な心配や不安を抱える必要性もなくなるのではないでしょうか。

不倫している男が離婚を決意するとき5選

妻に内緒で不倫している男が離婚を決意するときとは、どんな瞬間なのでしょうか。
 
いつまでも不倫を続けると妻にバレたときに様々なトラブルが発生してしまいますし、バレる前に離婚した方が良いでしょう。
 
すぐに離婚できるとは限りませんが、妻よりも不倫相手の方が大事だと決意が離婚へと突き動かしているのかもしれません。

不倫している男が離婚を決意するとき(1) 妻以上に不倫相手が大事に思えたとき

妻のことももちろん大事に思っていますが、それ以上に不倫相手の方が大事だと思ったときに離婚を決意するのでしょう。

妻よりも不倫相手の方が魅力的に見えてしまい、その先の人生がどうなったとしても早々に離婚したいと考えるようです。

不倫している男が離婚を決意するとき(2) 不倫相手に子供ができたとき

不倫相手と関係を持ち、その末に不倫相手に子供ができたことが発覚したとき、その責任を取るのか、もしくは良い機会だから妻と離婚する決意を固めるようです。

子供ができたとあっては無視できないことなので、妻と離婚して不倫相手と身を固めるのでしょう。

不倫している男が離婚を決意するとき(3) 不倫相手が離婚したとき

もしもダブル不倫の場合に、不倫相手が離婚したときに今度は自分の番だといわんばかりに男は離婚する決意をするのでしょう。

不倫相手が離婚したとなればこちらも離婚しないわけにはいきませんし、たとえ時間がかかったとしても待ってもらう必要性があります。

不倫している男が離婚を決意するとき(4) 妻も不倫していると知ったとき

不倫しているのが自分のみならず妻も不倫している場合、もはや妻に対する罪悪感はないに等しいので離婚するのでしょう。

妻も不倫しているならそれを理由に離婚しやすくなるかもしれませんし、こちらとしても離婚するいいきっかけになります。

不倫している男が離婚を決意するとき(5) 経済的な覚悟ができたとき

慰謝料や養育費、妻の生活費、財産分与、不倫相手とのこれからの生活など、不倫による離婚には一気にお金がかかるため、経済状況は離婚に大きく関係します。

以上のような経済的な覚悟ができると、いざ離婚へと踏み切るのではないでしょうか。

離婚する決意を固めた男のサイン5選

なんの兆候もなく離婚を突きつけられる女性は多いでしょう。

しかし、男の行動にさえ気をつけていれば離婚を決意しているサインに気づくこともあります。

不倫の事実を隠しているときは気づきにくいかもしれませんが、もし本当に離婚する決意を固めているなら自ずと行動に現れてくるので判断しやすくなるのではないでしょうか。

離婚する決意を固めた男の特徴(1) 女性の影を隠さなくなった

実際に不倫を隠しているときは女性の影を感じさせないように振る舞っているかもしれませんが、これから離婚するのであれば隠す必要性はないでしょう。

もし頻繁に女性の影が見え隠れするようであれば、離婚をいい渡されてもいいように準備する必要性があるかもしれません。

離婚する決意を固めた男の特徴(2) 帰りが遅くなった

仕事が終わったらすぐに帰宅していた以前とは違い、残業や飲み会が多くなった場合はできる限り家にいたくない気している相手がいるなどの可能性があります。

単に不倫しているだけの可能性もありますが、離婚を疑うサインとしては十分でしょう。

離婚する決意を固めた男の特徴(3) 会話がなくなった

夫婦間の会話がなくなっていくと、旦那は不倫相手と過ごしている方が楽しいという一つのサインでもあるでしょう。

いずれ旦那はこのまま夫婦で意味がないと思い、近いうちに離婚の話を切り出してくる可能性があるので注意する必要性があります。

離婚する決意を固めた男の特徴(4) 文句を言わなくなった

一見いいことのように思えますが、我慢に我慢を重ねて爆発寸前の状態か、諦めて何もいわなくなった可能性があります。

いずれにしてもいいたいことがいえないような状態になっている可能性が高いので、このままだと離婚を切り出されてしまうかもしれません。

離婚する決意を固めた男の特徴(5) 夫婦関係がなくなった

もはや夫婦関係にあるといえないような状態が続いていると、旦那から離婚を切り出されるのも時間の問題でしょう。

これはかえってこちらにとっても良いきっかけになることもあるので、密かに離婚の準備を進めておいても良いかもしれません。

離婚を切り出されたらやるべき3つのこと

たとえどんな理由があって離婚を切り出されたとしても、離婚したくないと思うのは当然のことです。
 
こちらな離婚に応じない意思を伝えると共にできることがあるので、様々な手を尽くして対策する必要性があるでしょう。
 
場合によっては弁護士に相談することで対応してもらう必要性もあるので、早急に相談した方が早めに対策できるのではないでしょうか。

離婚を切り出されたら(1) 一応、離婚届不受理申出を出しておく

離婚届不受理申出とは、離婚届が勝手に提出されないように離婚届が受理されないようにするものです。

この書類を提出しておくことにより、旦那が離婚届を勝手に提出しても受理されないのでその間に手を打つことができます

離婚を切り出されたら(2) 調停を申し込む

たとえお互いに離婚を決意していなくても調停は利用できます

家庭裁判所で調停委員を介して、離婚するか、どのように離婚するかを話し合うことができます。

第三者を介して話し合うことにより、離婚しない意思を伝えることができるでしょう。

離婚を切り出されたら(3) 弁護士に相談する

不倫などの法定離婚事由がなく、どちらかが離婚を望んでいない場合は離婚することはできません

したがって、この有無を判断するためにも弁護士への相談は有効です。

こういった問題に強い弁護士であれば、非常に頼りになるでしょう。

離婚の決意についてはこちらの記事もおすすめ

男が離婚を決意するとき12選!夫に離婚を切り出されたら…のまとめ

男が離婚を決意するときは妻に何らかの原因があるか、不倫相手と一緒になりたいかどちらかでしょう。
 
どちらにしてもリスクは付き物ですし、必ずしもその後の生活が上手くいくとは限りません。
 
妻としては離婚を拒否することもできますし、離婚届を受理させない方法もありますが、離婚するのが納得できないなら弁護士に相談するのがおすすめです。

 

弁護士に相談する

よく検索されるカテゴリー
検索
インタビュー クーリングオフ その他 トラブル プロフィール モラルハラスメント 不倫 交通事故 個人情報流出 借金 債務整理 加害者 労働 労働問題 婚約破棄 時事ニュース 架空請求 浮気 消費者トラブル 男女問題 相続 自己破産 近隣トラブル 過払い金 離婚